ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.2801)瀬戸内海ゴルフ倶楽部

<<   作成日時 : 2017/06/16 05:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ミズノオープンが開催された直後のプレイだ。一緒に回ったのはここのクラブチャンピョン、我がクラブのクラブチャンピョン、それとシニアチャンピョン、無冠は楽老のみ。これで3回目のプレイだが距離とラフの深さに泣かされてきた。今回もブルーティ7007ヤード、古希を過ぎた老人には厳しすぎる。距離も然ることながらラフが嫌になる。200ヤード以上飛ばさないとフェアウェイに届かないホールも多いし、少し曲げるとラフに転がる。ラフに入るとウェッジでフェアウェイに出すのが精一杯、少し短いラフでさえユティリティで100-150ヤードだ。だからPar3ホール以外は殆どボギーオンとなる。
 グリーンも速い。クラブ選手権では11.0に設定されると言う。下りは恐ろしくて打てない。打たないパットが入る訳がない。寄せとパットだけが頼りなのだが、不安を抱えてはどうしようもない。
 ティショットがフェアウェイをヒットしたのは僅か4回。10ホールは深いラフからのセカンドショットとなる。ラフからはヘッドスピードを上げないと出ないと思っているから力む。力めばヘッドは走らない。悪循環だ。力んで突っ込んでシャンクまで出た。
 全英オープンの予選会会場だけあって風が半端でない。広い敷地に椰子の木が何十本か聳えるだけで遮るものは何もない。風は自由気ままに野を駆ける。丈の長い茎が特徴のフェスキューが風に一斉に靡く。紛れもなくリンクス風だ。隣のJFEの無粋な煙突が見えなければスコットランドと見間違うかもしれない。(ちょっと言い過ぎた。ヤシの木が乱立するコースはスコットランドにはない) この風がひ弱なショットしか打てない楽老を虐める。虐めっ子対策が急がれるが、ゴルフでも虐めが存在する。ラフと風、スコットランドで散々経験してきたことだが、日本で同じことを経験すると虐めに感じられる。16番193ヤード、池越えで砲台グリーンを狙う。グリーン手前には深いバンカー、グリーンは左右に2段に別れ、ピンと逆側に乗せると3パットが待っている。ドライバーで二人が打ち、一人はスプーン、チャンピョンはユティリティだったが、全員ショートした。そして最終18番536ヤード、左側が全面池、右サイドは小高いマウンドが連なり、勿論深い深いラフに覆われている。前門の狼、後門の虎である。ところがフェアウェイ手前にも大蛇がいた。向かい風でヘナヘナとフェアウェイ手前で失速、疎らなラフだがフェスキューの茎が絡みつく。フェアウェイ右にあるポットバンカーに入れた者はいなかったが、パーオンしたのはチャンピョンのみ。普通距離のあるコースはグリーンが平坦で、短いコースではグリーンが複雑になっていることが多いが、ここはグリーンも超難関だ。
 もう二度とこのコースではプレイしないとチャンピョンに捨て台詞を残す。すると彼は来年は白ティからやりましょうと答える。昨年もそのような会話があった。
 福山は日本鋼管城下町である。コースは日本鋼管笠岡工場通用門のすぐ手前を曲がった所にある。通勤者と同じ道を走り、直前で左へ、”快楽園”方向へ曲がる。まさかそこが虐めの社会だとは知らず。

 父の日にゴルフ招待状が届いた。と言っても国内からではなく、米国と英国のゴルフクラブからだ。米国からは親子でプレイすれば父親分は無料の招待。英国からは、食事のサービス、到着時に「ベーコン・ロール」(細長いパンにベーコンを挟んだもの。米国のホットドッグのようにゴルフコースで供される軽食。自宅裏のコースでプレイ後にみんなと食べるこれが楽しみだった)、そしてプレイ後に2コースミールをサービスされる。
 2コースミールには辛い思い出がある。リタイアして英国へゴルフツアーをした際、初日ロンドン郊外のスラウの”Stoke Park CC”に宿泊しプレイをした。ゴルフパックで予約をしたので食事つき(2コースミール)だった。ウェイトレスがスープを如何というので貰った。すると翌朝法外なエキストラが請求された。メインとデザートが無料でスープが追加だった。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.2801)瀬戸内海ゴルフ倶楽部 ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる