アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ゴルフ浪漫街道
ブログ紹介
ゴルフエッセイとジョーク 60歳で一念奮起2年でシングルとなる

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(No.1313)PGAツアーの幹部は如何に稼いでいるか
 税務申告からPGAツアートップの報酬が明らかになった。昨年リタイアしたティム・フィンチェム元会長は、ツアー機構から 退職金(Reportable Compensation)$4.33 million、関連会社からも $4.74 million、その他 $181,784、合計$9millionを得た。2015年の報酬は$5.9millionだった。現在会長のジェイ・モナハンは副会長だった昨年$4million貰った。  PGA Tourは非営利団体であるから納税していない。2009年のデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 05:36
(No.3112)小平と競ったキムとリスト
(No.3112)小平と競ったキムとリスト  RBC Heritageで小平と競った韓国のキム、17歳でPGAツアーカードを取得した才能は、ウッズを指導したSean Foleyの下で開花し、21歳で第五のメジャーと言われるPlayersに勝った。だがキムは、教わることがなくなったと彼の下を去り、ミケルソンのコーチAndrew Getsonと契約した。パッティングとチョートゲームは、パトリック・リードのコーチのJosh Gregoryから指導を受けている。RBC Heritage直前のキムの「ショット精度は25位」で「パッ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 07:14
(No.3111)ゴルフの局外者:運と不運
(No.3111)ゴルフの局外者:運と不運  小平智が優勝したRBC Heritageで局外者の関与が、運と不運とに分かれた。Kelly Kraftは二日目の14番Par3、林に囲まれた池越えの美しいホールで、7番アイアンを完璧に打ち抜いた。ボールは真直ぐにピンに向かった。だが打った後30ヤードも飛んだだろうか、飛び出してきた大きな真っ黒の鳥に当たり、失速してグリーン20ヤード手前の池に落ちた。オフィシャルを呼び対応を質すも「鳥は局外者」だからボールはあるがままにプレイしなければならない。結局ここでダボを叩き予選落ちした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 05:23
(No.3110)欧米のスポーツ賭けと掛け率
(No.3110)欧米のスポーツ賭けと掛け率  米国は賭博大国と思っていたが、連邦法は「スポーツ賭博」を禁じている。更に「オンラインスポーツ賭博」も禁止されている。ただ、連邦法成立以前に「スポーツ賭博」が公認されていた4州では、合法とされた。一方、その他の州でも、違反者に対する「罰則規定」が制定されていないので、賭博に参加しても捉まる心配はない、というのが実情だ。  米国の高裁がこの夏にも、「スポーツ賭博の合法性」に判断を下すのではないかと見られている。MLB、NBA等々の団体のみならずPGA Tourもこの判決に注目している。彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 07:15
(No.3109)世界一長いゴルフコース
(No.3109)世界一長いゴルフコース  世界一長いゴルフコースは、豪州の南海岸沿いにある”Nullabor Links”である。アデレードの西の町にあるCeduna Golg Clubの1番Oyster Bedsと名付けられたPar5、483メートルをスタートし、途中のゴルフコースでそれぞれ一ホールをプレイしながら、西南の砂漠の果て、金鉱の町カングーリーにあるKalgoorlie Golf Clubの1番Par4、356メートルで終わる(逆向きに回ることもできる)。18ホール(18コース)、Par72、長さ1365キロ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/20 05:51
(N0.3108)女性のプレイ条件に異議を唱えたメンバーを除名
 サンフランシスコの東に広がるセントラル・バレーは、西をコースト山脈、東をシェラネバダ山脈(この山脈の東がロッキー山脈)に囲まれた盆地(古代は海だった)である。San Joaquin Country Clubはその真ん中フレスノにある。セントラル・バレーの南半分はサンホアキン・バレー(San Joaquin Valley)と呼ばれ、クラブの名称もこれに由来している。  西部劇の時代にシェラネバダ山脈超えは難所中の難所で、この谷へ辿り着いた開拓民はその緑に安堵した。だからという訳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 05:59
(No.3107)2017年度スポーツ選手の稼ぎ高
(No.3107)2017年度スポーツ選手の稼ぎ高  小平智が勝った。通訳を通じての記者会見をもどかしく見ていた。案の定、会見内容を詳しく報じる米国マスコミはなかった。一方、2位に終わったSi Woo Kimのインタビューはほゞ全面的に取り上がられた。やはり通訳経由では駄目か、と思ったが、キムも通訳が入っていた。この差は、キムが既にPGAで2勝してそれなりの評価を得ていることにあるのだろう。だが松山が優勝しても取り上げられないのは何故だ。松山はマスコミに対してシャイだと、米国マスメディアは伝えるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 06:31
(No.3106)フェアウェイに民家が建つコース
(No.3106)フェアウェイに民家が建つコース   Costa Bravaは、スペインのバルセロナの東側のエリアで、ここにEl Puyol Golf & Country Clubはある。だが残念ながらこのコースをネットで検索するも発見できず。El Pujolという田舎町が山間部にあるが、Google Mapで見る限りゴルフコースはない。ポルトガルの友人にも訊いたが分からない。  このコースが有名なのは、立ち退きを拒否した民家がフェアウェイに取り残されていることだ。遠くに湖か入江かを望む13番182ヤードは、打ち下ろしのPar3だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 06:48
(No.3105)リッキー・ファウラー:マスターズの悔恨
(No.3105)リッキー・ファウラー:マスターズの悔恨  マスターズ2位に終わったリッキー・ファウラーの話も聞かねばならない。「傷ついているよ。だけどこれをGlass-Half-Full状態だと捉えたい。(グラスが半分満たされたのか、半分不足しているのか、彼が何れを意図したのかは不明)4ラウンド終えた時にトップにいたいと念じていたが、敢えて、これは次へのステップだと考えたい。次のメジャーに前向きに取り組んでいくつもりだから、落ち込んではいない。全米オープンが楽しみだ。今年こそメジャーに初めて勝てそうな予感がする」。「67で上がり5打差... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 05:42
(No.3104)スピース:マスターズ最終日を語る
(No.3104)スピース:マスターズ最終日を語る  最終日、64の驚異的スコアでパトリック・リードを脅かしたジョーダン・スピース。「最初の数ホールはストレスフリーでプレイできた。日曜日のピン位置は分かっていた。そして幸いにもそのピンに対し必要とされる正確さを持ってプレイできた」。「リーダーズボードは見なかった。18番を終えて初めて見た。そして最終パットが重要だったと知った。全てのショットが重要だと思っていた。相当スコアを伸ばさないといけないのは分かっていた。自分の上には大勢いたし、誰かが良いスコアをだすだろうから。だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 05:56
(No.3103)不安がマキロイを襲っていた
 マキロイはプレッシャーに負けた。「大事な時に必要なプレイができなかった。それこそが今週だけじゃなくこれまでのマスターズで払拭できなかったことだ。試合が始まる前には良いポジションにいたのだが、必要な時に良い仕事ができなかった。それが自分の技量に関係しているとは思わない。寧ろメンタルに関わることだ。プレッシャーとか、チャンスの時に襲ってくるスリルをコントロールしようとしたのだが・・・、それこそ自分が前に進めなかった根幹だったと思う」。「どうも自信がなかった、得も言えぬ不安があった。だか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 05:29
(No.3102)マキロイ:マスターズ敗者を語る
(No.3102)マキロイ:マスターズ敗者を語る  マキロイは又してもキャリアグランドスラムを達成できなかった。「今日は上手くいかなかった。昨日は良いゴルフをしたのだが、今日まで続かなかった」。「2番のパット(短いイーグルパットを外し)がね。それでもバーディを取ったのだが、3番のボギーで後戻り。4番でバーディをとっても5番のボギーでまたまた後戻り。一歩前に進んだと思ったら、次のホールで後戻り。3番と5番でパーを取っておけば、もっとリードにプレッシャーを掛けれたのだがね」。「土曜日までのように自分に自信が持てなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 06:01
(No.3101)世界を敵に回して戦ったパトリック・リード
 米国のマスコミは挙ってパトリック・リードの優勝を、アンチ・ヒーローとして伝えた。それは最終日の彼のコメントに見ることができる。「朝起きてTVを見るとNotah Begay III以外の全ての評論家はマキロイの優勝と予測していた。その時に感じていたプレッシャーを取り除くにぴったりな情報だった。誰一人自分が勝つと思っていない。土曜夕方までは、彼らは如何に私が上手くプレイしたか、如何に彼らは私のプレイに感動したか、を伝えていたが、日曜の朝になると、今までパトリックが如何に上手にプレイし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 05:36
(No.3100)マスターズ優勝:パトリック・リードの過去と現在
(No.3100)マスターズ優勝:パトリック・リードの過去と現在  マスターズの観客(パトロン)は紳士だと言われる。だがスピースがバーディを取る度にこだまする大観衆の轟き、ファウラーが最終ホールでバーディを取った時の怒涛、アイルランド出身のマキロイへの声援ですらパトリック・リードへの拍手を遥かに凌駕していた。ライダーカップでの活躍から”American Captain”を呼ばれてはいるが、その性癖から「偉大なるアンチ・ヒーロー」の役割を担わされているとも言える。パトリックは「(嫌われ者であることが)モチベーションに火をつけてくれるし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 05:37
(No.3099)マスターズ優勝:パトリック・リードの人間像
(No.3099)マスターズ優勝:パトリック・リードの人間像  マスターズのTV放映を見るために、この4日間毎日夜8時には寝て、午前1時に起きた。流石に昼過ぎには眠くなり自然と眠りに落ちたが・・・。スピースの追い込み、ファウラーの執念、マキロイの崩壊、何れも見る者にとっては面白いドラマだった。優勝したパトリック・リードは、ツアー仲間で最も嫌われているプレイヤーと言われる。尤も、駐車場で喧嘩をしている者で最も助けたくない者に、バッバ・ワトソンが選ばれたから、この根拠たるや甚だ疑問ではある。先日、選手仲間が、「マレーシアからリードと松山が二人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 06:00
(No.3098)マスターズ:ガルシアの15番ホール
(No.3098)マスターズ:ガルシアの15番ホール  ガルシアが15番ホールで叩いた13はシングルホールのワースト新記録だが、それまでのワーストは11で、1987年尾崎将司、1997年ベン・クレンショー、1998年イグナシオ・ガリッドだった。これまでに13を記録したのは、1980年12番でのトム・ワイスコフ、1978年13番での中島常幸だ。彼らは依然としてマスターズの一ホールのワースト記録保持者である。  ガルシアは、「ピンに真っすぐな完璧なショットだと思った。あと2フィート飛んでおれば良かったのだろうが。ボールを見失う以外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 05:38
(No.3097)太平洋クラブ御殿場コース
(No.3097)太平洋クラブ御殿場コース  マスターズ予選通過してのウッズの記者会見。(今日の出来は)ティショットは良かったがアイアンが酷かった。距離も弾道も、スピンもコントロールできなかった。ドツボに嵌ったようだ。良かったのは唯一4番のアイアンだけ。パットは良かったがそれだけだった。(予選通過したが)6か月前にはゴルフ出来るかどうかも分からなかった。ツアーレベルのゴルフを忘れ、もう一度やれるかどうかも分からなかった。それがここでプレイできること自体が信じられないことだ。トップとは離れているが週末までプレイできる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 05:19
(No.3096)マスターズ初日:ウッズラウンド後の記者会見
(No.3096)マスターズ初日:ウッズラウンド後の記者会見  マスターズ初日のウッズのラウンド後の記者会見。「(今日を迎えるにあたって)再び戻って来れて嬉しいよ。ここ数年食事に来ていただけだったからね。プレイできる、コースが目の前にある、素晴らしいことだ。今日は風が少しあり、風向きも変わった。パー5で上手くプレイできずイーブンパーに終わった。(11番のセカンドショットは良かったのではないか)いいショットだったが、不幸にも観客が走り出て彼らに当たった。そうでなければグリーン右近くまで転がりパーセーブで来たと思うよ。(12番のボギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 05:57
(No.3095)オーガスタ・ナショナルの3つの橋
 オーガスタ・ナショナルには、三つの橋がある。一つは、1934年のジーン・サラセンのダブルイーグルを記念して1955年に作られた”The Sarazen Bridge”、15番で池の傍を通りグリーンに向かう時に渡る橋だ。次いで、”The Nelson Bridge”で、13番ティショットを打ち終えた選手達がフェアウェイに向かって渡る橋である。1937年のマスターズ、最終日11番を終えて、トップを走るラルフ・ガルダールは、バイロン・ネルソンを4打リードしていた。だが、12番... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 06:08
(No.3094)オーガスタ・ナショナルのOUTとINは最初は逆だった
 マスターズ開幕前夜、恒例の「チャンピョンズ・ディナー」で、ガルシアが選んだメニューは次のようなものだ。楽老のあらん限りの知識を絞って解説する。  先ず、サラダは、「International Salad」と銘打ち、”Inspired by ingredients representing countries Masters Champions”というから、少なくとも、米国、スペイン、英国、豪州、南ア、アルジェンチン、カナダ、フィージー、ドイツの野菜が盛られているのだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 06:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる