(No.4069) ゴルフはスポーツである。勘違いするな。

 楽老は「怒り心頭」である。雑誌、新聞、ネットニュース等々を流し読みしていても「ゴルフ」又は"golf"の単語を見逃すことはない。数分前に「ゴルフ」の文字が目に飛び込んできた。<鷲見アナは鮮やかな黄色のブルゾンに、白いミニスカート、ハイソックスという姿。「今日は朝から事務所の人たちとゴルフに行ってきました」と報告し「人生3回目のラウ…

続きを読むread more

(No.4068) バンカーで苦闘する

 清水寺で行われる「今年の漢字」は年末の恒例行事である。実際は日本漢字能力検定協会のキャンペーンで、一般からの応募数の一番多い漢字が選ばれる。1995年この企画がスタートしたときの漢字は「震」、阪神・淡路大震災を反映したものだったが、応募総数は僅か12,866で「震」は1,337票だった。昨年は応募総数216,325と凡そ20倍に増え…

続きを読むread more

(No.4067) バイデン次期大統領もゴルフ好き

 トランプは好きになれなかったが、あのゴルフ狂ぶりを見ると許したくなった。そしてゴルフ愛好家にとって又してもの朗報! バイデン次期大統領もゴルフ好きのようだ。彼は、地元のFieldstone Golf ClubとWilmington Country Clubのメンバーになっている。USGAのハンディキャップで6.7と伝…

続きを読むread more

(No.4066) ゴルフのパンドラの箱

 「パンドラの箱(壺ともいう)物語」に出てくる「プロメテウス」と「エピメテウス」は兄弟で、プロメテウス(先に考えるの意)は全能の神ゼウスの意に反し「火」を人類に紹介する。これに怒ったゼウスは、絶世の美女「パンドラ」を作り地球へ送り込む。阿刀田高によると、パンドラは地球に降りた初めての女性でエピメテウス(後で考える…

続きを読むread more

(No.4065) バンカーショットの基本

 知人に教えてもらったバンカーショットの極意が機能しない。上手く出る時もあるのだが、大抵は距離が出ない。砂をスパッと切れていない。スウィングの詰まった感じが抜けない。依然としてインに引いているのか、と自問する。ホールの合間にラフで模技を試みる。矢張りヘッドが走っていない。アーリーコックを試みるがヘッドは知らぬ振りをする。結局、…

続きを読むread more

(No.4064) アプローチショットは、打つのではなく、振る

 アプローチも「パッティングのルーティン」と同じことをやるようにした。ボールの落とし所を見つめながら素振りを繰り返す。これぐらいだな、とイメージを膨らませるとやおらアドレスに入り、躊躇なくストロークする。これまでは「打つ」イメージだったが、これからは「振る」イメージだ。特に20ヤードまでのアプローチショットでは効果が…

続きを読むread more

(No.4063) バンカーショットの極意

  バンカーショットを同窓生に教えてもらったことを先日書いた。これには後日譚というか、更なるレッスンである。彼の指導は「ハンドダウンに構え、フェイスを開き、アウトサイドに大きく振り上げ、思い切り振り抜く」ということだが、「アウトサイドに振り上げる」、これが難しい。彼は右前45度に振り上げろと言うが、途轍もなく外へ振り上げること…
コメント:0

続きを読むread more

(No.4062) バックスウィングで左腕は顎の下に入る

 ショットの基本中の基本を突然思い出した。昨日、ショットが良くなかった。左へ振りきれない症候群が発生したからだ。その話を凄腕の長老にすると、「スウィングがフラットになり過ぎていませんか。アップライトに挙げればボールの頭を叩くことは防げるはずです」という。早速、アップライトに挙げてみると結構良い当たりが出た。殆どミスショットをする…

続きを読むread more

(No.4061) PGM総成ゴルフクラブ

 珍しい組み合わせで出かけた。高校の先輩と彼の友人にして私の大学の同級生、それに私の元部下。高校の先輩と大学の同窓は、クラブチャンピョン、シニアチャンピョンに何度もなっているほどの腕前だ。特に同窓生は某クラブで今年「最高齢のシニアチャンピョン」になり、「最多勝利」も達成した。  その彼に、練習場でバンカーショットを教えても…

続きを読むread more

(No.4060) パッティング:カップを見たまま素振りする

 左への振り抜きのみを注意したところ、ショットが安定してきた。パーオンする機会も増えた。ところが、その度に3パットする。練習ラウンドだからイップスになることはないが、苛々が募る。そこで昼休みにプロに話し掛けた。するとプロは技術的なアドバイスではなく、ルーティンを変えてはどうかという。カップを見て数回素振りを繰り返す。そ…

続きを読むread more

(No.4059) 左へ振り抜く

 マスターズ最終日、歴代最年長予選突破者となったランガーは、マキロイ、デシャンボーと同組だった。彼は言う、「彼らを見るな、自分のプレイをせよ、自分がやりたいことに集中せよ、と自分に言い聞かせた。現在の世界最強の飛ばし屋二人と一緒にラウンドするのは実に楽しかった」。ランガーはPar4の全10ホールの内、ハイブリッドで6回…

続きを読むread more

(No.4058) シャフトの短いパターも良さそうだ

 予備のクラブセットのパターをネットで買ったら、シャフトが意外と短かった。子供用ではないかと間違うほど短い。買った以上は暫く使うしかない。ところが以外に結果が良い。2-3メートルがポンポンと入る。南茂原カントリークラブの16番152ヤード、Par3は、ティグランドからグリーンへ20メートルほど打ち下ろす。当日使用のAク…

続きを読むread more

(No.4057) ティショットにメリハリを付ける

 南茂原カントリークラブへ。プロと医者が一緒だ。二人の漫才的やり取りを楽しみながらのラウンドは、又別のゲームとなる。プロと回るからと言って、楽老は格別質問することはない。「一打のミスに動揺するな」とのプロの指導を守っているからだ。プロも格別指導をする訳ではない。だが、プロが見て気になった時は、簡明に指摘してくれる。今回、…

続きを読むread more

(No.4056) バンカーの目玉の打ち方

 バンカーで目玉( fried egg liesという)になったらどう出すか。興味津々でPGAインストラクターの記事を読み始めた。先ず、目玉にならないように注意せよと書く。ショートアイアン、逆風、距離予測の誤りが重なると目玉になりやすいから、気を付けよ。尤もだ。  目玉から脱出するには、フェイスを開かず、フェイスをスクウェアーに保ち…

続きを読むread more

(No.4055) 日高カントリークラブの高速グリーン

 高校の仲間とのラウンドだ。久々に幼稚園からの幼馴染も参加した。彼はテニスの名手で、リストを利かせた鋭い球を打つ。その分、手首が早々と返ると弩フックとなる。リストが強いからアイアンは得意だ。もう一人、現役ながら少しずつゴルフの機会を増やしている仲間は、右股関節を押し込む打法を会得しようと頑張っているが、足への負担がきついという。この…

続きを読むread more

(No.4054) パットは撫でてはならない。打たないと入らない

 マキロイの生涯グランドスラムへの挑戦は、マスターズ初日の75で実質的に終えていた。だが、そこから66,67,69と盛り返した地力は称賛されるべきだ。グランドスラムを追い求めだした2015年から今大会までの彼のメジャー初日のスコア合計は28オーバー、2,3,4日目のスコアは64アンダー! 初日が酷すぎる。彼は課題を理解し…

続きを読むread more

(No.4053) マスターズ、松山を世界はどう見ていたか

 残念ながら松山はマスターズ後半失速した。初日、二日目と4アンダーで回りトップと1打差で臨んだ決勝ラウンド、日本の期待は否が応うにも高まった。だが3日目、イーブンパーで終えると期待感は萎んだ。  米国のゴルフ専門誌が松山を取り上げることは多くはない。彼が自らの言葉で語らないから取材し難いこともあるのだろう。だが3日目を終…

続きを読むread more

(No.4052) マスターズ タイガー・ウッズは何故10も叩いたか

 タイガーがオーガスタ12番で10を叩いた。(1)ティショット:風が過去3日間より強く舞っており、先に打った二人の時は風は右から来ていた。ところがウッズが打つ時に風は左から吹き出した。タイガーは突然の風の変化を読み切れなかった言う。(2)第3打:意図したよりも少し弱くフェイスが入った。ピンに絶対絡めたいと思うが故に、微妙な距離…

続きを読むread more

(No.4051) フジ天城ゴルフ倶楽部

 コロナ禍で中断していた例会を復活した。メンバーの一人が、直前に夫婦で京都へGo to travelした。観光バスにも乗り合わせたので、もしも感染していたら大変だからと、一人でコースへ向かう。彼らしい気の遣いようだ。  予約係の先輩は、必ず松コース→富士コースを予約する。今回、私はできるだけ早い時間のスタートをお願いした。帰路の東…

続きを読むread more

(No.4050) パッティング:肩が正しく動けているか

 パッティングは肩の動きが間違っていた。肩がターゲットライン(打ちたい方向)とパラレルに動いていない。多くの場合、左肩がやや右を向いている。そのことを知らず、肩の動きでストロークするとボール1個分右に出る。真っ直ぐ引いても、打つ時は肩の動きで打つから右に出るわけだ。左肩を真下に下げれば、修正できるのだが、過剰に意識すれば、引っ…

続きを読むread more