アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ゴルフ浪漫街道
ブログ紹介
ゴルフエッセイとジョーク 60歳で一念奮起2年でシングルとなる

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(No.3228)飛距離を伸ばす方法
 天気予報には自信があった。12時間後の天候を予測し、翌日のプレイの可否を決め、仲間に連絡する。台風の来週もそれほど難しいことではなかったが、12号、13号、特に13号の足取りを読むのは難しかった。  台風はそれ自体は推進力を持たないので、赤道付近で発達した台風は、ハドレー循環と言われる上昇気流(赤道付近で温められた空気が上昇し、北緯30度付近で冷却され降下し、貿易風となって赤道に向かって吹き返す)に乗り北上するが、地球の自転の影響を受け西へ流される。台風は北緯30度を過ぎると偏西風の影響... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 05:45
(No.3227)ラフからはフェードに打て
 夏のラフは手強い。ラフから安全に脱出するには、フェードに打つのが良い。夏のラフは腰が強く、ラフにヘッドが当たると、ヘッドが抜けない。故に、手前のラフの影響を受けにくいショットをする必要がある。ラフに当たる量を減らすには上からダウンブローにヘッドを降ろしてやることが大切だ。  フック系を打つ人がラフを苦手とするのは、シャローにヘッドを入れていくからだ。手前のラフの抵抗を諸に受けることになる。それに対し、フェードを打てば、ヘッドが上からカット気味に入っていくから、ラフの抵抗が少... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/16 06:10
(No.3226)ショットは感覚であり言葉だ
 ケプカは、今シーズン全米オープンに勝って以降調子が上がらなかった。やっとファイアストーンで開催されたブリジストン招待でショットの感覚を取り戻していたが、パッティングは今一つだった。頭が動いていたからだ。彼ほどのトップゴルファーでもこの些細な動きの変化に気付かない。ベルリーブCCに移ってからこの点の修正に注力した。ブッチ・ハーモンの息子のクラウデが彼のコーチで、ショットに関しては、彼の練習の後ろに立って「OK!完璧だ」と言うのみで如何なる心配もしていなかった。パッティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 05:33
(No.3225)タイガー劇場の終焉と予告
 楽老はウッズの大ファンである。奇跡の復活をしてメジャーに勝つ姿を見たいと念じている。だが彼の存在は楽老の予想を遥かに超えている。最終日ベルリーブCCの18番を取り囲んだ観衆は半端ではない。二重三重に取り囲み・・・と観衆の多さを語るのが常だが、20重、30重に取り囲んだ観衆は、”Let's go Tiger”と合唱し、それはウェーブとしてコースを駆け巡った。タイガーのショットを見ることができたのは1割もいないのではないか。殆どの観衆は、携帯のカメラ機能を頭上高く掲げ、タイガーのプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/14 05:50
(No.3224)右肩が突っ込むのを防止するにはどうすればよいか
 ゴルフ仲間が死んだ。10年以上毎週末一緒にプレイをしていたクラブで一番付き合いが深い男が癌で亡くなった。数か月前から体調不良を訴えていたので、大病院で精密検査を受けるように勧めていたが、通いなれた主治医の診断に任せていた。癌であることが判明した時は既に手の打ちようがなかった。  彼とは家族のことを含めて色々と意見を交わした。老後のこと、死後のこと、彼のグランドデッサンは頭の中に明確に描かれていた。しかし彼は自分の人生をもっと長いものと考えていたから、デッサンを現実化する工程表は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 06:01
(No.3223)パーオンが増えればバーディも増える
 ショットが良くなるとパーオンする機会が増え、バーディの数も増える。仲間の一人はグリーン周りからチップインを毎回狙いそれなりに成功することもあるが、やはりパーオンすることがバーディの条件だろう。  アイアンがほゞ狙ったところに打てるようになった。距離も出だした。残り距離115ヤード、ピッチングウェッジで丁度の距離だ。打った途端スパッとヘッドが抜けた。ボールは真っ直ぐピンを差して飛んだ。だが何と遥かにグリーンオーバー! 仲間も「今まで見たことがない当たりだ」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/12 06:09
(No.3222)胸を回し、左肩を下げるのがバックスウィングの奥義
 先日パッティングを指導してくれたメンバーと一緒にラウンドする。数ホール過ぎると、「見違えるほど良くなっている。ストロークに澱みがない」との嬉しいコメント。短いパットは右肘を右脇に付けるようにしているが、肩の動きが安定する。  もう一人のゴルフ狂は、毎回「開眼」し、毎回「修正」する。その研究熱心さには敬服するしかないが、開眼後の悩みは共通の愚痴だ。彼は、開眼を言葉にすると違うことになるようだ、と開眼をずばり記録できない悩みを溢す。その通りだ。或るポイントがその時の欠陥是正にぴった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/11 05:00
(No.3221)リンシコム、PGAツアーに出場
 LPGAのブルタニー・リンシコムが、男子のPGAツアーに出場した。大会スポンサーの兄弟会社と契約している縁で男子ツアーに出場した6番目の女子選手となった。1945年のBabe Didrikson Zaharias以来の予選通過が期待されたが、残念ながら、78,71の5オーバーで132人中122位で予選カットできなかった。  初日の朝食時、マネジャーは彼女が異常に静かで緊張しているのを見て取った。練習場でも笑顔が見られなかった。競技中でもヤーデージブックに張り付けてある「数独」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/10 05:34
(No.3220)アルバトロス
 アルバトロス、米国人はダブル・イーグルを呼びたがる。もっとも有名なアルバトロスは、1935年マスターズ最終日15番ホール485ヤード、Par5でジーン・サラセンがなしたものであろう。残り235ヤード、起死回生を狙い4番ウッドで打たれたボールは直接カップに吸い込まれた。キャディはライも悪いから池越えのショットに否定的だった。「銭も底をついてきているので安全に行け」とアドバイスしたが、サラセンは聞く耳を持たず勝負に賭けた。"shot heard around the ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/09 06:54
(No.3219)マイアミのゴルフコースとデビッド・ベッカムのスタジアム
 フロリダ・マイアミ空港に隣接し、Melreese Country Clubはある。地元自治体が運営するパブリックコースだが、地元住民$54、ビジター$125は相当高い相場だ。空港に近く、池のあるレイアウトが人気なのであろう。ところがこのクラブのゴルフカートが放火に遭い、約40台が壊れた。被害総額50万ドルと言われる。犯人は逮捕されたが、それで終わりにならないのが噂だ。  イングランドのサッカー選手ベッカムがマイアミにプロチームを結成すると発表したのは数年前、以来スタシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/08 05:35
(No.3218)トッププロゴルファーの二つの行儀
 久しぶりにマンスリーをパープレイで回った。朝家を出る前に、ホンダゴルフが送ってきたメールを読むと、フックグリップを薦めていた。引っ掛けが持病の楽老としては、それが嫌でフックグリップを避けてきた。にも拘らず、手首が返らないとプッシュアウトし、返すと引っ掛けという疫病神が住み着いた。スタート前に素振りをしながらメールのことを思い出し、思い切ってフックグリップに握ってみた。するとアイアンの捉りが良くなり、1番で行き成りバーディ!その後もバーディチャンスに度々付けるショッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 06:29
(No.3217)日本女子ゴルフツアー
 日本のプロゴルフ界について考える。女子ツアーの人気は世界的にも誇ることができる。欧州女子ツアーがスポンサー不足でツアーを組めない状況を考慮すると、樋口久子が取り組んできた興業姿勢は立派なものだ。だが気になるのは、今や閑古鳥が鳴く男子ツアーも尾崎将司が活躍した頃は飛ぶ鳥を落とす勢いで世界中からトッププロが参戦してくる隆盛だった。理由は簡単だ。当時日本ツアーの優勝賞金は2−3000万円、一方PGAツアーは3-5万ドル(1-1500万円)で日本の方が倍から良かったのだ。日本ツアー女子の優... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/06 05:35
(No.3216)全英オープンを3連覇したゴルファーの晩年
 全英オープンを3連覇したのは、ヤング・トム・モリス(4勝しているトム・モリスの息子。1868-70)、ボブ・ファーガソン(1880-82)、ピーター・トンプソン(1954-56)、そしてジェミー・アンダーソン(1877-79)の4人しかいない。最初の3人はゴルフ史を飾る著名人だが、アンダーソンを知っている人は少ない。歴史に埋まった英雄と言えるだろう。彼は、1877年マッセルバラで、翌年プレストウィックで、そして1879年はセントアンドリュースで勝った。当時、全英オー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 05:35
(No.3215)カーノスティ、全英オープンこぼれ話
 全英オープンの数字に纏わる話題。”£1.89Million”:優勝賞金。R&Aは全英オープンは世界一の大会でなければならないと賞金額も世界一に。”60”:サンディー・ライルとバーナード・ランガーは60歳となり、全英オープン優勝者としての出場権最後の大会となった。サンディー・ライルに対しては、惜別のセレモニーがあったが、ランガーに関しては報じられていない。シニアツアーで敵知らずのランガーは全英シニアに優勝し戻って来ると誰もが期待しているからか。”25”:第一回大会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 06:18
(No.3214)トレビノのスウィングについて考える
 暑さが和らぎ33℃、最近の暑さに鑑みできるだけカートに乗っていたが、足腰が弱ってきた気がするので、歩くことにする。だが意欲とは別に坂道になると息切れがし、カートに走り寄ることになる。  ショットは、胸と左肩を回し、トップで左手甲の向きを整えると、左肩を素早く回すことに全神経を集中させる。ヘッドが走り、飛距離は申し分ない。だが時々酷い左への引っ掛けが出る。プロを目指したキャディは、上体が突っ込むからだという。だから右足体重で左肩を回すようにしたが、それでも左へ引っ掛かり気味だ。  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 05:45
(No.3213)タイガー・ウッズと子供
 欧米の学校は、8月から9月初旬に新学期が始まり、5−6月に終える。6−8月が夏休みとなる。タイガー・ウッズの子供達もこの期間を利用して、父親の全英オープンを見に来た。タイガーは11番で崩れてしまったが、18番を終えると待っていた子供とハグをした。  「父親が必死に頑張ったことを誇りに思っているんじゃないかな。子供たちが抱きついてきた時はぐっと来たよ。全英オープンが父親にとって如何なる意味を持っているか、再びこの場に戻りプレイできたことを如何に喜んでいるか、それを子供たちに気付か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 05:52
(No.3212)フジ天城ゴルフ倶楽部
 仲間との例会だ。娘の車を借りて向かう。東名から小田原厚木道路に入り、箱根新道を越して、伊豆中央道に乗り、終点の修善寺で降り、国道136号線を南下し、途中で柿木川を上ると右手の山の上にコースはある。厚木ICから1時間半のドライブだ。月1回、これで4回目の例会となった。  このクラブはグリーンでアプローチの練習をさせてくれる有難いコースだ。10-30ヤードの練習には最適な環境。酷暑でパッティング練習する人も少なく、木陰を選んでウェッジ58度での練習をする。スピン量のコントロー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 05:25
(No.3211)カーノスティのフェアウェイの速さは、スティンプメーターで9.5だった
 グリーンより速いと言われたカーノスティののフェアウェイのスピードは、なんと9.5だった。そこら辺りのグリーンより遥かに速かった。  スティンプメーターは、米国人エドワード・スティンプソンにより1935年に開発された。スティンプメーターとは、長さ36インチの溝がある板で、当初は木で作られていたが、現在ではアルミ製だ。グリーンの平らなエリアを選び、ティを差す。ティの横にスティンプメーターの端を置き、手元にボールを置いて、静かに徐々に端を持ち上げていく。一旦ボールが転がり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/31 05:51
(No.3210)ダニー・ウィレットとバッバ・ワトソン
 サンディ・ライル、59歳は全英オープン二日目、恐らく自身最後となる全英オープンの最終ホールに臨んだ。右サイドから放ったセカンドショットは上手くグリーンを捕らえた。同組のマーティン・カイマーとアンディ・サリバンが待ち受けて、一緒にグリーンに向かう。周囲を何重にも取り囲んだ観衆は惜しみない拍手を送る。ライルの目に涙が浮かぶ。「泣くまいと思っていたが、喉が詰まったよ。18番に向かう時は至福(on cloud nineというらしい)だった。18番グリーンに上がっていく景色は格別のも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/30 05:47
(No.3209)セントラルゴルフクラブ 麻生コース
 二日酔いで頭が痛い。昨夜、仲間とワイワイ喋りながら知らず知らずに飲み過ぎた。何時も大酒を飲む男が珍しくほとんど飲まず、その分飲み過ぎたからだと自らに言い訳をする。それにしてもあの男が飲まない姿を今まで見たことがなかっただけに驚きより心配が先に立つ。  セントラルゴルフクラブ麻生コースは、霞ヶ浦の西浦の東側の丘陵地帯に位置する。佐原カントリークラブに比べるとアップダウンがある。夏場のグリーンとしては良く整えられており、グリーンスピードも夏場としては立派なものだ。中々感じの良い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 05:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる