(No.3780) フジ天城ゴルフ倶楽部

 会社関係の仲間とフジ天城ゴルフ倶楽部で定例会である。1時間前にコースに入り、入念にアプローチの練習をする。58度でダフらないように打つ。腕を殺して胸の回転で打つようにするが、ダフリとトップを繰り返す。フィニッシュで胸がターゲットを向くようにすると、比較的安定する。  伊豆半島に寒気団が押し寄せて、凍えるような強風が吹き…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3779) ゴルフスウィング:多すぎるチェックポイント

 馬鹿な評論家の話を2題。Barry BookerはESPN所属の米国大学バスケットボールの評論家である。途或る試合で実況している際、TV局が次週の女子体操選手権の放映予定をプロモーションしているのに割り込み、"Go hang out with the ladies," "I mean, I want to go see som…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3778) パッティングは低く引くことが重要だ

 パッティングを引っ掛けるメカニズムは、テークバックが小さいことから始まる。方向を重視するとどうしてもテークバックが小さくなる。インパクト寸前に本能が警報を鳴らし、利き腕が反応して、強く打とうとする。ヘッドが返り左へ引っ掛ける。登り傾斜で強く打たねばならないと念じながら打つと、同様にインパクトに力が入り、右手が動き、引っ…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3777) 何故、打ち急ぐのか

 「打ち急ぐ」とは、バックスウィングが完成する前に、ダウンスウィングに入ることだ。昔の松山の様に、トップで一度停止するようにすれば打ち急ぐこともない、と考えていたが、少し違うかもしれない。教本は、「上半身が右に回転している間に、下半身を切り返せ」という。上半身の捻転を最大化するためだ。「打ち急ぐ」とこの教本の教えとの差は何だ。…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3776) 腹筋に力を入れると脱力できる

 昔、テンプラ・ボールのことを「雲雀殺し」と言った。今やこの言葉は死語となっている。何故だろうか。雲雀を見なくなったからか。燕も見なくなったし、今やカラスしか見なくなった。  腹筋に力を入れろとホンダゴルフは言う。早速試した。腹に力を入れれば、腕から力が抜ける。脱力できれば安定する。距離感さえ掴めれば良さそうだ。頭を固定するに…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3775) リビエラ・カントリークラブ・10番ホール R.マキロイとJ.トーマスの攻め方の違い

 リビエラ・カントリークラブの世界一素晴らしいPar4である10番ホールの攻略法について、マキロイは語る。「2007年英国ベルフライの10番で人生初めてドライバブルPar4を経験した。6番アイアンでティショットをした。ここリビエラの10番は、恐らく世界一のドライバブルPar4であろう。3のバーディもあればダボ…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3774) アプローチのスピンを効かせる方法

 ホンダからメールが届いた。スピンの効いたアプローチを打つ方法だ。カットに入れても、上からダウンブローに打ってもスピンは効かない。スピンとは、ボールとフェイスの接触時間の長さに関わる。長ければ長いほどスピンは効く。その為には、ターゲット方向へ如何に長くヘッドを出せるかである。その為には、パッティングのライン出し練…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3773) リビエラの有名な10番ホール

 ジェネシス・オープンが開催されるリビエラ・カントリークラブ、1926年創立のカルフォルニア有数の名門クラブである。クラブのモットーは、"Only the best is good enough." 富豪のメンバーシップでない限り、このスローガンは出てこない。   "best short par 4 in the w…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3772) 軸を安定させる

 ミスショットの原因は複雑に絡み合っている。そのことを理解せずに、スウィングの部分部分の善し悪しを論うのは問題解決を遅らせる。バックスウィングで左肩を下げれば、ダフリ、トップが出難いと結論付けたり、左膝の動きがダウンスウィングの善し悪しを決定するとか書いてきたが、それは部分の評価であって、それがスウィングを律する訳ではな…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3771) ゴルフコースと猪被害

 Lockhart State Park は、テキサスのヒューストンから西へ200キロほど行った丘陵地帯の原野にあり、公園内にゴルフコースもある。灌木が斑に茂る乾燥地とは言え、ロックハート市街に近いにも拘らず、昨今猪(feral hog)による被害が後を絶たない。40-50頭の猪がフェアウェイに侵入し、掘り起こし、泥遊びをする。日本で…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3770) 飛距離はバックスウィングの大きさに比例するか

 スーパーボールのHalftime Showの演出に批判が出ている。楽老は良く知らないが、コロンビア生まれのミュージシャン・Shakiraと米国人の歌手Jennifer Lopezの際どい踊り、特にポールを持ち込んだポール・ストリッパーを想起させる動きは、”soft porn"と手厳しく批判された。  演出家は世界最大の…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3769) グリーンスピードの計測値と実感

 昨今、殆どのクラブが、その日のグリーンスピードをマスター室周辺に表示している。速さはスティンプメーターで計測されることが多い。スティンプメーターとは、V字の溝があるアルミ板からボールを転がし、その転がった距離を測る計測器である。先ず、ボールを溝の上の所定の位置に置き、ゆっくりと持ち上げていく。するとある時点でボールは…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3768) スウィング中頭を動かすな

 アプローチで頭を固定する練習をしている。最初から最後まで頭を動かさない。と言っても、胸の回転に併せて顔はターゲットを向く。意識としては、左肩を左へ確りと回す。左へ飛ばすぐらいのつもりで肩を回しても良い。  この練習をしていると軸が確りする。更に、ショットでも同様にボールから目を放さず、左肩を確り回すと、インパクトがぶれなくな…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3767) アダム・スコットのスウィングを解析する

 アダム・スコットのスウィングは世界一美しいと言われる。その彼のスウィングに迫る。(1)アドレス:頭を高い位置に保ち、背筋を伸ばす。しかし、強く張ってはいない。これが滑らかな動き出しを可能にしている。(2)テイクバック:腕とクラブが上がっていくときに、恰も体全体はその動きに抵抗するように動かない。これが大きなスウィングアー…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3766) アーノルド・パーマーと米国特権階級の閉鎖的高級クラブ”Alfalfa Club"

 ”Alfalfa Club”は、ワシントンの会員制クラブである。1913年、南北戦争で南軍を指揮したリー将軍の誕生日を記念し、南部出身者の富豪4人が夕食会を持ったのが起源である。1870年に死亡したリー将軍は、南部出身者にとって死後半世紀たっても「神」だったようだ。細やかなメンバーでスタートしたリー将軍を偲ぶパーティが、如何にし…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3765) ゴルフのこぼれ話2題

 ゴルフこぼれ話を2題。Omega Dubai Desert Classic の最終日、デシャンボーのマーカーは、Eddie Pepperellだった。ゴルフ通は直ぐに理解できるだろうが、この二人の関係は微妙だ。昨年8月のThe Northern Trust でデシャンボーが3メートルのパットに2分も掛けたとして批判された…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3764) アプローチは、ロフトとバウンスを使え

 アプローチで、「ロフトとソール・バウンスを使え」との玉言にトライする。今まではエッジをボールの赤道のやや下へ入れることを目指していた。しかし、エッジが突っかかり、所謂「チャックリ」になる悲劇も沢山経験してきた。ソールを使えば、チャックリは出ないとの格言に戻ることにした。先ず、バウンスを生かすには、「エッジではなく、バウ…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3763) オーバー・ザ・トップを防ぐ方法

 体がダウンスウィングで前に出ることを”over the top"という。そこでPGAのインストラクターの指導法を調べた。一番気に入ったのは、利き腕理論だ。右利きは右サイドが自然と動く。右が先に動き出せば右サイドは前に出る。だから左サイドでスウィングをせよ、との指導論。もう一つは、素振り練習法。何時もの通りトップまでクラフ…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3762) ボールの右後ろをインサイドから振り抜く

 体がダウンスウィングで前へ倒れる癖の是正に苦労している。意外と癖は治らない。頭が下がり前へ出るからか、右肩が切り返しで前へ出るからか、切り返しで目がボールに近づくからか。「打とうとする意識をなくせば、軸は動かない」が、打つ意識を消し去ることは不可能だ。何たって意識が体を動かしているからだ。ならば、打とうとする意識よりも強い意識を…
コメント:0

続きを読むread more

(No.3761) バックスウィングで左肩を下げる

 Waste Management Phoenix Openは、TPC Scottsdale Stadium Courseで開催される。歴史を誇る大会だけに逸話も多い。1996年にデビューしたタイガー・ウッズは、新人として2勝し、翌年マスターズを含む4勝、1998年は1勝だけだったが、1999年には全米プロを含む8勝を挙げて…
コメント:0

続きを読むread more