(No.3569)シェーン・ローリー 全英チャンピョン どんちゃん騒ぎ

 シェーン・ローリーは1年前のカーノスティで全英オープン初日に74を叩き、ホテルのソファーに涙してうずくまっていた。「あの頃、ゴルフは友達じゃなかった。心配が日々昂じ、圧し掛かってきていた。ゴルフが好きでなかった」という。1年間、時にはゴルフを離れリクレーションをしながら、展望を切り開いてきた。ところが、水曜日の夜、再び不安感に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3568)Royal Portrushの1番ホールの奇怪なOB杭

 初日マキロイが、そして二日目松山が、1番ホールでOBを叩いた。二人が予選を突破できなかった直接的原因となった。”Out of Bounds”とは、本来ゴルフコースの敷地外を意味する。敷地外に出るからプレイ不能となる訳だ。日本の様に敷地内にOBラインを作るのは、プレイ不能な谷底等々をホールから除外せざるを得ないからだが、敷地の広い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3567)全英オープン後の、ウッズ、ミケルソン、マキロイのそれぞれの記者会見は何を語るか

 ウッズ、ミケルソン、マキロイは決勝ラウンドに進めなかった。ラウンド後の記者会見は現在の彼らを映していた。  地元開催を熱烈に推進した一人として、マキロイは必至に涙を堪えながら、「昨日は酷かったが、本日は本当に素晴らしい復元力を見せることができた。それでも暫く傷ついた心を癒すのは難しいだろう。今週は長いこと探し求めてきたものだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3566)全英オープン デイビッド・デュバル 7番スコア14

 デイビッド・デュバルは、ポートラッシュの初日、5番でボールを2回も失くし8を叩く。更なる悲劇は7番にやってきた。ティショットがロストボールとなり、打ち直した2回目のティショットも不幸の上重ねでロストボール、3回目のティショットもラフへ、だが今回は見つかりグリーンにやっと辿り着いた。と思ったところ、マーカーのキャデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3565)北アイルランドでの全英オープン物語

 1951年ロイヤル・ポートラッシュで全英オープンが開催されて以降、大きな大会は彼の地で行われることはなかった。北アイルランド紛争(世にNorthern Ireland conflictと呼ばれるが、当事者は”The Troubles"と呼ぶ。実際は激しいテロの応酬だったにも拘らず、斯く呼ぶところが英国らしい。一方、フォークラント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3564)セベ・バレステロスと全英オープン

 1979年全英オープンはロイヤルリザムで開催された。3日目トップに立ったのは米国の気鋭ヘイル・アーウィン、2打差で若干22歳のバレステロス、3打差でニクラウス、当時最終日は土曜日だった。アイルランド海から強風が吹き荒れ、アーウィンがセーターを2枚重ねしたほどの寒さだった。この日青木功も優勝圏内で戦っていた。快調に飛ばしトッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3563)石川遼とツアー機構の将来

 石川遼が優勝パットを決めた瞬間、彼は両手を下に伸ばしたまま、体を震わせた。タイガー・ウッズのように右拳を振り上げることなく、両手は下の伸びたまま、硬直していた。このように感慨を噴出させた選手は石川遼以外には見ない。そこに彼の苦悩を見たし、彼だけが知っている喜びを見た。PGA会長の倉本が駆け寄り、強い握手をした。「よくぞ、勝ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3562)ダーレン・クラークと全英オープン

 全英オープンが北アイルランドのポートラッシュで開催されたのは1951年、イングランドのMax Faulknerが勝った。それ以降北アイルランドで全英が開催されることはなかった。その原因の一つが「北アイルランド紛争」だった。英国の統治を受けていたアイルランドの独立運動が激化、英国は独立を認めたが、北アイルランドに移住し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3561)1951年全英オープンとRoyal Portrush

 ウッズのキャディをできるならば幾ら払うか。タイガー・ウッズ・ファウンデーションがウッズのキャディを公募した。5万ドル程度にはなるだろうと予測されていたが、マスターズでウッズが優勝したことで応募価格が跳ね上がった。最終的に、7万5千ドルでカルフォルニアの実業家David Gilbertが落札した。この名前を知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3560)Lost Canyons Golf Club

 グラーム・マクダーウェルにとって、ポートラッシュでの全英オープンはスペシャルである。コースの門前で生まれ、7歳で叔父さんとゴルフを始め、14歳で大人のトーナメントに参加していた。ホームコース(Rathmore Golf Club:Royal Portrushのセカンドコース)以上のホームグランドである。68年ぶりに戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3559)パットは等速ストロークだと思うが・・・

肩の痛みが再発しないように、細心の注意を払う。右肩に負担が掛からないように、左手一本でスライスに打つ。距離は落ちるが悪くはない。だが数ホールもすると、パーオンしない自分に腹が立つ。そこで下半身を目一杯動かす。すると下半身と連動して、上半身も動き軸が狂う。フェイスがスクウェアーに降りてきていない。だから擦り玉ばかりである。やはり左手甲で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3558)全英オープン Royal Portrush

 20年前我々はアイルランドの田舎道をRoyal Portrushに向けて急いでいた。前夜遅くロンドンを出発し、ダービーでゴルフの師匠と合流し、リバプールの先にあるHolyhead港で朝9時前にフェリーに乗り込み、対岸のダブリンに着いたのは12時過ぎ、そこからゴルフクラブまでは200キロほどだから2時間半もあれば十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3557)タイガー・ウッズの前妻

 偶にはくだけた話を。タイガー・ウッズが、モデルで、スウェーデンのプロゴルファーJesper Parnevikの子供の家庭教師(Nanny)をしていたElin Nordegrenと結婚したのは2004年だった。そして2010年夏に慰謝料$100Million(といわれる)で離婚した。余談だが、エリンは元モデルと必ず紹介され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3556)凄い球が出るが肩が痛い!

 スウィングの基本が出来上がったと喜んでいた。左肩、左腰で主導し、左手甲でボールを真っすぐ弾く。ややドローしながら捕まった球が思い描いたような飛球線で飛ぶ。ところが右肩に「ズキッ」と鋭い痛みが走る。体は回転しているし、フィニッシュで体重も左足に移っている。目指すスウィングだけにショックだった。それでも左手甲でボールを弾く。ヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3555)小手先でパッティングをするな

 パットが全く入らなくなった。前半は14パットで快調に終えた。ところが後半の10番で下りのパットをショートし、セカンドパットを押し出して3パットすると、1-2メートルのパットを悉く外し20パット!後半を始める前にパットの練習を少ししたのが結果的に逆に働いた。前半最終ホールで引っ掛けたので、それを修正しようとしたのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3554)スロープレイを”gradual play”というのか

 スロープレイと言わず、”gradual play”と言い始めたようだ。”gradual”とは急がないことで、ルールに抵触しなくともノロノロのプレイを意味する。その代表選手はデシャンボーで、ケプカは”embarrassing”(恥ずかしい奴、情けない奴てな意味か)と批判している。  これにデシャンボーは反論する。330ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3553)トランプ流ゴルフビジネス

 トランプ・インターナショナル・ゴルフリンクス・スコットランドは、東海岸の大都市アバディーンの少し北の海岸沿いにある。全英オープン開催を目指し、トランプが作ったリンクスである。計画の初期段階から「環境保護」を巡り激しいやり取りが、トランプ側と州当局間であった。英国には、”Site of Special Scientifi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3552)全英オープンと地元出身のマクダーウェル

 全英オープンは今年北アイルランドのポートラッシュで開催される。R&Aは主催者推薦という制度を設けていない。如何なる有名選手と言えども、決められた資格を得る必要がある。その資格は41項目で指定されている。(1)60歳以下の過去の全英オープンの優勝者 (2)過去10年間の全英オープン優勝者:60歳以上の優勝者向け規定 (3)前年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(No.3550)セクシーゴルフ・デー

 男子ゴルファーなら気になる会社がある。会社の名前は、”4Play Productions”、英国に拠点を置く会社のようだが、詳細は不明、この会社のホームページを覗いてみた。”About us”(会社紹介)を見ると、一行目に”The Naughtiest & Sexiest and whatever you do "don’t t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more