アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スポーツ」のブログ記事

みんなの「スポーツ」ブログ

タイトル 日 時
(No.2823)ゴルフルール:プレイスしたボールが池に転がり込む
(No.2823)ゴルフルール:プレイスしたボールが池に転がり込む  BMW International Championshipは、ドイツ・ミュンヘンの”Golfclub München Eichenried”で開催された。二日目、デンマークのトービヨン・オールセンが4番ホールでグリーン横の池に打ち込んだ。赤杭だから2クラブ以内にドロップをしようとするも、急坂で芝も刈り込まれているために、止まらず池に二度共転がり込んだ。そこでプレイスをしようとしたがこれまた数度繰り返すもボールは安定しない。何とか動かない位置を見つけてボールを置き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 05:33
(No.2474)パッティングは左肩で打つ
 コンペに出る。HC3、4、4の3人の組に入る。それぞれ親しい人だが、技量のレベルが違うから些か敷居が高い。緊張しながらスタート、豈図らんや、パットが絶好調!8番を終えて1オーバー、9番もほゞパーオン間違いなしの距離から打つと左へ引っ掛けた。グリーンサイドからの簡単な寄せと思ったが、深いラフとグリーンの下り傾斜の読みに迷いが出て、決めきらないまま打つと大ショート、ラフを脱出できず、次のアプローチもミスしダボ。3オーバーで折り返す。  午後になると気温がグングン上昇し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 14:03
(No.2437)世界で最も有名なスポーツ選手は誰か
(No.2437)世界で最も有名なスポーツ選手は誰か  米国のスポーツTV局ESPNが、世界で最も有名なスポーツ選手は誰か、との調査結果を発表した。使われた指数は、選手のサラリー、スポンサー収入、SNSでの登場頻度、Google検索頻度である。それを如何に掛け合わせたかは知らない。  World Best 100の概要は以下の通り。男子92、女子8。  バスケ20、サッカー17、アメフト16、テニス9、野球8、カーレーサー8、ゴルフ7。  米国56、英国4、ロシア3、インド3、ドミニカ3、スペイン3。日本人は2人、錦織47位、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/17 05:49
(No.2140)全米プロに敗れた男たち
(No.2140)全米プロに敗れた男たち  残念ながらウッズの夢は破れた。11番のアプローチをシャンクしたことをマスコミはイップス再発と騒ぐが、ウッズは、10番までに「入れなければならないパットを幾つかミスした」ことを悔やむ。11番に触れたくないウッズとイップスに言及したい評論家、何時ウッズはこれに結論を出せるのであろうか。シーズン初戦のFry.comに期待する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 06:32
(No.2125)パットでは右手首の角度をストローク中変えるな
(No.2125)パットでは右手首の角度をストローク中変えるな  石川遼はBarracuda Championshipで1ポイント足らず予選落ちした。FedEx Point暫定130位である。彼に残されたのは後1試合のみ。スウィングがどうがとか、パットがもう一つとか、調子が上向きとか、彼が1年間ファンサービスでしたコメントはどうでもよい。125位以内に何としても残るのだと言う執念の戦いのみ。遼以上にハングリーな者ばかりが最終戦Wyndham Championshipに出る。格好はどうでも良い。頑張れ、遼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/10 04:34
ダウンスウィング(45)飛距離はヘッドスピードである(No.1864)
 テニスのツアーファイナルはフェデラーの棄権でジョコビッチの3連覇となった。フェデラーは準決勝でバブリンカを破ったがこの一戦、二人にとって因縁試合となったようだ。試合後二人は10分間言い争った。フェデラーの嫁さん(Mirka)が試合中バブリンカを野次った(heckle)ことに彼の怒りが爆発したようだ。試合を決める重要なポイントで、フェデラーが正にサーブをしようとするその刹那に、Mirkaが、”CryBaby”と叫んだ。バブリンカは、レシーブの体勢を崩しサイドラインに向かい、このタイミングでそりゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/22 07:20
藍ちゃん打法(15)トップでのウエイトの掛け方(No.1725)
 サッカー選手の広告収入ランキング。1) Cristiano Ronaldo (Portugal and Real Madrid) Nike - £14.1m  2) Lionel Messi (Argentina and Barcelona) Adidas - £13.6m 3) Neymar Jr. (Brazil and Barcelona) Nike - £9.5m  4) Thomas Muller (Germany and Bayern Munic... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 04:53
左軸打法(34)脇にタオルを挟んで打つ(No.1417)
左軸打法(34)脇にタオルを挟んで打つ(No.1417)  久しぶりの雨である。西日本地区は豪雨との予報だ。関東地区も雨空である。自宅を出ようとした途端にわか雨、一瞬躊躇するも、一雨降ったから涼しくなるに違いないと自分に言い聞かせコースへ向かう。  今日のメンバーは、常連の不動産社長と会計士にコンサルタント。いずれ劣らぬゴルフ狂である。  先日、「開眼」した左軸打法は、小雨の降る中、準備運動もせずスタートした所為で、何となく「しっくり」こない。ヘッドが走らず、右に押し出し気味である。手首の柔軟性に課題があると色々と工夫するも今一つ安定しない。雨の所... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/01 05:21
ゴルフU軸打法(49)体重移動とは腰の回転力である(No.1135)
ゴルフU軸打法(49)体重移動とは腰の回転力である(No.1135)  英国プレミアリーグの審判Mark Clattenburg問題は、事件発生後1か月近く経ち漸く結論を迎えた。事件は10月28日のチェルシー/マンチェスター・ユナイティッド戦で起こった。この試合でMarkは二つの誤審をし、それがチェルシーの敗北に繋がった。ここまでは良くあるケースだ。だが、チェルシーの二人の選手が、審判が仲間の二人に差別用語を使ったと主張し、被害者と目される二人は差別用語を聞いていないにも拘らず、チームは審判を協会に提訴した。同時に、外部人権派弁護士もMarkを警察に告訴した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/23 06:43
パットの秘訣(24)プレッシャーに打ち勝つには練習しかない(No.1070)
パットの秘訣(24)プレッシャーに打ち勝つには練習しかない(No.1070)  マンの香川の好評続く。Giggs believes Kagawa's astute passing and clever movement make him the perfect fit for the possession game that United adopt in Europe. "Shinji is that kind of player who will thrive in Europe, where possession is key," Giggs said. "He k... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/19 05:45
ゴルフ右肘閂打法(33)腕を返せと言われるが(No.1057)
ゴルフ右肘閂打法(33)腕を返せと言われるが(No.1057)  香川のサザンプトン戦の評価を英国のサッカー狂の友人に訊いた。Kagawa is doing well at Man. Utd. He got a lower rating last week against Southampton because he was substituted after 60 minutes. He had played OK but Man.Utd needed a more defensive midfielder because of Southamptons ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/06 06:59
ゴルフ右肘閂打法(30)バックスウィングで右上に伸び上がるな(No.1054)
ゴルフ右肘閂打法(30)バックスウィングで右上に伸び上がるな(No.1054)  Man Unitedの香川はSouthamton戦でゴールできず、61分に途中交代させられた。ゴール左へシュートを放つものの、全般に今一切れが無かったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/03 07:01
ゴルフ右肘閂打法(23)インパクトに於ける右肘の位置こそ奥義(No.1047)
 マンチェスター・ユナイティッドの香川が本拠地でゴールをした。エースストライカーのルーニーを押しのけての先発出場であった。Daily Mailは、「For in addition to their goals, Van Persie and Kagawa in particular caught the eye with how easily they fitted into the system. Kagawa excelled in the hole behind the main stri... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 06:53
ゴルフ右肘閂打法(21)左脚へ大胆に体重移動せよ(No.1045)
ゴルフ右肘閂打法(21)左脚へ大胆に体重移動せよ(No.1045)  マンの香川の評判が素晴らしい。The Sunは、One silver lining from the defeat at Everton was the performance of £12m buy Kagawa from Borussia Dortmund and Ferguson is convinced the midfielder will help with the goals tally as well. Ferguson said: “Shinji was fant... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/25 06:39
脱力スウィング(7)川合武司、ボールは右手で打つ(No.860)
脱力スウィング(7)川合武司、ボールは右手で打つ(No.860)  ミズノJPX U-3は、ユーティリティというより、フェアウェイウッドに近いか、或いはそれとの中間のクラブヘッドイメージである。ユーティリティにしてはシャフトも長いので、最初は気になったが、打ってみれば、打ち易いしその飛びの良さに驚く。  二年前に買ったマルマン・コンダクター3,5,7番のフェアウェイウッドのセットをゴルフパートナーで下取りして貰い、新しい3番ウッドを買うことにした。査定は6800円。安いと思うが何が妥当か判断材料がないから受け入れるしかない。コンダクターは悪いクラブではないが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/22 06:51
脱力スウィング(6)野球の投手と同じリズムでスウィングする(No.859)
脱力スウィング(6)野球の投手と同じリズムでスウィングする(No.859)  No.850でPGAのKyle StanleyのTorry Pinesでの悲劇的敗北について記した。驚いたことに次週彼は Waste Management Open で正しく劇的感動的勝利を収めた。第3ランドを終えて未だ未勝利のSpencer Levinが8打リードしての最終ラウンド。Spencerは4オーバーを叩いて脱落、6アンダーで最終日を回ったKyleが大逆転での初勝利となった。先週は大逆転で負け、翌週は大逆転で勝つ。神さんは何と言うことをするのだろう。  彼曰く。"I'm not s... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/21 06:58
脱力スウィング(5)バンカーショットは腰で打つ(No.858)
脱力スウィング(5)バンカーショットは腰で打つ(No.858)  ホームコースでローシングルのお医者さんと回る。最近ご一緒のラウンドが多いから私の欠点をよく解っておられると思い、左に引っ掛かったり、右に押し出したりする原因を訊いてみた。引っ掛かるのは、腰が切れていないからで、押し出すのは、フェイスが開いて尚且つ腰も開いているからだと言う。成る程、仰ることに思い当たることが多い。右に押し出すのは、身体が左へ回らず押し出すからだと自覚している。押し出しを抑えようと、無理にインパクトで肩を回そうとすると引っ掛かる。原因はトップが小さいからだと指摘された。上体の捻転... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/20 05:36
脱力スウィング(4)左手が自然に返るようにスウィングをする(No.857)
脱力スウィング(4)左手が自然に返るようにスウィングをする(No.857)  先週テニスに参加して、ゴルフの脱力スウィングと通じるものがあると感じたので、今週もいそいそと出かけた。昨日、全く偶然に鴨川カントリークラブで一緒にラウンドした会社の元同僚の上司もテニスの常連メンバーなので、彼との思いもよらないゴルフの話を伝えたいと思ったこともある。驚いたことに、この先輩は彼の仲人をしたと言う。誠に世の中は狭い。そして今夜元職場のOB会を催すと言う。奇縁奇遇とはこのことか。  テニスの親しい仲間に頭の良い男がいる。彼との対戦は楽しみ。相手がどう動くか読む、その裏を取った時の喜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 05:52
スピンアプローチ(9)アプローチで何故トップするか(No.853)
 伊勢原での碁会である。昼前に駅で落ち合い、そのまま駅前の東急へ直行。昼食の弁当を買い込み友人宅へ。もう一人の友人は体調管理のため、自宅で専用食を取ってからの合流となる。友人は幕の内弁当、私は天丼を温めて戴く。市販の弁当も価格を考えれば捨てたものではない。  スーパーボールを観戦しながら食事を取る。アメリカンフットボールの面白さは、戦術の読みあい、探り合いと強靭な肉体戦争にあるのは間違いがないが、寧ろ、人々を引きつけて止まないのは、残り2分間の攻防戦の秒刻みの切迫感にあるのではないか。最後の1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/15 08:06
ハイドロー(20)永井延広の入れ替え理論、腰は左の壁にぶつけて、頭は右に倒す(No.845)
 アメリカンフットボール・スーパーボールが近づくと、米国のゴルフ倶楽部から沢山のメールが届くようになる。Broadcasting & Special Foodsを謳い文句に皆でスーパーボールを楽しもうという趣旨である。勿論、商魂逞しいのは言うまでもない。海外のゴルフコースもネットで予約できるから大変便利であるが、それ以降自動的に各種の案内が送られてくる。日本のゴルフ倶楽部からゴルフ以外の案内が来たためしがない。でも、日本シリーズをゴルフクラブで見ましょう、なんてメールが届いても誰も行かないだろう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/07 08:03
パットの秘訣(7)何故右に外すか、入れたいと言う欲望は手首を押し出す(No.843)
 昨日の不甲斐無さが余りに悔しくて翌日ラウンドをすることにした。情けなくて眠れるぬ夜、ラウンドの反省をした。昨日は余りのショックで取り乱し、全てのショットが悪かったと思い込んでいたが、実はそうでもなく、スプーンの出来が酷過ぎたのが、心を挫く最大の原因であった。アイアンは良いショットもあったのだが、スプーンは8回の内7回失敗。全てダフリである。最後はどう打てばよいのか、全く判らなくなったほどだ。  そこで今日は、フェアウェイウッドは封印して、ユーティリティ3番のみで対応してみた。ユーティリティは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 05:27
ハイドロー(18)スウィング中、右ひざはアドレスの状態を保つこと(No.842)
 若い友人と久しぶりのラウンドである。新しいスウィングも多少身に付きつつある。楽しみにしてスタートする。右ひざのスウェイに注意してティーショットを打つ。会心の当たりである。納得、満足。難なくパー。ところが次のホールのティーショットを従来の悪い癖が出てダッグフック。飛ばそうと意識したのが間違いのもとなのだが、未だ余所行きの改造スウィングが身に付いておらず、スウィングに確たる自信もないまま、あーでもない、こうでもないと練習のスウィングを思いだしながら打つのでは、碌なスウィングができないのは自明。よく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/04 06:53
スピンアプローチ(7)スウィング中右手首の角度を変えるな(No.841)
 テニスの錦織が全豪オープンでベスト8に残った。素晴らしい。13歳で米国へテニス留学。昨年から一気にその才能を開花させた。その裏に、ブラッド・ギルバート氏のコーチ就任があると言う。ゴルフもそうだがコーチの果たす役割は途轍もなく大きい。また、選手を支えるチームも半端でない。大勢のスタッフを揃えて、競技に帯同する。勝たねばチームは崩壊する。選手へのプレッシャーも大変なものだ。石川遼も大変だろう。  タイガー・ウッズは例の一件後、チームを変えてしまった。チーム改造は失敗であったと言ざるを得ないが、昨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/03 07:12
ハイドロー(17)トップは確りとコックを利かせてレイドオフに構えろ(No.840)
 寒い時期だから何処か海外でゴルフをやろうと友人と相談中。メンバーをどうするかで迷っていたが、半分現役、半分自由業の男を誘う。この男が参加すると、別の友人も参加するはず、そうなれば最長老の友人も一緒でないと盛り上がりに欠ける。碁会の後の焼肉屋から各人に電話してご意向を聴く。最長老を除いて皆乗り気だ。だがまとめ役の最長老が参加しないと話が壊れる。本日のところ説得失敗。  この長老、趣味が多彩で、写真、水彩画、テニスで忙しい。ゴルフも現役の時はかなりの腕前であった。ところが最近ゴルフへの興味を失く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 06:32
ハイドロー(16)左肘が折りたためないと振り抜けない(No.839)
 ゴルフと言うのは誠に楽しい球技である。何でこんなに楽しいのだろうとふと思うこともある。平日はほぼ格別の案件がなければ3時間程度練習に行く。調子の良い日もあれば全く当たらない日も多い。理由は必ずしも定かではない。判るほど解っていないからだ。  世の中は情報で溢れている。海外のニュース、技術論もネットで探せば瞬時に手に入る。色々な技術論を見聞きして、練習に取り入れている。理解できない難解な技術も多いが、成る程と思うことも多い。試してみると一皮剥けた球が出る。これを身に付ければスクラッチプレイヤー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 07:05
ハイドロー(14)甘い肩の回転は全てを台無しにする(No.837)
 中学、高校の同窓で、東京に移動して来てからも一緒に遊んだ友人が亡くなった。高校入学が決まった春、田舎の消防小屋に深夜潜り込み初めてのウイスキーを飲んだことを思い出す。昨年5月体調を崩している由の連絡を貰い、見舞いにいく機会を見計らっていたのだが、結局会えず仕舞になってしまった。年末に亡くなり、内輪で葬儀も全て済まされ、数日前に我々の知るところとなった。友人らしい最後の凛とした身の処し方であった。仲間10人と線香を上げさせて戴く為に、ご自宅へ。何時もの笑顔の写真が飾られていた。  一昨年の12... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 07:24
ハイドロー(13)左に壁を作る。クラブを縦に下す(No.836)
 古いクラブの置き場所が一杯で邪魔になってきた。そこで、取り敢えず、絶対に今後使わないクラブを売ることにした。10数年前に買ったクリーク、7年ほど前に米国ナッシュビルで買ったキャロウェイのアイアンセット、一昨年買ったロッサ モンザ スパイダー である。値が付いたのはパターのみ。3000円。部屋の掃除ができたと思えば腹も立たず。そこで、新しいドライバーを探す。やはり中調子のRシャフトは置いていない。Sになってしまう。スプーンでもと思ったが、これも良さそうなのはSシャフトとなる。仕方なくユーティリテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/29 06:21
ハイドロー(12)アマチュアは下半身を使い過ぎる。足を確り踏ん張れ!(No.835)
 「右踵がインパクトで浮くから右に押し出したり、フックが出る」とのプロの指導を受けて、右踵がインパクトで浮き上がらないように練習をしてきた。何とか意識せずとも足が地に着くようになった。お蔭でシャンクは全く出なくなった。身体が前へ突っ込まなくなったからである。思わぬ副産物であった。  そこで今日、二回目の指導を受けた。プロ曰く。「踵は浮かなくなったが、右足が左へ引きずられて動き過ぎる。強く打とうとして、上体を左にスウェイさせているから、右足も左へ引っ張られるのだ。所謂、上半身の突っ込み、オーバー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/28 06:46
パットの秘訣(6)パットを入れるには下半身をどっしり構えろ(No.834)
パットの秘訣(6)パットを入れるには下半身をどっしり構えろ(No.834)  酒会社の元社長がホールインワンをやった。成田の森カントリークラブの11番150Yのショートホールで達成。このコースはベントと高麗の2グリーンで、高麗の方が距離が長い。11番はフラットなホールで高麗グリーンは左にあり、カート道路がティーグランド前からフェアウェイ左サイドを走っている。グリーンの左1/3ほどは左から迫り出してきている山肌の為にブラインドとなっている。私は左に引っ掛けてブラインドのグリーン左へ。次に酒屋が打つ。良い当たりだがやや左へ、山肌を翳めてカート道路に当たり大きく弾んだ。ボール... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/27 07:49
ハイドロー(11)高松志門の水平打法、袈裟懸けに引き下ろす(No.833)
ハイドロー(11)高松志門の水平打法、袈裟懸けに引き下ろす(No.833)  友人と成田の森カントリークラブへ行く。弱風なれど曇天で気温は上がらず、寒い。バックティーから打つ。6681ヤード、SSS 71.1。インから出る。10番は距離のないロング、11番フラットなショート、いずれも軽くパー、優しいコースだなと侮るも、14番408Y、15番383Yと距離のあるタフなホールが続き、16番546Yロング、セカンドを打って第三打地点に行って見て驚く。そこからフェアウェイは途切れ、右に90度曲がり、急激な下り坂で右サイドは大きな池。友人二人はナイスショットのセカンドが池へ。知ら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 05:32
パットの秘訣(5)手を動かし、ヘッドを走らせれば転がりのよい球が打てる(No.832)
 ホームコースへ行く。この時期、早朝グリーンは凍っている。直接落とすと跳ねてしまう。シートで養生していた部分は凍結していないから止まる。落とし所が冬の早朝はピンポイントとなる。難しい。  初めての方と一緒である。以前楽老が住んでいたところの近所にお住まいと言う。学生時代にゴルフ部で鍛えたそうで、腕っ節の強い打ち方でよく飛ばす。シャフトはXでないとコントロールできないそうだ。ところが寄せが苦手の様子。トップしたり、チャックリしたり、中々ボールを確りと捉まえきれない。所詮、寄せは直近のラウンド数に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/25 06:10
パットの秘訣(4)肩をラインと平行にするには錯覚に注意すること(No.831)
 数か月ぶりにテニスに行く。実は、沖縄で和式トイレに入ったが、屈み込む姿勢を維持できないほど足腰が弱っていることを自覚させられた。ゴルフだけでは体力を維持できない。テニスもやらねばと感じた。  そう言えば、ロンドン時代にローカルの病院で健康診断をしたことがあった。消化器系の検査は余りやらず、循環器系を徹底的に調べる。それも負荷を掛けて調べる。日本とのチェックポイントの違いに驚いたものだ。問診で医者が早口で問い掛けて来るので閉口したが、運動は何をしているかと言うので、ゴルフと答えると、そんなのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/24 07:23
パットの秘術(3)パットは強めが良いか、ジャスタッチが良いか(No.824)
パットの秘術(3)パットは強めが良いか、ジャスタッチが良いか(No.824)  クラブの新会員とのラウンド。他の二人はトーナメントで馴染みの人。新会員は緊張しながらプレイをしている。若いだけあって力強いスウィングをする。当たれば270ヤードは飛ぶ。まだまだ荒削りであるが将来性は高い。  我々は、シニアカップを狙っているが、競合が激しく予選突破が目一杯。だが、クラブチャンピョンシップは別格として、その他のカップ戦は一度優勝すると翌年からは出場を見合わせるのが仕来りとなっているので、上手な順番にひな壇に登り詰めていくことになる。だから元気で腕前を維持しておれば、何時かはチャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/17 07:16
ハイドロー(1)ダウンスウィングで手が内側から下りてくるには(N0.815)
 今年初めての練習にジムへ行く。正月で緩んだ体が悲鳴を上げる。3時間みっちりとやった。  腰が止まり、その場で開いて回転すると、クラブはアウトサイドから下りてくる。インサイドから直線的に真っ直ぐアドレスの位置へ下せばよいのだが、腰が開く、肩が開くはでは、ダウンスウィングの軌道は狂う。腰を飛球線方向へシフトするようにしてみた。悪くはないが時々腰が開く。癖になっているからだろう。  暫く腰が開かない練習に専念してみたが、今一つピンとこない。フェイスも開いているようだ。そこでレイドオフに上げるよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 05:26
スピンアプローチ(3)常に芯で打つ−右ひざの送り(No.814)
 昨年末に、大学の同窓生と忘年会をした。北は山形、西は広島、未だ現役の人がいるから、休日前日しか集まれない。それぞれ既に大胆な変化が無くなって久しい。元気そうな顔を確認するのが唯一の懸案事項。大学教授が二人いる。ゆとり教育の話になった。議論が沸騰する。子供の将来、国の未来が掛っているから。多摩の隠居が言う。「ゆとり教育が悪いのじゃない。自由な時間を如何に有効活用するかが問題だ」と。だが、ゆとり教育を受けた生徒を抱える教授二人は納得しない。「ゆとり教育が学力を恐ろしく低下させた」と。楽老は思う。「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 07:12
べた足打法 林由郎逝く(No.813)
べた足打法 林由郎逝く(No.813)  林由郎が逝った。我孫子の親分である。彼の弟子は青木功。尾崎将司も弟子と言うが多少疑問がある。。「技術は盗むものだ」という林の教えを実践し、フェードボールを盗んだ尾崎も技術論を超えた弟子かもしれないが、直伝の弟子と呼ぶにはどうかな。二人のゴルフ理論は異なると思う。べた足打法理論の青木こそ彼の後継者である。もう相当昔のことだが、尾崎将司全盛時代に、「尾崎兄弟に挑戦!」とか言う番組に技術指南役として出演していたのを思い出す。若い騒がしい兄弟と緊張した素人の中で、しっとりと落ち着いた苦労人の人間味が溢... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/06 16:20
スピンアプローチ(2)アプローチでもコッキングは必要か(No.812)
 初打ちにホームコースへ行く。手が凍える寒さだ。お神酒を戴く。顔なじみの方々と久しぶりにご一緒する。平均年齢は75歳前後。昨年の初打ちも同じ日であった。スタートホールで幸先よくバーディを取りアウト37で上がった。今年は寄せワンパーで40。今年の運勢を都合の良いように占えば、バーディは狙って取れるものではないが、寄せワンパーは狙って取ったものだ。つまり、今年は自己研鑽の成果が現れる年ということになる。  本年最初の反省。テイクバックを手で持ち上げている。肩の回転で低く長く引かねばならぬ。肩を体幹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 05:34
杉原輝雄を悼む(No.811)
 奇才杉本輝雄が亡くなられた。長男敏一氏は、「プロ初デビューの日、選手全員に挨拶をしろ、と親父から言われて、プレイどころでなかった」と言う。初代選手会長として、選手の礼儀に煩かっただけのことはある。1991年兵庫県三木市ライオンズカントリー倶楽部、関西オープンで敏一が一打リードのトップで最終ホールのグリーンでパットに入る、1打ビハインドで先に上がっていた輝雄は、グリーン上の長男を見ながら「入れてくれ!プレオオフになったら親心だけになってしまう」と思ったそうだ。親馬鹿で人情に篤い昔気質の人だった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 07:12
スピンアプローチ(1)肩を開くな(No.809)
 地元の氏神様を詣でる。近所に大きな神社仏閣もあるが、初詣は氏神様に限る。先祖を敬うことが全ての出発点であるからだ。小さな神社であるが沢山の町内の人が参拝に来ている。日本って本当にいいなー。  淡白な欧米の元日と日本の格式高い正月の違いは、年神様の存在にある。年神様は豊穣の神であり、土着信仰と結びつき氏神様と合体したものも多い。農耕文化の発展と共に、年の初めに年神様に豊穣を祈願することから、正月は特別の意味を持つようになった。多神教独特の文化である。一方、キリスト教は一神教であり、それぞれの土... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/02 05:47
No.808 ゴルフロマン街道2012新年の決意
No.808 ゴルフロマン街道2012新年の決意  新年808号からスタート。末広がりの御目出度い番号である。斯様な発想は典型的日本人であることの何よりの証。開国文明開化派であると自認してきたが、加齢と共に、伝統的日本人に回帰する。それも重回帰だ。  日本では、初夢杯とか新年杯とかの名称で正月二日にクラブコンペを催す。だが、欧米では、New Year Competitionというのがまるっきりないと言う訳でもないが、滅多に斯様なコンペは企画されない。私が働いていた合弁会社も、クリスマスの24,25,26日は休業するが、27から31日までは働く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 05:42
No.807 2011年ゴルフ浪漫街道 最後のラウンド
No.807 2011年ゴルフ浪漫街道 最後のラウンド  2011年は、117ラウンド(昨年は138R)した。ホームコース56回、国内36回、海外25回。11月のタイ遠征を現地洪水の為に中止したのが誠に残念であった。ベストスコアは71、ベストハーフは34。平均スコアは、昨年より1.4ポイント改善、平均パットは1.1ポイント改善(1パットが0.7増加、3パットが0.1減少)、バーディ獲得率0.2ポイント増加、パーオン率は変化なし。結論、ショットの精度はそれほど変らず、寄せとパットが良くなったということ。  然は然りながら、ショットは確実に良くなってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 13:24
No.806 べた足打法(38)何故ドアスウィングとなるか
No.806 べた足打法(38)何故ドアスウィングとなるか  本年最後のラウンドをホームコースでする。先週の日曜日の調子が良かったので満を持してのラウンドである。残念ながらアイアンの切れが悪い。腰の入らないスウィングで当たりが薄いし、方向がばらつく。昨日の練習で修正できたと思っていたが、「その場回転=左腰が開く」の持病は簡単には全快しない。気を許すと直ぐに顔を出す。一方、アプローチとパットは、絶頂期に戻ってきた。だからスコアはそれほど乱れない。  ご一緒した弁護士はハワイに別荘を持っている。ホテルが経営している部屋貸し別荘と言うべきか。一部屋を50人ほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/30 07:27
No.804 べた足打法(36)運動神経を支配するものは何か
No.804 べた足打法(36)運動神経を支配するものは何か  ホームコースへ行く。寒い。知人がテイラーメイドR11を購入した。SRのシャフトで9度である。球筋が高弾道フェードから低弾道ドローに変って270ヤードは飛ばす。借りて5回ティーショットをしてみた。芯で捉えることはなかなかできなかったが、ランが良いのは間違いがない。少々芯を外しても現在のドライバーと同程度飛ぶ。買い替え時か、迷う。  パットの調子が戻ってきた。昨日も紹介したが、師匠からのアドバイスが抜群の効果を発揮。今までは手首を飛球線に沿って動かすことに注力していた。手首が動かないから引っ掛け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 06:56
No.803 パットの極意(29)ヘッドを走らせる
No.803 パットの極意(29)ヘッドを走らせる  テニス同好会の忘年会。タイから後輩が正月帰国。洪水の裏話を聴く。溢れた水質は相当悪いみたいだ。工場排水から各種薬品が全て流れ出たわけだから。興が乗りカラオケへ。何年振りか覚えていない。自慢でないが歌は天下一品の音痴だ。が、嫌いなわけではない。大阪外大を出た親爺は英語の歌を見事に歌う。東大出のアンちゃんは楽老と同じ音痴。だが、衒いのない枯れた歌を歌う。人柄が歌に出る。老人の健忘症を瞬時にサポートしてくれるのは、運動神経も歌唱力も抜群の逗子の主。2時間、時の過ぎるのを忘れて詩吟する。ああ悦楽。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/27 07:15
No.802 ゴルフルール変更点(4)局外者による意図的進路変更の処置
 いそいそとホームコースへ行く。晴天気温8度の予報。だが、曇天で3度。手が痛い程冷たい。ショットが芯に当たらないと手が痺れる。如何に芯を捉えていないか、毎ショット毎に思い知らされる。風がある。気温が低いから飛距離も落ちる。準備運動も不足して体の回転が浅い。これでは 届くはずの玉も届かない。これ以上の言訳はない。  アプローチが良くなる兆し。通常のショットと同じように、力を抜いて、手首をアドレスの位置へ戻すだけ。スピンの効いた良い球が出だした。練習場の距離感と実践が近づいてきた。練習に優るものは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/26 05:58
No.801 ゴルフルール変更点(3)アドレス後ボールが動く
No.801 ゴルフルール変更点(3)アドレス後ボールが動く  甥とホームコースへ行く。ベストボール方式のお遊びコンペである。パーオンしたのは僅か3回だがスコアは3-オーバー。ワンパットが10回。チップインも出た。Putt is moneyとはこのことか。驚いたのは甥のパッティングが大変上達していたこと。彼は癖のないスウィングをするがパットの距離感だけは全く駄目であった。見ているとボールの線をターゲットラインにピタッと合わせて後は打つだけだが、これが見事に入る。3メートル以下を外さない。劇的変化だ。彼の努力を垣間見る。(私も線を入れてみようかな?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/25 05:25
No.797 べた足打法(34)脇の締め方
 世界中のコースは、USGAのコース・レイティングシステムとスロープ・レイティングシステムをそのコースの難易度を決めるために使用している。 USGAのCourse Ratingは、HCゼロの人が10回プレイをしたときの平均スコアを査定(想定)したものである。HCゼロとは、ドライバーで250ヤード飛ばし、470ヤードを2オンできる人である。レイティングは、@距離(うねり、アップダウン、ドッグレッグ、レイアップ、風、高度が加味される)A障害物(落下地点の地形、フェアウェイの広さ等、グリーン形状、ラフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 06:03
No.796 べた足打法(33)ダウンスウィングではグリップをアドレスの位置に戻す意識
No.796 べた足打法(33)ダウンスウィングではグリップをアドレスの位置に戻す意識  65歳になり介護保険証が送られてきたと、友人が言うも楽老は受領した記憶がない。早速区役所へ保険証を確認しに行くと、自宅に配達済みで受取証もあるという。こちとらには全く記憶がないこと、すると、余り配達記録に触れることなく再発行を気持ちよくしてくれる。自宅に帰り、よくよく探してみるとあった!そして1か月経過した一昨日保険料の請求書が届いているのをすっかり失念、よく見てみると数日前が納付期限日、そこで恥ずかしながら区役所へ事情説明に行く。斯様なことが日常茶飯事と見えて、係の方は丁寧に処理をしてくれた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/20 07:47
No.794 べた足打法(31)テイクバックは真っ直ぐ飛球線に沿って引け
 我が高校の同窓会定例コンペである。在京の同窓生は東は柏、北は久喜、西は熱海に住んでいる。開催地を何処にするかは何時も最大の懸案事項。今回は湯河原カントリークラブ。真鶴から10分山に入る。クラブハウスから、或いは、コースの至る所から、駿河湾の蒼海を一望できる。眺望のコースと呼ぶべきであろう。  何時もながら、ここのグリーンは難しい。真鶴半島に向かって滅法速い。オーガスタのグリーンと双璧と言う人もいる。オーガスタはスティンプル・メーターで12.5近辺らしいが、グリーンのアンジュレーションが難しさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/18 06:02
No.793 べた足打法(30)トップとダフリ
No.793 べた足打法(30)トップとダフリ  仕事関係の仲間とゴルフで足柄森林CCへ行く。天気予報が狂い朝から雨。気温は真冬並み。風邪が一向に良くならないから、欠場を覚悟しながら迎えに来てくれた車に乗り込んだ。ゴルフ場に着くと小雨、チェックインしてコーヒーを飲んでいると本降りとなり、そして雪となる。全会一致でギブアップし、御殿場近くの「時之栖」で温泉に入ることにする。早い目の昼食を時間を掛けて楽しみ、温泉に浸かる。各種の温泉があるが、特に気持ちよかったのは、イスラエルから取り寄せた塩で塩分濃度が海水の10倍、30%強で死海を再現した温泉、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/17 07:37
No.791 べた足打法(29)タイガー・ウッズ久しぶりの勝利
 タイガーが遂に勝った。喜ばしいことだ。 セックススキャンダルに塗れた彼が戻ってきたことに意味がある。彼の行為を完璧なまでに批判できる人間が果たして何人いるだろうか。羨望すら持たなかったと言える人は果たして何人いるのだろうか。一芸に秀でただけの彼に何故全人格を求めるのだろうか。Mark Soltau(TigerWoodsFoundation.org)の記事を要約する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/15 05:24
No.790 べた足打法(27)パットは割り切りだ
 エイジーシュートの話を何度か取り上げてきたが、ホールインワンと何れが難しいだろうか。Golf Digestによると、ホールインワンはアマチュアで12000回に1回(1回/3000ラウンド:0.03%)、エイジシュートはシングルの人の2%(シングルになる確率1%:0.02%)らしいが、偶然性のあるホールインワンと絶対的技量が必要なエイジシュートとでは難易度は比較にならない、というのが大勢の意見のようだ。  74歳と73歳のお二人の先輩とラウンドする機会が多いが、御両人とも矍鑠たるもので老いを全... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 05:52
No.789 べた足打法(26)短いパットはカップを決して見るな!
 大阪からの友人と昼食で四股たま飲んで帰宅。翌日のゴルフに備えて早い目にベッドに入る。ところが真夜中に吐き気がする。食中りかと思うも朝になると大したことはない。ホームコースへ出かける。引き続きショットの調子が良い。短いパットを外すもののそこそこのスコアで前半を終える。昼食を取ろうとすると、激しい疲労感と言うか体の怠さに襲われる。熱も出てきた。とてもでないがラウンドできそうにないほど気怠い。が、そこはゴルフ狂、這ってでもやるつもりだから水をしこたま飲み後半へ。  後半も最後の2ホールで短いパット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/13 05:15
No.788 べた足打法(25)杉原輝雄と言う男、見事だ
 久しぶりに単身赴任の友人が帰京した。色々と近況を聴く。何処の会社も、震災不況か、欧州金融不安か知らねども経費圧縮にこれ務めている様子。ITバブル以降、日本企業はその企業体質改善強化に懸命に励んできた結果、未曽有の内部留保を持っているにも拘らず。有態に言えば不況に強い体質になったと言うこと。であれば、円高の今日的環境をフルに働かせて、世界企業として冠たるものを築き上げる絶好の機会と見るが、必ずしもそれほど戦略的とも見えない。今日の利益確保に走る経営者ばかりか。  彼の会社も、井の中の蛙で終わる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/12 06:58
No.787 べた足打法(24)サンドウェッジの溝の効果
 最近、ロンドンのパブのトイレにゲーム機が置かれて、放尿してゲームを楽しんでいるようだ。ロンドンの英人二人に様子を訊いてみた。一人は知らないと言い、一人は二日前に開設されたスキーゲームだ(the player guides the skier by peeing on different parts of the urinal!!)と細かく説明してくれた。その内の一人は、最近、ロンドンでスクリーンゴルフを楽しんだようで、この種の遊びは英国では珍しいが日本ではさぞや普及しているのでしょうね、と言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 05:27
No.786 べた足打法(23)右踵が浮くとシャンクしやすい
 途或る外国の方からメールを戴いた。良い仕事があるがどうか、との話である。一度リタイアするともう一度モチベーションを取り戻すのは難しい。お断りしようと思ったが、お会いし話を聞いてからでもと思い直し、出かけた。途或るグローバル企業のアジアパシフィックの責任者の地位を紹介された。興味はあるが条件が合わなさそうだ。フルタイムで働くには、相応の報酬がないと今さら気力も出ない。これほど楽しいゴルフをすっぱりと止めて仕事に戻るには、強烈なインパクトが必要だ。  意外と自信を深めたのは、実践から離れていた英... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 06:48
No.785 べた足打法(22)アドレスとインパクトで足の位置が変ってならない
 練習場の知り合いが、廣済堂千葉へ行くと言う。ツーサムでもプレイできて、カートがフェアウェイに乗り入れられるので、足を痛めている友人と一緒にプレイできるところが気に入った由。ネット友の会に入れば安いことも理由の一つ。初老達も今やネットを駆使して、安くて便利なコースを選ぶ。千葉へ行くにはアクアラインが800円なのも良い。このコースへは2度行ったが、女子プロトーナメントを開催している割にはそれほど品格を感じることができない。狭くて曲がりくねっているという印象である。芝の育ちも今一歩だ。TVでお馴染み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 05:08
No.784 べた足打法(21)トップでのクラブヘッド、手首等の位置は常に一定でなければならない
 テイクバックからバックスウィングをして、トップが決まる。ところが、トップでの腕の位置、手首の角度、シャフトの立ち方、ヘッドの位置は、残念ながらアマチュアの場合、その都度少しずつ違う。微妙に違うのである。手の甲がホンの少しばかり折れていたり、プレーンが僅かにフラットだったり、アップライトであったりして、その結果、ダウンスウィングの軌道がずれる。  ボールにばかり気持ちが向かっていると気付きにくいが、トップでのヘッドの位置、重さを気にしているとこの微妙な誤差に気付く。僅かな差が、芯に当たるか、僅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/08 06:43
No.783 べた足打法(20)下半身が振れないように右足を開く
 皮膚癌の疑いありと思い込み病院で見て貰ったことは先日書いた。夢を持って勉学に勤しみ、会社に入っては只管仕事に熱中し、自分では納得してリタイアした。そこそこの人生であったと思っている。老後も元気でゴルフに狂っている。だから、人生の幕引きは如何なることであっても覚悟はできている、冷静、理性的に見つめることができると確信していた。  正直に言おう。現実は少々異なる。医者の結論を聞く前の心境は、狼狽えると言うことはなかったが、例えて言うならば、突然、警察官に呼び止められた時の気分である。悪いことはし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/07 08:06
No.782 べた足打法(19)トップする理由その5 手が浮くからだ
 11月13日に終幕した豪州オープンで、ジョン・デイリーは初日の11番ホールにて6発池に打ち込み、ボールが無くなったのでこのホールで棄権した。ゴルフクラブと異なり、ボールは誰からでも借りられるし入手できる。ところが、トップクラスの大会ではワンボールルールが適用されているから、認可球で且つ同一ブランド、同一タイプでなければならない。現実的にはプレイ進行を普通以上に遅延させることなく、同一ボールを入手することは難しい。トッププロでなくとも6発もなくすとは夢想だにしなかったであろう。ジョンの心中如何ば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/06 07:14
No.781 べた足打法(18)何故、べた足打法が良いか
 太腿に痣ができて時々痒くなる。もう20年以上もの付き合いである。一念発起して病院で見て貰うことにした。癌かも知れないと脅されながら、皮膚科を訪ねた。年の頃45歳前後か、正直者の顔をした医者は、癌ではないが念のため除去しましょうと言う。液体窒素を数十秒当てて殺す。2週間後にもう一度処置をするとのこと。  合わせて、長年気が掛りであった背中の吹き出物とお尻の瘤も診断戴く。病気の徴候ではないので放置することにする。水虫も診て戴く。ところが水虫ではないと言う。驚いた。似て非なる病気だそうだ。これは薬... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/05 05:27
No.780 べた足打法(17)アドレスでは左脇を締めて構える
 バックスウィングの上げ方が重要だと幾度となく書いてきた。正にその通りであるが、日々狂うのもこれまた人のなすこと。アドレスからして、毎回同じように構えているとは限らない。  テイクバックが真っ直ぐ後ろに引くことができない、何故だと練習中に考えていた。真っ直ぐ引いているつもりだが、若干外に上がったり、内に引いたりしている。その結果、ダウンスウィングで右サイドが被って降りてきたり、右に押し出したりする。常に、クラブをインサイドに引き下ろさなければならないのだが、安定しない。  この原因を逆から考... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/04 05:33
No.779 べた足打法(16)その日の最初の短いパットを外すと何故一日狂ううのか
 久しぶりのホームコースである。メンバーは、医者二人と某一部上場企業の元会長、何時ものメンバーである。茨城で調子が良かったから、自信を持って臨む。ところが1番ティーショットをトップする。気を取り直してセカンドを踏ん張りパーオンパー。これで調子に乗り、38で上がる。アイアンが引き続き切れている。インに入るとドライバーが弩フック気味になる。セカンドを殆どラフから打つことになった。幸い今日は寄せとパットが絶好調で後半も39で上がる。ドライバーが14回中6回しかヒットしていないのにこのスコアは満足である... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 06:11
No.778 べた足打法(15)ラウンド中に不調の原因を検証するな
 練習通りに何故打てないのだろうと悩み、ラウンドイップスになったのではないかと疑ったり、落ち込み打ちひしがれること頻りだ。練習は人一倍しているつもりである。その成果は練習場のショットに如実に表れている。ところが、ラウンドでその球足が打てない。これが全ての始まりだった。そこで、ラウンド中に、練習のショットと今のショットと何が異なっているか懸命に模索を始める。こう振るのだったか、いや、あーだったか、と迷い、そして深淵の泥沼に入ってしまった。  上手く打てない時に、スウィングを構成する重要なファクタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 05:25
No.773 べた足打法(10)得意クラブが出来れば全てに余裕が生まれる
 栃木県2戦目は、トンプソンナショナルカントリー倶楽部である。宇都宮から50分弱。北関東自動車道都賀ICの近くにある。久喜に住む友人から勧められたコースだ。レギュラーティで6200Y見当、アップダウンもある山岳コースだ。インからスタートする。広々としたフェアウェイで気持ちよく打ち下ろしていくが右サイドにワンペナラインがあり、左を狙うとOBラインが隠れている。スタートホールにしては距離があり歯ごたえ充分だ。11番はセカンドが池越えになるが距離がないので易しい、12番は池越えのショート、奥行のないグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 05:23
No.771 べた足打法(8)懐の深いバックスウィング
 栃木県へ1泊2ラウンドの遠征である。友人は4時半に起きて自宅を5時にスタート、途中で我らも合流し、3時間のロングドライブとなる。これぐらいドライバーが飛べば嬉しいのだが、こちらはショートアイアンがよい。  東北道矢板ICから20分ほどのところにある琵琶池ゴルフ倶楽部が初日である。打ち放しゲージが数打席あり練習ボールが無料で置かれている。スタート前の肩慣らしとしては十分なサービスに満足。前の組はご老人の数組のコンペ、ゆったりと楽しんでおられる。午前中のラウンドは約3時間。  レギュラーティか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 17:15
No.770 べた足打法(7)左ひざの動きは如何にあるべきか
 ミズノのMP650ドライバーが肌に合ってきたので、石川遼君のヨネックスのドライバーを売ることにした。テイラーメイドR5とセットで8000円であった。高いのか安いのかは分からないが、倉庫に寝ているものが価値を生んだと思うと大満足。これを元手にヤマハImpres X アイアンセットを買う。GXを使っているが、遠征用にもうワンセット欲しかったからだ。違うメーカーの物も考えないわけではなかったが、GXは後5年は使うから、ならば同じヤマハのクラブをセカンドセットとして持つのがベターと考えた次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/24 05:35
No.768 べた足打法(5)腰が回らないとべた足では打てない
 べた足打法は意外と難しい。足の裏がべったりと地面についていると左への体の回転に歯止めが掛ってしまう。いくら下半身を回そうとしても回らない。上半身すら動きにくくなるから、手打ちの典型となり易い。トップで右腰を(左腰をとも言えるが)ぐっと入れて、体の捻転を十分にして、これを一気に左回転で回し切る。腰を使わないとべた足では打てない。手打ち防止策としても効果がありそうだ。  林由郎は言う。「右足を逃がして腰を回し過ぎる癖は、右足の爪先を外側に向けることで直し、右足を動かないようにします。右足の親指の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 05:13
No.764 べた足打法(1)打撃フォーム大改造
 現状に限界を感じ、スウィングを大改造することにした。今まで完全独学でやってきたが、初めてプロに師事することにする。今日が最初の顔見世である。約束の時間の2時間前から、みっちり練習して備える。  数球自分なりに打つように言われる。マーマーの玉を打つ。そこでビデオを見せられる。テイクバックが外に上がり過ぎていること、そこからループして正しいダウンスウィングのプレーンに戻していること、アドレスでボールから離れすぎている為そのまま振れば届かないから、ダウンスウィングで上体を突っ込ませていること、スウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/18 19:57
No.763 ドローボール(15)再びマイク小西
 横浜の碁会に出る。7子置いて隅の詰碁を誤り惨敗。3子置かせて、今度は隅の詰碁を誤らせて勝利。隅の生き死には難しい。保険を掛ければ良いのだが、それでは一手損となる。ぎりぎりで頑張るには気力も棋力も要る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 05:09
No.762 ドローボール(14)マイク小西のゴルフ理論
 バックスウィングを如何にするかは、その後のスウィングを決める最初の重要なポイントである。マイク小西は、斯く言う。「左足を踏み込んで始動する軸回転なら右腰はズレない」 「(バックスウィングで)注意しなければならないのは左足の踏込で、左の股関節が頸椎の下に入った時、右の腰が逃げたような感じを覚えることです。しかし、これは逃げたのではありません。腰が逃げると言うのは、腰が後方へ回転すること。従って、尾てい骨の位置が変わらず、それと頸椎を結んだ軸を中心に回転が起こっていれば、正しい動きです」  身体... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/11/16 05:36
No.761 パットの極意(28)距離勘を養う練習方法
 ホームコースへ行く。小雨模様の所為で、キャンセルが相次ぎ空いていた。ドライバーは手首を返す癖を克服できつつあるが、アイアンが奇怪だ。芯に当たらない。9番アイアン以下は良いのだが、それより長いクラブでボールを捉まえられない。  それでも辛抱してそこそこで回っていたが、インの出だしでセカンドをトップしてしまう。手首が浮く悪い癖が出た。それ以降、良いショットと悪いショットが交互に出る。こうなると気分が参る。憂鬱な一日となった。  練習は絶好調だが、その成果がラウンドで出ない。ある種のラウンドイッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 06:52
No.759 ドローボール(12)2ボールパター
 2ボールパターを購入した。道具を買い替えても良くなるとは思わないが藁にもすがる思いだ。練習では調子よく入り、実践で入らないのは心の問題であるのは理解している。若い友人は、「何で今さら?」と言う。最新技術のものが沢山出回っているにも拘らず、これを選んだのには理由がある。師匠が、「真っ直ぐ打ち易いのは2ボール」と言っていたし、試し打ちしてもそう感じたからだ。道具が心の病を治してくれるだろうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 06:05
No.758 ドローボール(11)何故ダフるか、その背景
 昔の仲間と久しぶりに飲む。一人は最近狭心症の手術を受けたと言う。我らは斯かる年齢になったとしみじみ思う。煙草を嗜んでいたが止めたとも言う。私も頸動脈狭窄症である。比較的早い時期に煙草をやめたから命を永らえたと思っている。酒は百薬乃長というが煙草は百害あって益なしだ。  煙草を止めるのが難しいのは、嗜む時間を選ばないからだ。昼間から酒を飲むことはないが、煙草は四六時中嗜むことができる。だから止め難い。止めるには、意識不明まで酔っぱらい早く寝て煙草を嗜む時間を少なくするしかない。薬で止められる人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 05:11
No.757 ドローボール(10)左へ振り切れば、手首は返らない
 ホームコースへ行く。毎週のように顔を見る航空会社の元役員と一緒である。彼の元上司が私の大学の同級生である。年に1度程度同窓会で酒を飲むが本当に世間は狭いと感じる。我が同窓会は、大体10数名が集まり、ワイワイガヤガヤと飲む。今年で現役は一人もいなくなった。新聞に名前が出るような同窓も何人か来る。悲喜交々の思いを秘めてきているが、誰も気にしないし、気付いていない振りをする。  ベテランのメンバーが、シャンクが止まらないと悩んでいる。前の組が混んでいたので、アプローチの練習をしていると心配していた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/11 06:13
No.756 ドローボール(9)下半身を切り返し、クラブを縦に下す
 フランス料理の世界大会「ボキューズ・ドール2007年」のドキュメントを見る。日本から長谷川幸太郎が出場し6位を獲得した1年に及ぶ記録映像である。この大会は比較的新しく1983年にフランス・リヨンで開催された外食産業見本市のイベントとして、名誉会長であったポール・ボキューズが世界の著名なシェフに呼びかけて開催したフランス料理の国際コンテストである。その後、2年置きに開催されている。御本家フランスは当然として、ノルウェー、スウェーデン、或いはスペイン、食文化を観光の目玉と考える国々は、国家事業とし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/10 05:15
No.755 ドローボール(8)伝説のベン・ホーガン
 川崎駅西口のラゾーナ1階にあるフードコートで、すみれのラーメンを食する。札幌の評判のラーメン屋である。味噌ラーメンを選んだ。評判通りに濃厚な味は若い人の人気を集めるに十分かもしれないが、正直がっかりした。スープに嫌な臭いが残る。恐らく出汁を取るときの前処理で一手間かければ消える臭いだ。家内は塩ラーメンを頼んだ。あっさりした味は悪くはない。だが、同じように出汁に嫌みが残る。つゆと麺は確りしているだけに残念なことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/09 07:02
No.753 ドローボール(6)左上への振り抜きがボールの切れを呼ぶ
 浜松シーサイドGCへ行く。早朝のスループレイである。何時もの友人たちと一緒だ。1番ロングホール、ティーショット、セカンドとまずまず、第三打も感触の良いショット。にも拘らず、ボールはフックしてグリーン左下へ零れる。2メートルの打ち上げの寄せだ。自信あり。ところが距離感が合わずショート、エッジからも寄せられず。次のホールで何とかパーを取るも、3番長い池越えのミドルでティーショットを右に押し出し、右ドッグレッグしている為にグリーンを狙えず、無理してぎりぎりを狙うも立木に当たり真下に落ちる。またまたグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 06:50
No.752 パットの極意(27)パットからプレッシャーを取り除く思考方法
 東京からの知人は遅くの新幹線で浜松から帰京。私は、宿泊し翌日ゴルフである。会食後9時半過ぎに、浜松在住の別の知人と待ち合わせをして、旧交を温める。浜松駅前の途或る居酒屋に入る。店員が「金曜日は混んでいますから、2時間の時間制です」という。我らに異存はない。2時間もあれば酔い潰れてしまう。だが、10時になると殆どの客が一斉に帰る。店内はガラガラとなる。時間制など無関係。金曜日の客には取り敢えず2時間制をを伝えるのがこの店のマニュアルなのであろう。だが、マニュアルも時と場合で、客を不愉快にさせる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/06 05:07
No.750 アプローチの極意(25)方向性を誤らせる要素はテイクバックにある
 日本海側を旅するのはリタイア後3度目。最初は、夕日の名所秋田県男鹿半島から小坂銅山、田沢湖を回り角館の武家屋敷を見た。二度目は、島根。出雲大社からこれまた夕日の名所日御崎、石見銀山を観光した。何れも夕日の名所であるが、天候に恵まれず夕日は見れず。  新潟県を日本海沿いに走ると夕日の名所ばかりが目につく。今回も雨若しくは曇りで諦めていた。ところが、最終日、燕三条の地産センターで買い物をしていると、薄っすらと太陽が見える。微かな期待を胸に、新潟県景勝百選の一位に選ばれた出雲崎へ向かう。上空は晴れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/04 06:16
No.748 ドローボール(3)日本のリンクスのメッカたらん
 新潟の旅は二日目。岩室温泉から再び海岸線に沿って北上する。国道113号線は防風林の中を真っ直ぐに伸びる。車は殆ど通らない。すぐ横を国道7号線が走っている。邪推だが、田中角栄道路ではないかと勘ぐりたくなる。都会の税収が斯様に地方で使われるのには違和感を覚える。もっと地域振興の為に使う方法があるはずだ。文化センターと言う名の立派な箱モノと閑散とした道路で地方の発展はないだろう。  村上市は鮭で有名だ。イヨボヤ会館と言う鮭の博物館まである。だが、見るべきものはない。その横のサーモンハウスの食堂は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/02 05:46
No.746 ドローボール(1)ダウンスウィングでインサイドから下す
 先日亡くなった大先輩の葬儀に参列する。にこやかな笑顔の遺影を見て、改めて人の儚さを思う。  知り合いの会葬者との立ち話で思わぬ話を聞く。虫歯の治療の最終段階で被せものの寸法合わせをしている最中に、これが落ちて、思わず飲み込んでしまったとのこと。気管支に挟まり、それをカメラ付きの管で取り出したそうだが、苦しくて涙が出たそうだ。何処で不幸にあうか判らない。注意注意。  帰路、大先輩に誘われて入会した横浜の碁会へ、思いも新たに立ち寄る。2勝1敗。大先輩が陰から力を与えてくれたのであろう。最長老と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/31 05:37
No.745 バックスウィング(30)ベン・ホーガンの言葉
 勇躍マッチプレイに挑む。初戦は不戦勝になったので遅くコースに行く。2回戦は11時半ごろのスタートと予測して、ゆったりと準備をしていたが、意外と1回戦が早く決着し、30分ほどしか時間が無くなってしまった。慌てて打ち放しで体を温めるも、動揺しての練習は良い当たりが出ない。相手は、10数ホール実戦ラウンドを済ませて、臨戦態勢万全である。私は、多少の不安を抱えてティーショットを打つ。弩フックである。数組のプレイヤーが観戦している。待たせては悪いから駆け足で二打を打ちに行く。良いショットは望むべくもない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 06:10
No.744 バックスウィング(29)臍下丹田に力を入れろ
 マッチプレイに備えて練習ラウンドにいく。雨模様なので中止するか否か迷いに迷ったが、雨の練習も必要と考え行くと、キャンセル続出で朝一番のスタートとなる。私の気持ちの勢いにお天道様も気後れしたのか、雨が上がり薄日すら差す。自信満々で臨んだが、臍下丹田に意識が向かいすぎて、スウィングが奇怪になる。後半になりやっとクラブが縦に降りてくるようになった。他のことに意識が向かうと、外から降りる悪い癖が直ぐに頭を擡げる。誠に厄介な病気だ。  金融関係の二人組と一緒であったが、二人とも頗る飛ばす。250ヤード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 20:02
No.743 バックスウィング(28)ボールの位置で球筋は大きく変わる
 碁を覚え始めている友人二人と打つ。一人は先生について習っている由。成長著しく6子置かせて打つも苦しい。もう一人の友人は、伊豆の山奥の出身。故郷の最勝院(曹洞宗3本山の一つ:1433年鎌倉時代の創建。伊豆の山奥にこれ程荘厳な名刹があるとは信じられない)でのお父さんの葬儀に参列したが、式の最後に5人の僧侶が和歌を献上する荘厳な格式の高い葬儀であった。碁は初心者と言うが、なかなかどうして可なりの腕である。6子で打つも攻められ放しで、最後まで凌ぎ勝負となる。何れも際どく勝ったが、6子の碁は勝負を考える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/28 06:46
No.742 バックスウィング(27)切り返しで左腰が浮くととプッシュアウトとなる
 関内の碁会に出る。1局目は10目負け。2局目は、やや優勢に進めていたが、突然、ドンと言う音がして誰かが倒れた。見ると先日ご馳走になった大先輩である。大騒ぎで救急車を呼ぶ。一番若い私が付き添う。病院まで約10分、待合で待つこと40分。医者から呼ばれて、死亡立会いを求められる。この間、アッと言う間の出来事であった。ご家族に連絡を取り、会社の秘書室に電話したり、関係者に電話したり、慌てふためく。  会社のOB20名が参加した碁会、久しぶりの盛会であったが、大先輩の霊が関係者を呼んだのではないかと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/27 15:43
No.741 バックスピン(26)ヘッドスピードを上げる方法
 タイ遠征メンバーと打ち合わせを行う。昼食に合わせて大戸屋へ行く。新規開店した新しい店舗である。未だ新しい匂いに満ちている。偶々空いていた奥の小部屋に通される。取り敢えず、ビールを飲む。肴に唐揚げ料理を3種類頼む。美味くて安い。その後、清酒に変えて、サバとホッケの焼き魚も。焼き方にやや難ありか、パサパサして香ばしさに欠ける。気が付けば清酒を7合飲んでいた。酔っぱらうはずだ。奥の小部屋で良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/27 15:18
No.738 バックスウィング(23)コース攻略戦略とはパーを目標にすることではない
 クラブのシニア選手権大会予選に出る。何としても予選は突破したいと考えていたが、何とか本戦へ進むことができた。次週以降が楽しみである。決して出来は良くなかったが、一打一打を大切に、終わったホールのスコアのことは忘れて集中したのが良かったようだ。  予選突破スコアは過去の実績から推定できるので、ともすればその数字から毎ホール、オーバーパー分を引き算していくことになりがちである。そうすると、ホールが進むにしたがって、ミスが許容される数字が減ってくるので、それに応じてプレッシャーが強まることになる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 05:35
No.737 バックスウィング(22)ヘッドスピードが遅くても230ヤードは楽に飛ぶ
 パワーがボールに100%伝われば、ヘッドスピード40程度でも、230ヤードは飛ぶ。小学生が230ヤード飛ばすと言う話を聞いて、何か特別な事情があるに違いない、と思うかもしれないが、自分のエネルギーを全部ボールにぶつけることができるなら、いとも簡単なことだ。  インパクトの瞬間から逆算すると、先ず第一に、ボールにヘッドがスクウェアーに当たることが第一。仮にスクウェアーに当たっても、ヘッドのインパクト前後の軌跡が飛球線と同じでなければ、ボールには横回転が掛るからロスが起こる。と言うことは、インパ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/22 05:40
No.736 バックスウィング(21)何故トップでクラブは寝るか
 某有名酒類製造会社の元社長のスウィングの素晴らしいのは、トップでクラブが寝ないことである。だから、ボールをフェイスでスクウェアーに捉えることができている。  トップでクラブが寝る人が多い。トップでクラブが寝ると、当然、ダウンスウィングでも寝て降りてくる。これでは薄い当たりしかでない。何故、トップで寝るのかと言うと、実は寝かせているのである。大きなトップを作ろうとしても、身体が硬い人は、クラブが地面と平行になるまで体を回転させることはできない。にも拘らず、大きく振りかぶろうとすれば、腕を曲げ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/21 05:36
No.735 バックスウィング(20)アウトサイドインに振ればスライスは避けられない
 ホームコースのコンペに出る。初対面の方二人ともう一人は某設備会社の元副会長。ティーグランドで挨拶をすると、貿易商の方から、「楽老さん、関西ですね」と言われる。学生時代と入社2年しか関西にはいなかったのだが、何時の間にか訛りが身にこびり付いてしまったようだ。この方も言葉の端々に大阪弁の匂いがする。関西学院の出身とのこと、我が社にも毎年20名近く入社している。もう一方は福井県の出身。そう言えば、三方五湖の蛍が綺麗であったのを思い出す。40年前に家族で旅をした。水田に蛍の群れが無数に飛び交う様は、誠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/20 05:34
No.734 バックスウィング(19)ノーコック打法では距離は稼げない
 大学時代の友人と、鴨川カントリークラブへ行く。友人の運転で富津中央IC経由で行く。横浜から丁度2時間である。アクアラインを渡り、館山自動車道の富津中央で降り、県道88号線で山道を走り、長狭街道に入り、鴨川市街から再び山道に入る。猿の野生地あり、紅葉が始まろうと言う渓谷あり、房総の田舎山間部を満喫するドライブである。アコーディアのホームページでは、富津中央からゴルフ場まで21.77Kmと書かれているが、実際は40Kmを超えている。マンションの売り込み広告では、駅からの距離と時間の表示方法は法律で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/19 06:24
No.733 パットの極意(26)カップへの方向性を正しく見る姿勢は個人毎に異なる
 横浜の碁会に出る。2局打ち、何れも中押し負け。殺した石が生き返る離れ業を掛けられて茫然自失。アッと思った時は既に遅し。ゴルフも一緒。打ってから、アッと叫ぶことばかり。自戒と言う言葉は楽老の辞書にないのか。  193人いた同窓生のうち同窓会に来たのは35人だった、とか、心臓手術でペースメーカーを入れたとかの話題が身近なものになってしまった。この種のテーマには近づきたくないが、向こうから寄って来る!勿論、女が出来たというような噂は全く聞かない。人間齢は取りたくないものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/18 16:13
No.732 バックスウィング(18)何故引っ掛ける?何故、ダフる?
 ホームコースへ行く。某電機会社の役員と一緒である。現役の忙しい合間を縫って、ゴルフを楽しんでいるようだ。左利きで肩と腰の入った素晴らしいフォームで打つ。特に、左肩がインパクトからフィニッシュに掛けて、プレーンをなぞる様に綺麗に回転する。成る程、左肩は斯く動かねばならぬのか、という見本の如しである。  業績が望むような速度で回復しないことを嘆いておられたが、所詮、経済循環は歴史の必然である。人間の欲と反省が繰り返されると考えれば、ご納得いただけるだろう。ということは、やがて現景気も好転すると言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/17 05:11
No.731 バックスウィング(17)ミスショットを取り返そうとするな
 ホームコースへ行く。ゴテゴテの関西弁の方と初めてご一緒する。訊けば、和歌山桐蔭から大阪市大へ行った純粋の関西オリジンの方である。私の同僚も市大卒で、良くご存じであった。世間は狭い。同い年だが相手は未だ現役、パワーが全く異なる。当たれば飛ぶ、擦れば弩フックである。フックする時は腰が止まっている。本人に自覚はないが傍から見れば明らかだ。パートナーがそのことを指摘すると、見違えるように真っ直ぐ飛び出した。流石、経営に責任を負っているだけに修正能力が高い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/16 05:45
No.730 バックスウィング(16)クラブは縦に動かせ
 大学の先輩の伊豆の別荘へ遊びに行く。大室山の麓である。この界隈、朝獲れの鮮魚が手に入る。これを味わう会である。伊東駅に先輩が出迎えてくれて、その足で食材の仕入れに向かう。刺身は、いさき、鯛、黒むつ、かわはぎ、烏賊を買う。それに西洋炊き込みご飯用に、エビ、イカ、タコ、貝柱、ハマグリ、鶏肉を手に入れる。  肴1号は、豆腐ステーキ。ねぎ満載で鰹節と醤油で味付け。刺身を抓んでいる間に、オニオンスープを作る。玉ねぎを40分炒めて、狐色に変ると西洋出汁を入れ、味を調えればOK。サラダは、紫玉ねぎ、レタス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 05:55
No.729 バックスウィング(15)バックスウィングでフェイスを開くな
 朝日新聞の根岸敦生は、5日付のコラムで、日本女子オープンのコース設定が、現在の女子の実力に比して難しすぎたことを、批判し、難癖をつけている。曰く、「ナショナルオープンも興業」「我慢、忍耐が多い世上だ。ゴルフ場ぐらい別天地でも良い」 そして、挙句の果てに「この設定で、男子プロが・・・いくつをマークできたであろうか」と嘯く。   この記者は、ことゴルフに関しては無学文盲の誹りを免れることはできない。ゴルフは決してショービジネスではない。世界共通のルールで戦うスポーツである。ところが、日本には、こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/14 05:40
No.728 バックスウィング(14)腰が開き振り遅れるとボールは右に出る
 川崎の碁会に行く。1局目は互先で勝ち、2局目は4子置いて優勢の最終局面で、抑える場所を間違い、出入り16目の損。これでは勝てず。錯覚ではない。集中力の衰えである。  懇親会で、割り勘にしたが何故か丁度5000円不足。1万円札を出したつもりで、5000円のお釣りをもらった人がいたのであろう。皆老齢で酒が入っているから、誰もその責を負わない。全員でその分を再び割り勘。割り勘の割り勘である。侃々諤々、阿呆らしい。ところで、阿とは、「過去を悔いて、将来の展望を語れない状態」で、呆とは、「未来を憂えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/13 05:45
No.727 バックスウィング(13)脊髄は左右に傾いてはいけない
 学士会館で大先輩と待ち合わせ。時間があるから、久しぶりに母校のPRビデオを見る。知の流れとか色々と語っていたが、理念の感じられない映像であった。大学とは何か、その存在意義とは何かを、語っていない。企業の研究機関との違いは何か、アカデミズムとは何か、を深く掘り下げてほしい。未知の開拓、それだけを目的とした組織は、ギリシャのその昔から、人類の財産である。大学無くして人類の進歩は無かった。経営を考える大学に成り下がってはならぬ。人類の崇高さとは何かを、予算を決める官僚に訊くのは野暮か。  囲碁を2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/12 05:30
No.726 バックスウィング(12)修正したいところを弄ってもよくない
 横田めぐみさんのお父さんのことを書いたが、その縁で札幌南高校卒業生からメールを戴いた。その中で、No.717で書いたジョークの解釈について、貴重な指摘があった。言葉使いの悪いゴルファーに、牧師が「良いゴルファーは汚い言葉は使いませんよ」と窘めるのに、what the hell do they have to swear about? と口答えする話である。私は、何と言って彼らは毒づくのですか、と訳したが、「(1)怒りが収まらず、更に"the hell"を使ってしまうこと (2)Best gol... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 06:27
No.725 バックスウィング(11)チェックポイントをチェックポイントとするな
 同窓会二日目は、ミルフィーユゴルフクラブである。昨日のトーヨーカントリークラブと大違いの絢爛豪華な白亜のクラブハウスが出迎えてくれる。これだけ建物に金を掛ければ経営は苦しいだろう。  イングランド、スコットランド風が設計コンセプトであろうか、フェアウェイは瘤だらけで、日本離れした印象を受ける。だが、フェアウェイが狭く、両サイド杉林の山肌が迫るホールも多く、狭い敷地を最大限利用している日本設計そのものでもある。池を効果的に取り入れたレイアウトは、各ホールを特徴付けて飽きさせない。  アウトは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/10 05:05
No.724 バックスウィング(10)スウィングプレーンはフラットになり易い
 高校同窓会の一日目のゴルフを終えて、居酒屋で打ち上げる。五井駅前の「遊酒」へいく。輸出商社を経営している友人は、焼酎派である。これに釣られて、8人で焼酎一升瓶2本開ける。ここは居酒屋の割には美味い魚を食べさせるし、その他のメニューも豊富だ。凝り過ぎて玉成度の足りないものもないではないが。  飲み足りない3人組が私を引き込みホテルで飲み直そうと言う。早寝早起きの楽老としては寝たいのが本音だが暫し付き合う。サッカーの話になった。輸出商社の社長が高校時代にサッカーをやっていたと言うが、大手化学屋は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/09 05:10
No.723 バックスウィング(9)飛距離の魔力
 高校の同窓生8人と1泊2ラウンドのコンペを、千葉県で行う。多摩センターに住む友人に横浜駅でピックアップしていただく。大変な遠回りで申し訳ない。  房総半島の東海岸に近いトーヨーカントリークラブである。日曜日で@13,000昼食付に惹かれてここに決めた。コンパクトなクラブハウスが気に入る。他のクラブに見られるバブルの殿堂は成金趣味で気に入らない。但し、如何にコンパクト設計とは言えローカーは狭くて小さ過ぎる。  コースは、アップダウンが激しく、フェアウェイも狭い。白杭と黄杭ばかりが目に入る。斜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/08 13:22
No.722 バックスウィング(8)左手グリップの型
 映画「Good Morning Vietnam」を見る。ベトナム戦争の最中に、ラジオのDJとしてサイゴンに派遣されたコメディアンの奮闘記である。珍しく戦闘シーンが全くない。現地ベトナム人とも交流しながら、軍部の石頭の将校と戦い、自由奔放な活躍を描いた、ある種のコメディーである。親交を深めた若いベトナム人がベトコンと分かり、コメディアンは叫ぶ。「何故、テロリストになった? 俺たちはベトナムを救いに来ている。その仲間を何故殺した? お前さんを友達と信じていたのに!」 若いベトナム人は反論する。「米... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/07 06:40
No.721 アプローチの極意(24)腰と肩の線を飛球線とパラレルに
 日本女子オープンを見る。バンカーに囲まれた小さな固いグリーン、深いラフ、狭いフェアウェイという和合の高難度の条件では、ラフも刈り込み、グリーンも柔らかくしてあるツアーに慣れ親しんだ日本女子ツアーメンバーにアンダーパーを期待できない。にも拘らず、ラフに打ち込み、ボールも見えないのに、果敢にグリーンを狙う選手が殆ど。無謀にグリーンを狙い、ラフを脱出できず、不貞腐れている選手が如何に多かったか。難しいセッティングでの経験不足を露呈している。恐らく心の中で、コースセッティングに不満を溜めているのであろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/06 06:53
No.720 バックスウィング(7)背の低い人はガルシアのセットアップを見よ
 腹に突起ができたので、見て貰いに行く。痛くも痒くもないが、段々と大きくなってきている気がするから不安だ。超音波検査を受ける。ものの5分ほどで検査は終わった。突起部の成分は脂肪分と同じだと言う。何らかの事情で脂肪が寄り集まったようだ。リタイア後、6キロ以上痩せたにも拘らず、体はまだまだ余分な脂肪で溢れているようだ。運動不足、ゴルフの回数が足りないと言うことか。年間130ラウンド以上しているが、神は私にもっとやれと言うのか。あー、神様、感謝いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/05 06:06
No.719 バックスウィング(6)グリップエンドがボールを指す
 横浜の囲碁会に出る。定年後に入会した会で、初対面の方が殆どである。とは言うものの、回を重ねるに従って、知古の仲に成長していく。一切の柵がないから楽しいのであろう。3番打つも、全て上手相手に格闘、健闘した、というしかない。碁も性格が諸に出る。攻めていると楽しいし、充実感がある。だが、攻めきれずに惨敗することが多い。人は、攻めるだけでは駄目だと言うが、それでは楽老と言えないだろう、と自己満足する。自己満足は常に勝率と正反対の側にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/04 06:42
No.718 バックスウィング(5)コックのアーリーリリースを防ぐには右脇を締めよ
 息子が結婚した時にプレゼントしてくれ、大事に保管していたブランディを開封する。フランス、ピレネー山脈に近いツールズの郊外アルマニャックのブランディ(Bas Armagnac Labiette Castille)である。世界最古の産地でコニャックより歴史は古いと言われる。土地柄、市場から長年隔離され、それだけに素朴さが維持され、より香り高く、マイルドな味との評判である。(The Wine Press: lots of oak, prune, coffee and toffee on the no... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/03 15:10
No.717 バックスウィング(4)右脇は閉まり、開き、そして閉まる
 ホームコースへ行く。秋晴れの素晴らしい天気だ。すらっとした体格の良い紳士然とした方と初めて一緒にラウンドする。身長を生かした大きなスウィングであるが、中々芯に当たらない。トップするか、右にフケていくかである。我々に気を遣い、直ぐにロストボール扱いをして、プレイを遅らさないように懸命に努力している。  数秒探して見つからなければ、暫定球を打つ。痛いほど気持ちは伝わってきたが、ゴルフを楽しむと言うことは、気持ちよく仲間とプレイすると共に、スコアを日々改善することでもある。許される範囲でボールも探... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 05:11
No.716 バックスウィング(3)テイクバックでは、左手首を最遠距離に動かせ
 予選落ちから気を取り直して、ホームコースで出かける。練習場では、ショットは何ら問題ないのだが。何時ものメンバーと一緒である。親子で来られた方は、同じ敷地内に住んでいるとのこと。「親孝行ですね」と言うと、親父さんが、「さー、どうですかね。孫と一緒なのは良いのですがね」と冗談を返す。ご子息も、「子供は、学校から帰ると自宅よりも、爺さんの家に直行するんですよ」と笑顔で言う。微笑ましい会話だ。昔は普通の会話が今では無くなってしまっている。田舎に一人で住む母親を思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/01 06:41
No.715 バックスウィング(2)肩は脊髄に直角に回転させよ
 高校の同窓会誌が送られてきた。横田めぐみさんのお父さんが先輩であることを知る。更に、お祖父さんは母校の漢文の先生であった由。TV放映でよく見かける人であったが、身近な関係者とは知らなかった。  TVを見て、王将の餃子を食べに行く。店舗の前には長蛇の列、持ち帰りの餃子を待つ車が車道を塞ぐ。マスコミの威力は凄い。東海TVが、東北米を愚弄するテロップを流した問題で、BPOは提言(?)を行った。勧告でなく提言なのも違和感があるが、同様の失言をした大臣の辞任を迫ったマスコミが手のひらを反して、東海TV... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/30 06:06
No.714 バックスウィング(1)トップで右肘は地面を指す
 タイ遠征予定の仲間と飲む。前回は、居酒屋で飲み、腹が減ってラーメンを食べに回ったので、今回は、横浜駅西口の途或る中華料理屋に最初から集合した。ネギチャーシュウが美味しいというので頼んだが、脂身の矢鱈多いチャーシューで老齢の舌にはコテコテ過ぎて食べれない。餃子、回鍋肉、焼きそば、エビ玉も食べたが、油が悪いのか味に切れがない。自宅で作った方が美味しいぐらいであったが、焼き飯だけは流石専門店、自宅ではこの味は作れない。  携帯電話は紛れもなき文明の利器だが、不都合なこともある。実は、集合場所の連絡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/29 06:07
No.713 バックスピン(30)インパクト後右手人差し指を飛球線方向へ伸ばせ
 予選で惨敗して、虚脱状態である。あまりのショックで練習する気になれない。落ちたことがショックではなく、練習通りに打てなかったショックが自らを打ちのめす。酒でも飲まずにはやってられない、と娘夫婦を晩飯に呼ぶ。他愛もない話をしていると何となく心が晴れる。不思議なものだ。  或る時、尊敬する上司が、「面白くない時は酒を飲むな。酒は楽しい時に飲むものだ」と言う。酒豪の上司で乱れた姿を見たことがなかった。その頃、私は仕事が上手くいかない時は深酒をしていた。何処からか聞きつけて忠告してくれたのであろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/28 06:08
No.712 バックスピン(29)ミスショットを悔やむより、次のショットに集中せよ
 いよいよクラブ選手権の日である。予選で16人に絞り込み、そしてマッチプレイに入る。何としても16人に入らねばならぬ。その為に、浜松から5日間連続練習ラウンドを熟してきたのだ。昨日のショットができれば自信はある。トップ4の常連の二人と友人とのフォアサムでスタート。1番は全員パー。2番でローシングルの二人がボギー。友人はバーディ、私はパー。3番で私一人パー。4番も10メートルを沈めてパー。ここまで友人と私はパープレイ。ローシングルは二人とも2オーバー。5番は難度の高いホール。2打でグリーンエッジへ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/27 07:16
No.711 バックスピン(28)飛球線に向かって腕は伸ばせ
 クラブ選手権に向けて、親しいメンバーと練習ラウンドをする。浜松遠征で散々な出来であったから、「調子が悪いので、気付いた点があれば遠慮なくいってほしい」とお願いしてスタートする。ティーショットは右にフケるも、何とかパーオン。すると、「腕が縮んでいる。フォローで真っ直ぐ伸びていない」と指摘された。言われた通り何度か素振りをして、2番のティーショットを打つ。会心。セカンドも会心の当たり。寄せを失敗することがあったが、ショットはほゞ満点。後半も、浜松とは見違えるような素晴らしいショット。3パットがなけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 05:40
No.710 バックスピン(27)腰は止まっても、開いてもいけない
 静岡・浜松3連戦の最終戦は、静岡よみうりカントリークラブである。高速の入り口で、松屋に寄り、朝食を取る。安い、早い、美味いの3拍子が揃っている。経済の循環を考えると、安ければ良いと言うものではないが、個人的には至福の時である。  師匠との久しぶりのラウンド。私の友人と師匠の友人とのフォアサム。だが、ショットの調子は過去最悪で「勝負を挑む」という雰囲気からはほど遠い。練習場で60球打つ。ショットは完璧である。今日こそやれそうだとも思う。だが、スタートすると手首が返る悪癖が治らない。最初のティー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 05:21
No.709 パットの極意(26)不安感は運動神経を支配する
 浜松在住の中学時代からの友人と会食する。繁華街の和食の店である。前夜飲みすぎた反省から、控えめにスタートするが、懐かしい話に舌も進み、喉も欲しがり、結局、泥酔する。友人も近くの葛城ゴルフ倶楽部でプレイをしてきたばかり。スコアを言いたがらないほど悪かったようだ。本来、トップクラスの腕の持ち主である。仕事で気がかりなことがあるのではと、探りを入れるも、否定する。だが、否定するほどに彼の苦境を感じる。  酔っぱらうと、夜中に目が覚める。持参した「数学・まだこんなことがわからない」(吉永良正著)を読... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/24 05:18
No.708 バックスピン(26)ダウンスウィングは右足の前でヘッドを走らせろ
 掛川グリーンヒルカントリークラブへ行く。海外出張で大忙しの友人と一緒である。一度このコースでプレイをしたことがあったと思っていたが、記憶違い。この種の間違いはしたことがなかったが、遂に初老の仲間入りか。  年寄りと労わってくれたわけではなかろうが、若者がキャディ付きの予約をしてくれる。私は、セルフプレイが好きなのだが、暑い盛りだから有り難くご厚意を受け入れる。ところが、このキャディ、年の頃は60云才、リタイアしたのを呼び出されたのであろう。目は見えず、声も出ない。絶好調の我々4人組、だが、隣... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/23 05:41
No.707 バックスピン(25)傲慢になるな、だが、自信は持て!
 久しぶりに浜松へ行く。私の後輩が今年役員に昇格した。一緒に浜松で仕事をした仲間でもある。お客さんと言うより、親しい友人と呼ぶべき3人がお祝いの会を設営してくれた。有り難いことだ。彼と私の同僚も2人馳せ参じてくれた。彼らとは数年ぶりに合う。私が「あの頃の現場は暑くて大変だったなー」と言うと、参加者全員が、いや楽老さんは、指示するだけだった、と宣う。本人にその自覚はないが反論する術もないので、甘んじてご批判を受け留める。  昇格の祝宴であることをすっかり忘れて、皆それぞれに昔話で夜更けまで飲む。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/22 06:08
No.706 バックスピン(24)何故、練習通りのショットができないか
 三島カントリークラブへ大学時代の友人二人と行く。久しぶりの神奈川県でのゴルフである。この界隈へは、もう20数年も前、所謂バブルの真っ最中に、足柄森林カントリークラブへ毎週のように大渋滞の東名高速を走ったものだ。  裾野ICで降りる。すぐ傍に関東自動車がある。仕事の関係でここへも度々出張で来た。何となく懐かしい景色である。クラブは水曜日にも拘らず、大変な混みようだ。予約する時に気付けばよかったが、アコーディアグループであるから、満員と言う言葉は存在せず、お客を断ることは禁句なのであろう。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/21 05:51
No.705 バックスピン(23)スウィングプレーンの傾きは如何にあるべきか
 米国の友人から、途或るネットワークを推薦され、入会した。よく解っていないが会員からの紹介がなければ入会できないようだ。早速自己紹介を送ると、同じような職種のメンバーのリストが送られてきた。よく見ると知った人も多い。このようなネットワークを通じて、リタイア後も親睦を深めようということであろう。米国はこのようなネットワークが立ち上がり機能する土壌が肥沃なのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 05:30
No.704 バックスピン(22)アドレスでの体重の掛け方
 ホームコースの茶店の小母さんが言う。「練習は嘘をつかない。練習すれば必ず上手になる」 「諦めたら駄目よ。必ず上手になれるのだから」 子供を諭すが如しだ。斯様に人は元気づけられると再び意欲が湧く。無理屈!仕事も同じか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 06:04
No.703 低弾道(30)アウトサイドインを治す
 ホームコースへ行く。何時ものメンバーである。クラブ選手権が近づいてきているので、皆真剣にラウンドをしている。今年還暦を迎えた人は絶好調である。安定感が増している。ボギーを叩く要素が見当たらない。多分、予選はパスするであろう。私はと言えば、未だにショットの形が決まらない。とは言え、「手首を走らせる」という新趣向は、私のタイミングに合っているようだ。ショットに切れ味が出てきた。もう少しで「完全復調宣言」が出せそうだ。だが、間に合うか。  手首を返す悪い癖が消えつつあるが、ラウンドすると、ついつい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/18 04:57
N0.702 低弾道(29)肩を回せ!肩は自分が思うほど回ってはいない
 孫に会いに行く。首が座ってきた。何か言葉のようなことを言い始めている。段々凛々しい顔になってきた。笑顔が可愛い。早いものだ。直ぐに這い始めるだろう。息子は現在電力事情から木金が休日である。孫が未だ幼いからでもあろうが、平日休みも捨てたものではなさそうだ。商店が遅くまで開いているとか、病院がそれほど混んでいないとか、休日分散の恩恵を受けているようだ。  休日分散の全国展開は、経済活動の効率性から見ると難しいと思うが、夏時間は是非実施して欲しいと思う。震災後、夏時間に似せて、始業時間を早めた会社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/17 05:13
No.701 パットの極意(26)レイトヒットする気持ちで丁度タイミングが合う
 ホテルの支払いの際、一括でいいですか、と訊かれた。日本ではカードで支払いする際に、必ず訊かれるセリフである。突然、野次馬根性が現れて、「分割払いを希望する人が多いのですか」と逆に問い掛けた。すると、「殆どいません」と言う。ならば何故訊く。海外で訊かれたことは勿論ない。何故か日本のカードの支払い明細には、毎回、分割払い特典の宣伝文句が溢れている。つまり、分割払いはカード会社の利益拡大作戦そのものなのだ。ひょっとすると、分割払いにするとその店の手数料が割引されるのではないか、と疑いたくなるほど各店... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/16 20:30
No.700 パットの極意(24)右手を脱力するぐらいで丁度左右のバランスは取れる
 ホテルサンバレー那須に泊まる。那須塩原駅から40分弱。送迎車には我々だけ。1000人以上泊まれる超大型ホテルである。温泉風呂も巨大なプールを含め幾つもあるようだ。到着後、直ぐにプールへ向かう。家族連れをターゲットにしているのであろう、プールと言っても泳ぐと言うイメージは全くない。ジャグジーが列をなしていたり、至る所に湯溜まりがあるし、長時間温泉に浸かるための工夫が色々としてある。二人でプールの中を歩いて回る。結構良い運動である。プールと直通の混浴風呂も!  夕食は和食のビュッフェスタイルであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/14 04:20
No.699 低弾道(28)左手が曲がるから、オーバースウィングとなる
 嫁さんが温泉プールに入りたいと言うので、那須塩原温泉へ行った。近くに住む息子は、子供に人気があるホテルだが、と懐疑的。JR那須塩原駅につき、時間があるので、近くの那須ガーデン・アウトレットへ行く。英国のアウトレットも日本の他のアウトレットも似たような作りである。よく知らないが同じ経営なのであろうか。平日にも拘らず、大勢の人で賑わっている。勿論、殆どご婦人方であるが。この齢になると買いたいものは限られる。ゴルフズボンを買い、後は、孫の服を沢山。なんとここに「産直市場」がある。生鮮野菜とか地場の農... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 18:38
No.698 低弾道(27)ヘッドを走らせろは間違い、手首を走らせろ!
 平素は予備のクラブで練習することが多いが、偶に正規クラブですることがある。打音が全く異なる。これもメーカーの特徴なのであろう。見かけが殆ど同じ格好をしている少女達でも中身はそれぞれ違っていることを願ってやまない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/13 06:26
No.697 低弾道(26)コックのリリースは如何に行うか
 幼馴染と元部下とゴルフをした帰りに、インド料理屋へ行った。看板にはネパール料理と書いてある。店の人に訊くとインド料理と同じだと言う。Wikipediaでは、ネパール料理は、インド料理と中華料理が融合したものと書かれている。博多料理店と沖縄料理店との違いは日本人にはわかるが、欧米人には判らないだろう。それと同じか。  可愛いアルバイトの御嬢さんが「辛さは如何なさいますか」と訊くので、「普通」と答える。だが、普通の国際基準がある訳ではないし、店の判断に委ねられている訳だから、極めて曖昧な話だ。と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/12 06:51
No.696 低弾道(25)トップでの左手甲の向きがプレーンを決める
 若い友人と一杯飲む。実は、数か月前に手袋を途或る特売で2双買った。これを取り出して使おうとしたが小さくて手が入らない。よく見るとレディース用と書いてある。齢は取りたくないものだ、間違えて買ったようだ、それも2双も。そこで友人の若い奥さんに差し上げようと呼び出した次第である。  この男も調子を落としていたが、嫁さんと一緒に練習に行き、嫁さんのスウィングを見て、腕が縮んでいたことに気づき、右腕を伸ばすようにした途端、完璧な当たりが戻ったそうだ。そして、練習場のプロから、そこそこのアマはインサイド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/11 05:39
No.695 低弾道(24)腰が逃げるのは、腰の回転が止まるからである
 秦野カントリークラブへ行く。東名秦野中井ICから20分ほどの山の中腹にある。前評判は訊いていた。狭くて険しいと。その通りである。  フェアウェイは狭くて、OBの白杭が至る所に見える。各ホール、アップダウンがきつくカートに乗らないと登れない。ホール間の繋ぎ道路も長く、急坂で、その激烈さは他に比較すべきコースを思い浮かべない。おまけにカート道は雨でぬれていたから、30度以上の下り坂ではカートがスリップしそうで死の恐怖感に襲われる。グリーンは剥げているし、芝が伸び放題で、下りでもボールは転がらない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/10 06:40
No.694 パットの極意(23)手首で打つな
 ホームコースへ、会社の後輩と幼稚園から大学までずーっと一緒であった友人を招待する。珍しいメンバーとなったが、これはこれで楽しい。会社の後輩とは久しぶりのラウンドである。彼とは、米国駐在時代によくプレイをした。或る時、シカゴの北部のゴルフコース、Kemper Lake Golf Courseへ行った時のこと。このコースはPGAのトーナメントも行われた名門で難コース。途中で、持参したボールが全て無くなり、近くのブッシュに分け入り、ロストボールを拾ってはショットをして、無くなると又ブッシュに分け入り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/09 16:56
No.693 ボディターン(30)何故トップするか、その対策2
 トップの研究、その2。正しく打てば、ボールの赤道を打ってもトップすることはないから、トップするのは、ボールにエッジが当たるからである。では何故フェイスではなくエッジが当たるのか。インパクト前に手が止まり、ヘッドが先行するからである。所謂、「逆くの字」形になるからだ。  Isckat-golf.netは、「Feel as though your wrists are leading the way on the downswing. Make an effort to keep that le... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 06:20
No.692 ボディターン(29)何故トップするか、その対策
 トップする病気が再発した。原因も対策も既に分かっていると考えていたが、ゴルフはそれほど甘いものではない。もう少し何とかしようと欲が出てくると何らかの不具合がでる。今回はプッシュアウトを解消する過程でトップが出始めた。フィニッシュを左上へ大きく振り上げようとしていたのが遠因であろう。  一旦フォームを崩すと元に戻れないのがアマチュアの悲しさ。あらゆる試行錯誤を繰り返す。  トップする原因は、手元が遅れて、ヘッドが先行し、エッジからボールに当たるからである。そこで考えた対処療法はこれだ。(1)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/07 06:13
No.690 ボディターン(27)手が返らないと飛ばない
 大学時代の友人と京カントリークラブへ行く。PGM傘下のクラブである。成田空港のすぐ傍、手を伸ばせば届きそうなほどの近さで、コースの真上を引っ切り無しに飛行機が着陸していく。忙しい空港である。  クラブハウスと一体となって、二段、三段の巨大な石造りの人工の滝が作くられているが、今では、水の流れはなく滝は単なる水溜りとなっている。朽ち果てたギリシャの遺跡を彷彿とさせる。  コースは、8つある池を有効にレイアウトに取り込んでいる。フェアウェイは、瘤だらけのアンジュレーションで、所謂、英国風とでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 05:04
No.689 ボディターン(25)正しいグリップとは
 練習場は興味深い所だ。同じ人が同じような時間にやってくる。そして、ただ只管に黙々とボールを打つ。その仕草で悩みの深さを知る。言葉は交わさないが、背中で語る物語が判る。そして、その内、時候の挨拶を交わすようになる。段々と仲間意識が強まる。だが、技術論を交わすのは少々問題だ。上手下手に関係なくゴルフ好きは一家言持っている。その琴線に触れてはならない。禁断の実に近づいてもいけない。程よい距離感が快適な練習環境を生む。そう言えば、アプローチも適当な距離感が必要だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/04 05:24
No.688 ボディターン(25)石川遼のプレショットルーティン
 ホームコースへ出かける。雨で先週のラウンドは休み、この間の練習の出来も良くなかったので、不安感に苛まれながらのラウンドである。ショットのタイミングは決して悪くはない。右ひざがテイクバックで伸びあがらないように、右ひざをゆったりと構えるように変えた効果であろう。パットも6メートル級を4発入れた。下半身を安定させてから抜群に良くなった。それにしてはスコアが纏まらなかったのは、60ヤード近辺のアプローチショットが悉くショートしたからだ。2割は短く見積り、10ヤード足りなくなる。70%の力でのショット... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/03 05:54
No.687 ボディターン(24)右肘の動きが悪いとシャンクも出る
 高校時代の友人は、邦楽の師匠である。年に1回演奏会を行う。新杉田駅傍の杉田劇場へ出かけた。300席ほどのこじんまりとした落ち着いた劇場である。箏と尺八が競演する。邦楽に格別の興味がある訳ではないが、やはり日本人か、偶に聴くと心が落ち着くから不思議だ。  楽器としての箏、尺八は良い音を奏でる。如何せん、何れの曲も私には同じに聴こえるのは問題だが。加えて新曲と古典との違いも判らない。それでも、大太鼓が加わった曲は、かなりの迫力で面白かった。古典から大きく脱皮して、時代の変化を先取りするような新曲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/02 06:31
N0.686 ボディターン(23)スウィング中、右ひざの角度を変えるな
 猛烈な豪雨。大人しくビデオで映画を見る。人間の悩みを描いた深刻なものは苦手になった。特に、恋愛ものには興味が湧かない。年齢を重ねると全て自分の経験に基づき判断してしまうからか、或いは、陳腐な結末が見えてしまうからか。だが、結論が明白な西部劇が面白いのは何故だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/01 05:27
No.685 ボディターン(22)ダウンスウィングで右ひざを押し込め
 今秋、タイツアーを一緒にする友人二人と飲む。石原新太郎の評価になった。2対1で悪評が多であるが、擁護派の友人は、「推進力のある政治家は彼位のものではないか」と主張し、多数派は、「彼は独裁者だ」と批判する。酒の肴の議論である。世に欧米ではディベイトと言い、相手を論理的に追い詰めていく知的遊戯である。日本語では詭弁という。ギリシャ時代のソフィストは、詭弁家と訳されている。元来、ソフィストは、哲学者であり、それを生活の糧とする人である。これをソクラテス、プラトンが徹底的に批判し、哲学=真理とは何か、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 07:00
No.684 ボディターン(21)プッシュアウトの原因
 脳神経内科へ行く。頸動脈梗塞症候がでて、8年になる。自慢ではないが、動脈硬化は家系だ。親父も兄二人も同じ病気に罹った。親父と長兄は残念なことになったが、次兄は元気に回復した。「私は長生きできそうにない」と言って、早々と年金生活に入ったお袋は、92歳まで生きた。人の一生なんて分からないものだ。保障されているのは、今だけだ。自分が納得できる生き様を送るしかないだろう。何時まで生きられるか判れば、日々計画的に送れると言う人もいるが、それは間違いだ。日めくりカレンダーではあるまいし、オリンピックの開催... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 06:08
N0.683 ボディターン(20)左サイドの引っ張り合いこそプレーンを守る
 大阪の高校時代の友人から架電あり。仲間で集まり大宴会をしているようだ。大阪時代に彼らとはよく飲んだ。弁護士の声を久しぶりに聞く。彼は、数年前に大病を患い、少々体が不自由な様子だが、頭脳は相も変わらず聡明だ。「仕事が減ってしまってね。頭は何ら問題ないんだが・・・」と電話口の向こうで言う。これもまた風評被害の一種か、と思う。何でもかんでも見かけで選ぶ風潮か。真実を見つめないで、噂で動く国民性か。寂しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 05:30
No.682 ボディターン(19)スウィングの軸は何処にあるか
 古い友人が囲碁を習い始めたと言うので、一局打つことになった。数か月前に一度打ったが、その時は9子の置き碁であった。プロに習っているようで、あっという間に上手になっている。6子で打ったが、とてもでないが碁にならない。結果は兎も角、切れ味鋭い攻めにたじたじであった。次は4子で丁度の手合いになっているだろう。  ご互いに病持ちの年齢になった。彼は目で、私は頭だ。一病息災というから、彼も私も長生きするのではないかと、秘かに期待している。彼もリタイアしているが、企業人として面白かったし、充実し幸せであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/28 05:05
No.681 ボディターン(18)アイアンがトップする真の原因
 横浜の碁会に出る。3連敗。何れも大石が討死。流石に落ち込む。手を戻す勇気が持てない。先を急いでしまう。情けない。・・・・・。    大先輩と本の話になる。私は今、量子力学に興味が湧いている。原子のミクロの世界から大宇宙のロマン溢れる星空まで、知的好奇心を擽る。宇宙の向こうはどうなっているのだ、ビッグバーンの前はあったのか、なかったのか、素粒子の素粒子は何なんだ、我々を支配する共通の力とは何か、等々、素人の興味は尽きない。ベッドで読む時間は長くて20分か。ぐっすりと眠れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/27 07:27
No.680 ボディターン(17)レイドオフとクラブが寝るのとは紙一重
 No.677で、嫁さんがゴルフのレッスンプロと関係しているジョークを書いた後日談。ジョークは、Screw aroundに二つ意味があるという話である。日本人の英語のプロにこのジョークの面白みについて訊いた。「二つの意味を使い分けているだけでもう一つ深みがないね」。 一方、米国の友人の見解は些か異なる、「高いレッスン料を払っているにも拘らず、遊んでばかりで練習しないのでは、お金が勿体無いから、亭主は激昂している」。 成る程、文化の違いだ。財布を嫁さんに握られている日本人には出てこない発想だ。欧米... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/26 06:28
No.679 ボディターン(16)何故、素振りは良いか
 新横浜の碁会に出る。雨模様で躊躇したが、何事も「習い事」と考え、努力を怠らないように自らを叱咤激励し出掛ける。だが、最初から腰が引けている日は駄目だ。元校長先生に5目おいて完敗。先生から、「上手を殺そうと考えるから隙ができるのです」と諭される。誠に温厚な大先生である。続いて、英国趣味の2段と戦う。度々遊びに行っているようだ。カジノが大好きと言う。英国趣味は同じだが、碁の腕は全く異なる。終盤で、校長先生の教えを忘れて、敵を殺そうとし、自分の大石が殺される。碁の性格は変わらんものか。いや、何時かは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 05:57
No.678 ボディターン(15)フォローで両手人差し指をターゲットに向けろ
 練習場にいると、突然の豪雨である。凄まじい雨が稲妻と共に降りてくる。一寸先も見えない。帰るに帰られない状況で、諦めてアプローチの練習に勤しむ。1時間只管寄せを打ち続けた。手を使わず胸の回転で打つ練習だけをしてみた。ダウンブローにヘッドが入ると良い手応えと回転の玉が出る。人間、どうしても掬おうとする癖があるが、掬われても掬ってはならない。人生の教えだ。一雨降って涼しくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/24 05:45
No.677 ボディターン(14)フォローで左腕を伸ばせ
 関内の碁会に出る。何時も苛められている大先輩の石を悉く殺し圧勝。次局は久しぶりに打つ先輩、これまた会心の出来で上手の大石を殺す。3局目は互先で打つ、3隅を殺し、完勝。再戦を挑まれ、今度は打って返しを見損じて大敗。今日は満足。懇親会の酒が美味かった。英語の大先生から色々とジョークを教えて戴く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 06:26
No.676 パットの極意(21)何故、引っ掛けたり、押し出したりするか
 映画「442nd Regimental Combat Team 世界最強の日系人連隊」を見る。第二次世界大戦における米軍日系人部隊の記録映画である。日米開戦に伴い、日系人は強制収容所に収容される。祖国はアメリカであると考える彼らは、敵国民として厳しい偏見に曝されるも、米国に忠誠を誓い、対独戦線で輝かしい戦績を上げる。当初、彼らの実績は白人に横取りされる等の酷い差別を受けるが、やがてその功績は米国民すべてが認めるところとなり、米国最強の部隊と賞賛され、トルーマン大統領は、その栄誉を讃える謁見式で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/22 07:05
No.675 パットの極意(20)ヘッドアップ防止には足を動かすな
 関西在住の兄が上京、一緒にホームコースでプレイをする。ベストボール方式の親睦コンペに参加した。兄は20年ほど前に大病を患い、奇跡のカムバックを果たし、今では月に2乃至3度のゴルフを楽しんでいる。決して上手とは言えないが、懸命に努力をしている。身内ながら尊敬している。  34,37で回る。兄は、寄与率が低かったと残念がるが、100ヤードを50センチに付けたショットとか、私が失敗した後のバンカーショットの妙とか、或いは、数あった1メートルのパットは全て兄が沈めた。私もここ暫くでは一番の出来であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 05:17
No.674 ボディターン(13)ハンドアップに構えるか、ハンドダウンに構えるか
 自宅の裏にある碁会所に初めて行った。マンションの1階にある碁会所であるが、人の出入りが目立たないから、今まで入りそびれていた。友人と一杯飲む前に一局打とうと言うことになり、初めてドアを開けた次第である。二面で対局中である。静かに我らは打ち始める。初盤は私の楽観主義が敵の作戦にまんまと嵌まり、中押し負け。二局目は、地合勝負に持ち込み、若干有利かという局面で、次の飲み会の時間が迫る。席亭に優劣の判断を迫るも「これからの碁。打ち終えたら」とのアドバイス。だが、飲み会が本番の我らにあってはそうも行かぬ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/20 05:47
No.673 ボディターン(12)左ひざのリードでトップから切り返せ
 大学の技術系の友人と飲む。総勢7名。全員、技術屋である。事務屋の私が何故か、世話役を仰せつかっている。畑違いの先輩と飲む酒は殊の外美味い。今回も原発の是非の論争となった。私は実務家である。代替エネルギーの実用化の目途がない中で、原発反対だけでは日本経済の将来はない、と考えている。先輩方の大勢は「安全は何物にも代えがたい。原発は核反応の制御が殆ど不可能であるし、終末処理方法が見つからないから、エネルギー源としては不適である。自然エネルギーへ移行すべし」との見解である。私は、技術屋でないから確たる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/19 06:18
No.672 パットの極意(19)パットも力むほどに外す
 諏訪ゴルフ倶楽部は、20年ほど前に一度プレイをしたことがあった。当社の仕入れ先と当社のお客さんと当社との3社の懇親コンペであった。当社のお客さんにとって、当社の仕入れ先がお客さんという三角関係の相互接待ゴルフである。何とも摩訶不思議な関係であった。お客さんの一人がこのコースに関係していたので、ここですることになった。一泊どまりであったから、恐らく隣接するホテルに泊まったのであろうが記憶に残っていない。バブル最盛期の企業ゴルフの典型であった。各企業のトップが勢ぞろいしてのコンペであったから、下っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/18 06:46
No.671 ボディターン(11)夏の暑さに疲れてくると膝が伸びる
 奥飛騨の友人の旅館でゆっくりと朝食を戴く。旅館の朝食ほど美味しいものはない。飛騨の棒葉味噌焼きが堪らなく香ばしい。日本の朝だ。この景色が一般の家庭から消えて如何ほど経つか。生き残るのが文化だろうが、消えるものへの我らの責任をどう考えるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 07:08
No.670 ボディターン(10)練習すればするほど下手になる
 大学時代の友人が、奥飛騨温泉郷新平湯温泉で旅館を営んでいる。ご多分に漏れず、震災風評被害で海外からの顧客が激減したようだ。在京の友人達と元気づけようと訪ねた。勿論、2ラウンドのゴルフ付きである。飛騨高山への長野県側からの入り口は、松本であるが、この界隈にはゴルフ場が少ない。東京よりの諏訪湖周辺に集まっている。諏訪湖のブランド力に引き付けられて、バブル全盛期に作られたゴルフ場も多いのではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 05:39
No.669 ボディターン(9)バックスウィングは何処から始めるか
 宮里優は、「バックスウィングが腰で止まれば、ダウンスウィングは腰から始動する、これが自然な流れ」と言う。だから、腰からダウンスウィングを始動するためには、テイクバックは手から上げろ、ともいう。最後に止まった部位から始動するのが人間の摂理だから、手から上げれば、腰が最後になるので、腰から切り返しができる訳だそうだ。手が未だ後ろに動いている間に、腰から切り返せと言う教本の教えとは論を異とする。恐らく、宮里藍のように、トップで一呼吸止まるスウィングリズムでは、彼の説が機能するだろうが、一般論としては... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 05:24
No.668 ボディターン(8)トップで左手を曲げるな
 横浜の碁会に行く。3連敗。落ち込む。飲まずにはいられない。懇親会の酒が進む。某社のOBの碁会に入れて戴いている。老齢のOBが昔を語る。栄光の歴史を語る。だが現実は大手の商社の軍門に下っている。何が悪かったのか、誰の判断が悪かったのか、議論は沸騰する。我が県人会の長老が、取り成し散会となる。  そうだろうな、と思う。昔の栄光があればあるほど、業績の傾きに対する現経営陣の責任を問いたい気持ちになるのは自然である。一方、経営サイドも、その時その時で目一杯の人員配置で、死ぬほど頑張ったのも間違いがな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 05:32
No.667 ボディターン(7)肩が回れば飛距離は出る
 ホームコースへ行く。パッティングフォームを変えて2回目のラウンドである。出だしは2オン2パットでパー。次は2メートルのパーパットを微妙に外す。次のホールは同じような2メートルを入れる。新フォームに自信を持つ。ところが、次の1.5メートルのパーパットを読み間違えて外すと、残りのホールで寄せワンを決められなくなる。ボールの転びは悪くない、ラインの読みが間違っているだけだと自分に言い聞かせて臨んだ後半は、ワンパット5回、13パットで抑える。新フォームで行くことに確信が持てる。  足を広げて下半身を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/13 07:28
No.666 ボディターン(6)アウトサイドインのスウィング軌道を治す方法
 新横浜の碁会に出る。今日は不出来。惨敗。隅の死活で間違える。ここ1週間で詰碁を200題勉強したが、実際の局面では読み切ることができない。死活が不明で打っている訳であるから、何が正着か決めきれないからでもある。本だけ読んでもゴルフは上手くならないのと似ているか。上手い人はヨセで20目程度は逆転する。ゴルフも寄せが良ければ、スコアは纏まる。  熱海温泉で泊まりがけの碁会をやろうと言う話になった。何でも仲間に入れて貰うつもりだから、無条件で参加することにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 07:11
No.665 ボディターン(5)フェイスローテーションは自然に起こる
 友遠方より来る。浦安に娘さんが住んでいる友人が上京した。ホームコースへ招待する。通勤時間帯に東京湾を回るコースとなるので、ラッシュアワーを心配したが、意外と空いていたとのこと。大企業の輪番休日の効果が出ているのか。在京の友人と3人で回る。折からの熱帯低気圧の影響で天気が不安定である。物凄いシャワーが数分続くも直ぐに止む。熱帯気候になったのではないかと思うほどだ。若い友人は、途中で足の裏がツルという。水を飲んだかと言うと飲んでいない。熱中症の寸前であった。危機一髪。  立ち上がりのショットが纏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 22:45
No.664 ボディターン(4)脱力スウィング、力を入れても飛ぶものではない
 脱力スウィングに日々務めているが、日毎に当たりが悪くなる。気が付くと目一杯力を入れて練習している自分がいる。強く打ちたいと言う欲求を抑えられないからだ。八分の力で練習していると、惚れ惚れするようにダウンブローにボールを捉えている。ところが、何日かすると無意識に段々と力を入れ始めてくる。急に当たりが悪くなるわけではない。だが、段々と間違いなく芯を捉える確率は悪くなっている。未だ、新しいフォームが固まっていない証拠である。ハッと気づいて、八分の力に戻す。完璧なショットが戻ってくる。  プロは、ほ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/10 05:00
No.663 パットの極意(17)左ひじを動かせ
 川崎の碁会に出る。一局目は、序盤圧倒するも、脇の甘さが出て終盤玉砕。2局目は、強気が裏目に出て、早々と大石を殺される。3局目は、地合いを計算しながら完璧な碁となる。1勝2敗。「大分、強くなったな」と世間の評価は上向き。お世辞でも嬉しい。  懇親会で、シンガポールの話題となる。私の見解は明白だ。先ず、食事が上手いし、種類が豊富だ。これだけでも旅する価値がある。ミセランの3スターである。碁仲間の何人かのご夫婦が星国へのツアーを計画しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/09 06:10
No.662 アプローチの極意(23)ハンドファーストで胸の回転で打つ
 現役時代の大先輩と飲む。76歳、未だ衰えず。矍鑠とした生き様に敬意を払うのみ。会社の現状に対する不安が彼をして、現役を叱咤激励させる。だが、体を張って頑張っている現役への老兵からの言葉はない。ご苦労と申し上げるのが精一杯だ。一方、唯々諾々と過ごしている管理職の人生哲学を聞きたい。貴方は今、貴方の子供は今、そして、孫の将来は今、如何なる状況にあるのか、と。  この大先輩は、後100年生き続ける気であろう。尽きない焦燥感と依然として戦っている。退役軍人の私には、将来を語る資格がない。自分が育てた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/08 05:28
No.661 パットの極意(18)足を確り広げて下半身を固定せよ
 家内の実家に泊まる。40年も前は、家の前を車が引っ切り無しに走る田舎都市の繁華街であった界隈は、すっかり寂れている。郊外に広い道路が走り、駐車場付きの大型ショッピングセンターができて、人、車の流れが変わってしまった。阿波踊りの準備が進んでいる。実家から演舞場までは徒歩10分ほど。一昨年、高校の同級生と一緒に見たが、すっかり踊りも変わってしまった。見せる踊りとなり、踊る踊りではなくなっている。集団で猛烈に練習しなければ踊れない。かなり違和感がある。初めての人でも、直ぐに一緒に踊れるのが阿波踊りで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/07 05:32
No.660 ボディターン(3)エイジーシュート
 ホームコースへ行く。エイジーシュートを目標にしている方と一緒になる。何度もご一緒しているが、72歳とは思えない強い球を打つ。先日、前半を35で回り、チャンス到来と思ったが、後半開始早々ダボを叩き、諦めたと言う。すると、もう一人の77歳の方が、昨年エイジーシュートを4回もした、と言い出す。回数の多さに驚くと同時に、今尚250ヤードは楽に飛ばす馬力をもってすれば当然と納得する。Age shooterの確たる規定は見当たらないが、グローバルスタンダードとしては、6000ヤード以上のコースで年齢若しく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 06:09
No.659 ボディターン(2)ボディターン理論は間違い
 母親の盆供養を兼ね、久しぶりに兄弟で一杯飲もうと言う話になり、一泊どまりで故郷へ帰る。実家は空港から15分ほどの距離。取り急ぎ、3年前に亡くなった母親のお墓参りをする。昔は田んぼの真ん中にあったお墓が今や住宅に囲まれている。孫の誕生を報告。長兄が20数年前に亡くなったいるから、残った3人兄弟で酒を飲む。  小さな田舎の集落で、同姓が多かったが、全て当家から出ていることを知る。集落の中で二軒が、西舎、東舎と言われ、大きな門構えで道を挟んで東西に向かい合って権威を競っていた。その東舎も当家から出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/05 05:37
No.658 アプローチの極意(22)何故アプローチでトップするか
 友人宅の食事会に行く。南向きの角地の快適そうな邸宅である。庭には色取り取りの花が咲いている。盛夏にこれほどの花々が咲くとは思いも掛けなかった。奥さんが千切り絵を描かれる。初めて見たが上手だ。筆で描いたと見間違うばかり。私も絵を描くとは言い出せなかった。芝生の上で食後に団らんする。家内たちは家の中でお茶を飲んでいる。我らは芝生の上にいるとゴルフ談義となる。最初は短いアプローチの技術論になり、そして、スウィング理論へと進む。夢中で議論をして、暑さを忘れる。暑さより蚊が問題だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/04 05:50
No.657 レイドオフ(41)レイドオフとはトップで左手甲を丸めること
 ショー・コネリー主演の「Just Cause」(邦題 理由)を見る。少女殺しの罪に問われ、死刑を宣告された黒人を、コネリー扮する大学教授が救う物語だと思わせて、最後に、大逆転が待っている。実は、この黒人、過って濡れ衣の強姦罪に問われるも、証拠不十分で幸い控訴棄却になったが、それを理由に大学の奨学金を止められ、その後の人生が暗転した。その事件の検事が教授の奥さんである。教授の努力で逆転無罪を勝ち取ったこの黒人が、釈放された後、教授の奥さんに復讐しようと誘拐するが、気付いた教授が寸前に奥さん、子供... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/03 05:17
No.656 ボディターン(1)全英女子オープンで何故日本人は敗れたか
 全英女子オープンは、スコットランドのカーヌスティGLで開催された。4日間ビデオを撮って見た。このコースは、1999年7月18日、折から開催されていたThe Openで、フランス人Van de Veldeが3打リードで迎えた最終18番ホールにてトリプルボギーを叩き、プレイオフで敗れた1か月後の8月13日に、師匠と一緒にプレイをした。生憎と言うか極普通と言うか雨交じりの風の強い日で寒かった。それでもフェアウェイは固く締まっており、どちらに跳ねるか予測もつかない。グリーンはコンクリートのように固くパ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/02 06:28
No.655 アプローチの極意(21)ピッチショットのノウハウ
 横浜の碁会に行く。この会は元社長がメンバーで推薦していただき参加している。メンバーの方の故事来歴は一切承知していない。碁を只管楽しむ会である。しがらみがないと言うことは誠に気軽なものである。1時から都合3局打つ。1勝2敗。負けた碁は何れも気持ちよく攻めて、逃げ切られ、そして大石を取られた。攻める喜びを3時間ほど楽しんだから、石を取られた30分の苦悩は致し方ないか。問題は、碁を打つと帰宅してからの酒量が増えること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/01 05:52
No.654 バックスピン(21)ドライバーの吹き上がりを抑える方法
 ホームコースのマンスリーに出る。馴染みのメンバーと一緒であるから、格別緊張感もない。発展途上の脱力スウィングを心がける。ぎこちなかったリズムも、段々と良くなってきた。テイクバックの時に違和感が無くなりつつある。未だ時々トップでの溜めが不足する時があるが、切り返しのタイミングも徐々に身に付いてきている。次のステップへの自信が湧いてきた。  一緒に回った人は、私より遥かに飛ばす。力自慢の感じはしないのに何故だろうかと、じっくり見ていると、フォロースルーが素晴らしい。右手が伸びていき、右肩が良く回... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/31 05:40
No.653 バックスピン(20)シャフトの選択で飛球は変る
 初孫のお宮参りに立ち会う。宇都宮にある下野の国の一宮の二荒山神社である。宇都宮は一之宮が訛ったとも言われる。市内の小高い山の上に社閣はある。ご祈祷の間中、孫は大人しく息子の腕の中。よく寝てあまり泣かないそうだが、これはこれで心配。19代目を真ん中に3代揃って写真を撮る。これからも高い運賃を払って会いに行くことになりそうだ。田舎のお宮さんへも今日報告に行く予定だ。これは爺さんの仕事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/30 16:30
No.652 バックスピン(19)切り返しでの右ひざの送り方
 数か月ぶりにテニスに行く。サーブをすると肩が痛くなったこと、走り回ると膝が痛むこと、目一杯振ると腰が張ること等々、日頃使わない筋肉を使うと思わぬ所が痛み出し、ゴルフに差し障りがあってはいけないと長らく敬遠していた。最初はオッカナビックリで始めて、調子が良いので力を入れ出すと当たらなくなった。誠にゴルフと同じだ。すり寄れば逃げていく。斜に構えて力を入れないことが肝要か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 07:16
No.651 バックスピン(18)フェアウェイウッドは低く引け
 横浜関内の碁会に参加する。この碁会では分が悪く、持ち点も減少の一途であったが、今日は、久々に出来がよく、連勝する。2番とも上手の大石を殺しての完勝である。碁盤全体を見渡せるようになったことが大きい。今までは局地戦に囚われて、結局、気が付けば、タネ石を取られるケースが殆どであった。ゴルフでも然りだ。ラフで無理すれば、結局、スコアは崩れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 05:52
No.650 パットの極意(16)両手の角度を変えるな
 成田東カントリークラブへ友人と行く。成田空港からクラブバスに乗る。自宅から成田空港へは海外出張で数えきれないほど行った。行く方法は、JR成田エクスプレス、JR快速エアポート成田、日暮里、または上野から京成スカイライナー、シティライナー、或いは、YCATから高速バスと、速さとコストで色々ある。ところが、更にこの7月から「アクセス特急」が新設されたので、横浜からなら京急アクセス特急、又、都営浅草線各駅からもアクセス特急があり、乗り継げば、無数の本数があることになる。コストも安い。JR成田エクスプレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/27 05:33
No.649 バックスピン(17)ダウンブローに自然に打てるコツ
 友人の社長就任の前祝をする。と言うか、理由を見つけて酒を飲み、ワイワイ騒ぐのが楽しいのだ。世界のゴルフ場の話題になった。全英オープンのラフの深さ、難しさを侃々諤々と議論する。やがてタイのゴルフ場の話題になる。年末に友人は高校の友人と遊びに行くと言う。似た時期に私も大学の友人と行く予定だ。彼は、バンコックトップ4のコースを回り、全予算20万円で予約できそうだと言う。ところが、他のメンバーはもっと安くできないかと未だ不満の由。確かに航空運賃は4万円からあるし、ホテルは1泊5000円で快適だし、ゴル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/26 05:25
No.648 バックスピン(16)膝を柔らかく使え
 新沼津カントリークラブへ行く。仕事で親しくなった方と数年ぶりにご一緒する。途或る会社の社長に就任されて、国内外と多忙に動き回っておられる。忙しくてゴルフの時間が取れないそうだ。彼の奥さんと彼の元同僚との4ボールである。元同僚は私と同い年で仕事での付き合いからスタートしたが、今では仕事を離れて遊ぶ中である。  このゴルフ場は、日立製作所の保養所なのだそうだ。保養所を外部にも開放している。驚きだ。流石は超一流企業だ。このご時世でも維持できる企業力が素晴らしい。従業員の方の応対も洗練されている。但... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 05:07
No.647 バックスピン(15)インパクトでは肩は飛球線にパラレルに保つ
 手が降りてくるのが早いか、肩の開きが早いか、或いは、腰の開きが早すぎるのか、これらはスウィングプレーンを壊す悪しき癖の数々である。切り返しで、膝と腰が左へシフトを開始する。腰は左へ回転を始める。人間の体はこれに同調して、上半身も回転を始める。すると肩が開いて、クラブはアウトサイドから降りて来ざるを得なくなる。  腰が左へシフトをするときに、肩は飛球線とパラレルに保ち続けることが肝要だ。ダウンスウィングの初期では、肩、手はトップの形を維持して、左肩が開かないように「辛抱」することが大切である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 05:15
No.646 パットの極意(15)すっと構えてすっと打て! 
 大学の友人とイーグルレイクGCへ行く。千葉県は成田の芝山町、彼の有名な三里塚闘争の辺りである。PGMが自らのコンセプトを実現したゴルフ場との触れ込みである。食堂に隣接して食事をしながら打てるドライビングレンジ、有料のショートゲーム練習場、セルフサービスのバッグの積み下ろし、80年代バブルの発想からアメリカ式のセルフサービスの運営方法まで、各種のコンセプトが混じり合っている「コンセプト」である。理解することは不可能だ。  コースの印象は、狭いの一語に尽きる。狭い敷地に目一杯18ホールを押し込ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 06:12
No.645 バンカーショットの極意(1)腰の回転強さで打つ
 新横浜の碁会に出る。新リーグ戦が始まった。初戦は、7段格のトップランクの方である。故郷の先輩に当たる。兎も角、白石の動きに惑わされないように大局を意識するようにした。敵は、手抜きしながら戦わざるを得ないから、緒戦では弱い石があちこちにできる。これを上手く攻めればチャンスは広がる。右上で大石を殺す。見返りに右下の石が死にそうになる。何とか劫にして半分助かる。久々の勝利。二戦目は、2目置いて打つ。下手にも拘らず強く打ち過ぎて、大石を殺される。何時ものパターンである。引き続き暑気払い懇親会である。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/22 06:02
No.644 パットの極意(14)真っ直ぐ引くと言うこと
 久しぶりにホームコースの競技会に出る。ショットは、「脱力スウィング」を徹底してみた。向かい風の時に、風に負けるような気がしたが、いつも一緒に回っている人は、寧ろ、当たりが良いので距離が出ていると言う。確かに概ね芯を捉えることができたように思う。このまま「脱力スウィング」を継続できれば、一皮剥けるか。だが、勇気がいるのだね、力を入れないと言うことは。  アプローチは、20ヤード近辺までなら、ワンピン以内に寄せることができるようになった。距離感のイメージを描きながら振ると距離が合うようになった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/21 07:14
No.643 パットの極意(13)パットも脱力だ
 丸の内倶楽部へ行く。昨年、今年とロンドン遠征でお世話になった方と大学の同窓生と3人である。  丸の内倶楽部は大雑把に言えば茂原の近くにある。PGM保有コースの一つである。名前からバブルの殿堂を予想していたが、それ程でもない。  コースは、比較的フラットで、障害物、トラップも月並みで、驚くような仕掛けもなく、難度は低い。白ティーから回ったからであろうか、距離も短く、使用クラブが限定されるので、挑戦する醍醐味には乏しい。全体に、コースの整備状況も良く、レイアウトも、ホール毎に特徴があり、池を有... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 06:40
No.642 バックスピン(14)上半身の突っ込みを防止策する方法
 故郷の先輩が、書展に出品したと言うので観に行く。有楽町で下車し、銀座画廊へ向かう。梅雨明けで途轍もなく暑い。数分歩くだけで眩暈がする。ポルトガルも暑かったが、湿度が違う。サウナ風呂の如き日本は別格である。書展を見るのは初めてである。技量の良し悪しは分からないが、全体の落ち着き、字の勢い、濃淡のバランス等々の目に入ってくる印象で好き嫌いは分かれる。畏怖堂々とした書体が私は好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/19 06:55
No.641 バックスピン(13)全英オープン石川遼惨敗
 石川遼が全英オープンで惨敗した。日本の選手で予選を通過できたのは池田勇太だけである。新聞のコメントを見ると、高山は「フェアウェイがカチンカチンだった」と言う。何を今さら御託を並べる、と申し上げたい。夏のイギリスでは、殆ど全てのコースのフェアウェイは「カチンカチン」になる。私みたいな非力な者でも、ティーショットで270ヤード飛ばすことができることもある。地面が粘土質で、夏場は乾季であるからひび割れができるほど固くなる。コンクリートのフェアウェイと思っても差し支えないほどだ。低い弾道で打つと果てし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 05:17
No.640 バックスピン(12)シャンクの原因は手が先に降りるからだ
 欧州から帰国後、久しぶりに練習に行く。最初は何時ものように軽く打ち、芯に捉えていたのだが、突然、シャンクが出始めた。いくら修正しても治らない。シャンクの原因を掴むいい機会なので色々と試してみた。先ず、ボール一個分手前を打つようにしてみた。クラブのトーで打つようにする訳だ。効果は覿面。シャンクは出ない。だが、ボールがない所を目掛けて打つのは異常。これは緊急対策にしかならない。身体がボールの側に突っ込んでいることだけは間違いがない。これが直接の原因である。  インサイドアウトに振り抜こうとすると... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/17 04:48
No.639 ポルトガルゴルフ事情(6)Ribagolfe T
 ポルトガル最後のゴルフは、当初Penha Longa Golf Resortを予約していたが、昨年プレイをして難しかったRibagolfeに急遽変更した。リベンジである。リスボンの川向の陸軍基地の近くにある。コース内の住宅開発は全くなされていない。ポルトガルの経済は眠ってしまったままだ。日曜日であるが空いている。不況の影響とのことである。  このコースは、平坦であるがコルクの林の中にあり、ポルトガルらしい雰囲気に満ちている。今回回った中ではここが一番長くて各ホールも特徴があり畏怖堂々としてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/16 05:35
No.638 ポルトガルゴルフ事情(5)Beloura Pestana GR
 このコースは、友人の知人の医者がメンバーのコースである。昨年もここでご一緒した。素振りのフォームがすっかり変わりプレーンが確りしてきている。プロについて習っている由。ところが、いざボールに向かうと別人のフォームになる。はっきりしているのは、いざの時は手打ちになっていること。万人共通の課題か。何時もながら、熱心で紳士的なプレイをする。  このコースも住宅開発地域の中にある。コースに沿って瀟洒な住宅が列をなしている。開発が上手くいっているのを見るのはここだけである。同様の開発区域ではほとんど住宅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/15 05:17
No.637 ポルトガルゴルフ事情(4)AroeiraU
 Aroeiraは友人のホームコースである。TとUとある。友人は池の多いUが変化があって面白いと言う。Tは殆ど全てのホールが林間でどのホールも似たような景観である。その点、Uは池の取り込み方がホールにより異なるから、戦略も異なる。確かに挑戦的である。Uをラウンドする。  1番は、直線のフラットなミドル。両側の松林がフェアウェイを狭め、無言の圧力となる。案の定、左の松に当てる。2番も同じく直線のロング。林の圧力に負けて今度はティーショットを右の松林に押し出す。更に、第三打をグリーン右の池に入れて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/14 05:03
No.636 ポルトガルゴルフ事情(3)Belas Clube de Campo
 Belasは昨年もプレイをしたコースである。リスボンの西北30分ほどの場所にある。住宅開発とセットで作られたコースであるが、新築住宅は昨年と比べても殆ど建っていない。不況の影響が大きいと友人は言う。ギリシャに次ぐ債務国ポルトガルの苦悩が伝わる。  駐車場に車は少なく、空いている。到着順スタートみたいなものだ。朝露でびっしりと濡れている広いが登りの1番フェアウェイをゆっくりと歩く。2番は、右ドッグレッグで打ち下ろしのロング。セカンドから右へ打っていく。フェアウェイ左をクリークが流れ、グリーン手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/13 06:18
No.635 ポルトガルゴルフ事情(2)Lisbon Sport Club
 Lisbon Sport Clubは、リスボンのダウンタウンの20キロほど西にある。このコースも又、リスボンで一二を争う古いクラブである。1873年の英国居留者により開設されたクリケットクラブがその祖で、現在のSport Clubは1922年に開場した。クラブライフが今まで訪問した中では一番確りしている印象である。  山岳コースを切り開いて作ったコースだから、アップダウンはあるし、コースは短いし狭い。1番は、行き成り打ち下ろしの151メートルのショートである。小高い林に囲まれたグリーンは狭く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/12 06:11
No.634 ポルトガルゴルフ事情(1)Estoril Palacio's GC
 ポルトガルに朝一番の飛行機で渡る。着いてすぐ、友人にゴルフコースへ送ってもらう。この在住の友人は夏場の午後は暑すぎるとしてプレイをしない。このコースは、リスボンでも一、二番に古いコースである。手作り感に満ちたコースだ。1929年に開場し、その後、高速道路がコースの真ん中を貫通することになり、コースは二分割され改造を余儀なくされた。当時の看板ホールの9番は完全になくなり、現在のショートの13番は、もともとミドルホールであったのを、ショートに短縮せざるを得ず、16番ホールも15メートルほど短くなっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/11 06:46
No.631 ロンドンゴルフ事情(5)ルートン フーLuton Hoo
 Luton Hooは、ルートン空港のすぐ横にある。ヒースロー空港から40分である。1600年代にその起源を発し、18世紀に大々的に改造された邸宅と庭園をベースにホテルとゴルフコースは成り立っている。Hooとは山の小高い部分を意味するがHoo家が初代の所有者であったことから名付けられたと思われる。この歴史建造物は2007年にゴルフ場とホテルを併設する複合娯楽施設として開場する。将来的にはツアーを呼び込みたいとの期待を込めた新しいチャンピョンコースである。7200ヤードパー73。この春、帰国した友... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/08 05:43
No.630 ロンドンゴルフ事情(4)Chart Hills Golf Club
 The Groveという欧州ツアーの開催コースがロンドン市内の近くにある。当初、ここを予約してくれたのだが、私はここで1泊3ラウンドしたことがあり別の場所を探すようにお願いをしたところ、Chart Hills GCを見つけてくれた。某電機メーカーの方と3人でのラウンドである。  このコースはケント州の彼の有名な池の中に浮かぶリーズ城の直ぐ近くにある。門の前を通った時は懐かしさがこみ上げてきた。美しい城は沢山あるがイギリスではこじんまりとした点も含めてここが一番ではないか。  イングランドベ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/07 08:45
No.629 ロンドンゴルフ事情(3)オックスフォードシャー The Oxfordshire GC
 その名の通り、オックスフォードにある日系のクラブである。前日のMagnolia Parkの近くにある。小高い丘の頂上に御殿のようなクラブハウスが建っている。ホテルも併設され滞在型の複合レジャー施設である。現地に駐在している方3人とご一緒する。何れも通信関係の会社の方である。  The Oxfordshire GCは、駐在中に一度プレイをしている。風が強くて難しかった記憶が残っている。1番は打ち下ろしのミドル。フェアウェイ左にバンカー。これにティーショットを入れる。ここから5番アイアンで出すも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/07 05:25
No.628 ロンドンゴルフ事情(2)Magnolia Park
 Magnolia Parkは、学芸都市オックスフォードの北にある。高速M40のJCT8で降りろと言うことであったが、降り口にAとBがあり間違える。オックスフォードの田舎道を走り回ること30分。Holtonという小さな村に迷い込んだ所で初めて人に出会ったので道を教えて戴く。奇跡的に地図を描いてくれる。そのまま20分走るとクラブに着いた。英国で地図を描ける人に出会ったのは初めてである。この人に出会わなければ到底クラブに着けなかったであろう。  コースは、牧草地の典型的なパブリックである。着いた時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/06 06:16
No.627 ロンドンゴルフ事情(1)ウオーキング ゴルフ クラブ Woking Golf Club
 梅雨時の日本を避けてロンドンへゴルフに行くのが毎年の恒例行事となりつつある。定刻にヒースロー空港に着くも、レンタカーのバス乗り場が判らずウロウロする。新しく場所が変わっていた。晩飯は、たまたま日本から来ていた出張者とインド料理を楽しむ。興が乗り庭付きパブで遅くまで一杯やる。  遠征初日は、Woking Golf Clubである。イングランドのベスト37にランクされているコースだ。サリー州にはインランドリンクスと呼ばれる素晴らしいコースが多い。このコースもその典型で、ヒースと小丘の重なるアンジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 20:05
No.626 バックスピン(11)脱力スウィングこそスウィングプレーンを治す
 高校のコンペ終了後、五井の駅前で一杯飲む。優勝したのは、不動産王。41,42=84 HC13だから1アンダー。優勝賞金1億円を獲得。この賞金でこの店の飲み代を払う。当然、足りない。彼の奢りである。2位は5000万円、3位は2000万円である。PGAではこれぐらいの賞金が普通であるが日本のツアーは慎ましくなったものだ。  次回は、日月の1泊2日でやることになった。栃木、群馬方面なら安そうだ。土日はプレイ後晩飯付きで宿泊しても14000円前後、月曜は早朝プレイなら3500円以下。2万円以内である... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 17:20
No.625 パットの極意(11)イップス病の原因
 HC4の友人とキングフィールズGCへ行く。年末の3ツアーズチャンピョンシップで有名なコースであるが、今年の9月最初に日本女子プロ選手権が開催される予定でもある。と言うことで、フェアウェイは狭く絞られ始めていた。両側10ヤードずつ20ヤード程度狭くなっている。且つ、ラフを長く育てているから、深くてきつい。  クラブハウスからコースに出ると二段になった二つの広い練習グリーンが目の前に広がる。スティンプル8.9の表示であったが、前日のCPGが遅すぎたので早く感じられる。このコースのグリーンはアメリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/22 05:09
No.624 低弾道(23)切り返しのタイミングの取り方
 CPGカントリークラブは、千葉県市原市の山の中にある。周囲には、千葉セントラルGC、源氏山GC、市原京急CC、市原CC等々があり、文字通りのゴルフ銀座の真っ只中にある。昭和36年の開場であるから古いコースに入るであろう。高校のゴルフコンペを開催した。6300ヤードほどであるが、400ヤード超えのミドルが5つもあり、難度の高いコースである。フェアウェイは広いとは言えず、アップダウンもきついから、風格のあるコースではないかもしれないが、殆ど全てのクラブを使うような設計になっているのが素晴らしい。一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/22 04:59
No.623 低弾道(22)手は体の幅の中で動く
 新横浜の碁会に出る。2段の方と打つ。相手の勘違いで目を潰し、勝つ。勉強の為に、そこからもう一度やり直しで打つ。地合で圧勝と思っていたら、何と上手く寄せられて2目負ける。ショックである。10目以上最終局面で寄せられたことになる。再戦を挑む。今度は、相手の攻めを凌ぎ、圧勝する。盤面全体を見ることができ始めたか。    グリップは体の幅の中で動かなければならないと教本は教える。これを実感として理解することは難しい。現実に、手は、スウィングの左右では体の外へ出ている。だが、有村千恵のショートアイア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/21 16:51
No.622 低弾道(21)スウィングプレーンに如何に乗せるか
 ゴルフの練習には熱心だが、体力アップには不真面目であった付けが回ってきた。手先がしびれたり、腰が痛くなったりで、スウィング理論どころではなくなってきた。とは言え、それほど悪化している訳でもないのが不幸中の幸いである。ということで、力を抜いて振る練習に注力せざるを得なくなっているのが、どうもよい方向に出ている。脱力スウィングと言うけれども、五体満足なうちは、力を抜くことが難しい。力を入れるのが怖くなっているから、脱力できる。神さんが与えてくれたチャンスではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/21 05:20
No.621 バックスピン(10)インパクトで右腕を伸ばすな
 羽根直樹が本因坊戦で初めて勝利した。彼の父親は、羽根泰正である。王座に就いた以外は大きなタイトルを取っていないが、中部棋院所属では大ボスである。名古屋に住んでいた時に、郷を応援しなければと思い、NKH戦では応援をしていた。その息子が、藍より青しになった訳である。如何なる状況でも顔色一つ変えない姿勢が特に好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 15:29
No.620 バックスピン(9)雨の日のバンカー脱出術
 横浜の碁会に出る。1局目は、コク材を誤り、中押し負け。勉強の為、コウ材からやり直しをお願いする。今度は10数手のコウ争いに勝つ。2局目は、序盤から優勢を保ち押し切る。岡目八目が沢山観戦していたから、逆転で私が負ける図を指摘される。意外な処の切から手があることを知る。  この碁会の長老は、阿波踊りの大先生である。阿波踊りは、体力踊りでもある。真夏に、数時間全身運動をするから、生半可な体力では踊り抜けない。70歳を超えた長老の意欲と体力に感心する。同席した高校の友人が大和で阿波踊りをしていると言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 05:53
No.619 バックスピン(8)クラブシャフトのフレックスと調子の関係
 3時間掛けて、孫の顔を見に行く。真っ赤な顔だが髪の毛がふさふさしている。私に似ていると皆が言ってくれる。満更でもない。手足が大きそうだから運動神経は良さそうだと秘かに思う。肌が本当に柔らかい。母子無事で何より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 06:50
No.618 バックスピン(7)ダウンスウィングで左膝が流れるのを防げ
 大多喜カントリークラブへ大学の同窓生と行く。房総半島のど真ん中、いや、寧ろ九十九里に近い。梅雨入りで空模様が怪しいが大雨はなさそうだ。それでもキャンセルが相次いだとかで空いている。南コースからスタートする。1番は広くてフラットなレイアウトである。立ち上がりとしては伸び伸び打てる優れた設計だ。ところが、2番からは景色が一変する。谷越えのショート、馬の背のフェアウェイ、下りが延々と続くロング、打てども打てども届かないミドル、セカンドショットを確り距離を出さないと第三打を打てないロング。多士済々全て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/17 06:47
N0.617 アプローチの極意(20)難しい寄せほど狙いは大きくアバウトがよい
 クラブ競技本戦に進出したが惨敗した。アイアンの当たりが薄く全てショートしてしまった。脱力スウィングの会得も今一歩である。フルバックからティーショットするから、セカンドのクラブが長くならざるを得ず、その当たりが薄いと数十ヤード残してしまう。20ヤード以内と以遠では、アプローチの精度が全く異なる。20ヤードを超えると近くに寄せるのが極端に難しくなる。頑張って寄せても3メートル前後残すことが多くなる。この距離は1パットで簡単には収められないから、スコアは纏まらない。乗らないまでもセカンドショットをグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/16 06:24
No.616 パットの極意(11)リラックスして打て!緊張すると手が動かない
 初孫が生まれた。男だ。19代目である。息子から写真が送られてきた。私に似ていると言うが、真っ赤な顔だけは確かに似ている。明日、会いに行く。家が続くことを喜ぶとともに、無事生まれたことに感謝する。健康息災、これ以外に望むことはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/15 07:41
No.615 バックスピン(6)プッシュアウトは何故起こるか
 中学の同窓生二人と一杯飲む。一人は未だ現役の社長だ。彼は教科書に出てくるようなスライサーである。オーバースウィングでトップでクラブが寝て、そのまま降りてくるから極めて再現性の高いスライスが出る。もう一人の友人は、トップヒッターである。トップが頻発する。軸が動いているのは間違いがないが、これだけは原因を単純には特定できない。「トップ気味は調子が上向いている証拠」と坂田信弘は解説するが、確かにトップは正しいスウィングでも出ることがある。気にし過ぎてもいけない、ということか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/14 06:09
No.614 レイドオフ(40)ゲームプランとは何か
 クラブのHC2の名人が、「いくら注意していても、スウィングが早くなる。もっとゆっくりと振らないと駄目なのは判りきっているのに、いざ振る段になると忘れてしまう」と自己嫌悪気味に宣う。戦績を描けば誰であるかが解るし、全国規模の大会に何度も出た名人でも、斯様な初歩的な悩みを抱えていることに驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 05:55
No.613 パットの極意(10)イップス病を治す方法
 練習ラウンドに行く。徹底的に脱力して振る。悪くはない。8割の力で振って飛距離は9割というイメージである。距離が思ったほど落ちないことにほっとする。何よりも方向性が抜群に良くなる。問題がない訳ではない。力が抜けた分、腰の開きが早くなり、腕の戻りが遅れると右にプッシュアウトすることがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/12 05:02
No.612 低弾道(20)切り返しのタイミングの取り方
 元部下が部門責任者になった。若い若いと思っていたが時間が経つのは速いものだ。彼がデトロイトに駐在している時には、出張の面倒を見てくれ、大変世話になった。当方の都合で出かける訳だから、時間的余裕のない中で顧客との面談のアポを取るのが大変難しかったと述懐していた。或る時、彼が出来の悪い現地女子社員を解雇すると彼女はあることないことを本社に報告した。私のところにも色々と言ってきたが全て無視した。自らを犠牲にして働く彼を世間の雑事から守らなければならないと思った次第だ。  難しい仕事の局面も多く苛々... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/11 05:57
No.611 バックスピン(6)手元調子か先調子か
 今年も欧州遠征をする。ロンドンでのセッティングは全て終わった。昨年のお世話になった方が今年もお付き合いいただけることになった。更に、昨年、天候不順でご一緒できなかった在住の方ともできそうだ。良いことは良いことを呼び込むようで、帰国した知人も同時期ロンドンに出掛けると言う。早速、プレイ日を決める。すると長年ロンドンに住んでいる彼の友人も合流することになった。ゴルフの輪がどんどん広がる。楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 06:28
No.610 低弾道(18)フォーム改造で落ち込む罠
 フォーム改造が上手くいかない。ゴルフをするのが怖くなるほどのスランプに落ち込んでいる。ここ2週間ばかり、余りのショットの酷さに愕然としていた。練習では素晴らしい当たりが出るが、ラウンドするとその通りにできないジレンマに落ちていた。一昨日の練習ラウンドも結果は悲惨なものだった。当然、新フォームへの疑念も湧く。流石に練習に行くのも億劫になり、ゴルフのことを考えるのも嫌になるほどであった。然りとて他のことをする気力も湧かず、昨日は練習もせず茫然としていた。格段の予定もないのに練習しなかったのは久しぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/09 06:21
No.609 低弾道(17)インパクトで頭を残す
 調整の為にホームコースへ行く。脱力して、左腕を大きく伸ばし、体重移動を確りとすることが課題である。脱力はほゞできたが、それに気を取られ他の問題も出る。脱力を意識するあまり、バックスウィングが小さくなってしまった。フォーム改造中は、色々と負荷が掛る。強い心でないと新フォームは中絶してしまう。  改造フォームの継続が難しかったもう一つの原因は、ティーショットを度々ラフに入れたことである。初夏のラフは深くて腰が強い。脱出するには力が入ってしまう。脱力と力みが手を繋いでラフを歩くことになる。初夏にフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/08 05:41
No.608 低弾道(16)飛距離は武器か
 ステーキハウス「鉄板グリル鎌倉山」へ親しい友人と行く。ヒレ肉を頼んだが多少サシが入っている。上品な味だがこの種の油が胃に負担となる年齢となった。友人は顧客の元取締役で、昨年の夏に彼の八ヶ岳の別荘へ伺い2ラウンドした。思えばあの頃が一番調子の良い時であった。パーオン率が80%を超えていた。不幸にもパットが不調で、バーディがなかなか取れなかったが。だが、冷静に考えてみると、総じてショットが良かったこともあるが、第二打を比較的短いクラブで打つことができたから、パーオンする機会も多かったと言える。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/07 05:57
No.607 パットの極意(9)その日のグリーンの速さに如何に対応するか
 クラブのビッグタイトル戦に向けて、練習ラウンドに行く。寄せとパットの名人と一緒である。この名人新しい技術導入に熱心で、良い情報があると直ぐ取り入れようとする癖がある。仲間内からは、他人のアドバイスを聞き過ぎると言われている。今回は、女子プロの脱力スウィングを真似ようとしているが、なかなか上手くいかない。女子プロのレッスンを受けた時に、力み過ぎを指摘されたのだが、HC2でも脱力スウィングは難しいようだ。ショットが今一だと寄せとパットに影響する。短いパットを度々外す。名人と言われる人でも斯かること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/06 05:57
No.606 バックスピン(5)力みと緩みの克服
 現役の時に秘書の仕事をしてもらっていた女性が、司法試験に合格した。毎年、発表の時期になると如何なるメールが来るか大変気になっていた。或る時は1点足らず不合格になったし、面接で上手く説明できなくて駄目だったこともある。採用面接をした時の経験を伝えたりした。私も法学部の出身であるが司法試験を目指いたことは一度もない。端から諦めていた。だからこそ、元部下の女性が頑張っている姿に感銘も受けた。明るい性格で意志の強い娘であったから、何回か失敗したが、もう一度頑張るとの強い決意の連絡が何時もあった。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/05 05:10
No.605 バックスピン(4)クラブフェイスが開く原因
 NHKが、中国革命百年で重要な役割を果たした女として、西太后、宋慶鈴、婉容、江青の4人をシリーズで紹介した。中々見ごたえのある番組である。有名な4人だが、実はよく知らなかった。婉容の歴史的位置づけは少し低いと思われるが、後の3人は歴史の真っ只中にその存在感を占めている。中でも興味が湧いたのは、宋慶鈴である。孫文の妻として、そして、未亡人として、その政治的役割を見事に果たしたと言えよう。確かに江青の文化大革命による失われた10年の意味も大きいが、宋慶鈴の理想主義的民主主義の主張が中国革命に与えた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/04 06:54
No.604 バックスピン(3)何故アドレスで体が開くか
 雨が多いので、映画を見ることになる。「アラビアのロレンス」は、全く違う角度から感銘を受けた。例えて言うならば、一流商社が世界市場席巻を企画したとしよう。エースと呼ばれるエリートは、欧米の主要国を担当し、二線級は発展途上国へ派遣される。そこで男になろうと懸命に頑張る。郷に入れば郷に従えと身を粉にする。地道な努力が実を結ぶ。本社も思わぬ成果に驚くが、これを自分の成果にするのがこれまた本社のエリートだ。二線級は、何時も利用されるだけだ。哀愁を感じる映画であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/03 05:16
No.603 バックスピン(2)フェイスを如何にスクウェアーに保つか
 TV番組で明治時代の彫金家正阿弥勝義を取り上げていた。斬新さ、芸の精密さで抜きんでていたようだ。金属に1ミリの何分の一以下の一本の細い線を思い描いたように刻むことは、現代の名匠でも困難だとのこと。斯様な線を彫りたいと言う気持ちがある内は彫れない。指先が勝手に動くようにならなければ、細かい線は描けないという。  ゴルフスウィングも然りだろう。考えながら振ることはできない。自然と体が動くようになることが必要なのである。考えながら振るとどうしても意識している部分だけが動いてしまう。これではバランス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/02 06:44
No.602 低弾道(15)ボディターンとは何か
 「Golf」の3月号に、1911年当時の「全英ベストゴルフコース100」が載っている。私がプレイをしたのはその内丁度30コースである。現在のベスト100は40コースプレしているから、全体の半分ぐらいが入れ替わっていると見る。丁度百年、古い倶楽部は何時までも良い、とも言えるし、新しくても良い倶楽部はやはりよい、とも言うべきか、難しい所である。掲載されている古い写真を見ると、そこに百年を思い、何とも言えない感慨に襲われる。例えば、その昔、師匠と行ったアイルランドのRoyal Dublinである。現... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/01 06:18
No.601 低弾道(14)自然体のスウィング
 友人とあるゴルフメーカーの即売会に行く。当日限定と言うことでかなり格安に販売されている。このメーカーのクラブは使ったことがないので、値段が魅力でも手が出ない。友人は何点かクラブを買い、私は手袋とバッグカバーを買う。帰路、新橋で一杯飲む。3時前であるから新橋駅前ビルの地下飲食店街も休憩中で殆ど開店していない。やっと見つけたレストランでビールを飲む。頭の禿げた親爺は私より少し年上と言う。年金が入るから呑気に商売をしているとのこと。普通に生活すれば年金で余生は保障されている。本当だろうか。疑ってはい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/31 05:50
No.600 低弾道(13)右手の役割は何か
 連句の会に出る。今回も実は寸前まで迷っていた。連句の衆議判がもう一つ理解できない。参加者全員で評論しながら進めていくだが、そういう時の良し悪しの判断基準が判らない。この会を主催している高校時代の友人の人柄に引かれて参加しているが、彼によると俳諧と連句の違いは、単独か集団かと言う点に集約されるという。連句では、次の句が出易い配慮が必要だそうだ。なるほど、その視点でも評価されるのか。納得。もう一つ、終了後の酒が楽しみである。酒席では雑多な話題となる。知らないことも多い。リタイアしてのんびりした生活... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/30 06:16
No.599 低弾道(12)オーバースイングを治すには
 横浜の碁会に出る。元上司の紹介で参加させて戴いている。全員、この碁会でお会いするのが初めての方ばかりである。初戦は上手の方とである。右上の大石を仕留めて楽勝のケース。後は手じまいで良い所をまたまた戦いを挑んで今度は敗れる。後の間違いは取り返せない。降参。二戦目は元上司とである。今度も右上を殺して楽勝ムード。最後まで打ち切ったが圧勝。教訓。謙虚さが必要。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/29 07:22
No.598 低弾道(11)夏のラフからの脱出法
 スコットランド西海岸のターンベリーへはある夏に師匠たちと行った。UKで一二を争う評判のコースである。Royal Troon,Prestwick,Turnberryと続く全英オープン開催コースがエアーの海岸沿いに並ぶ。 この時は、St.Andrews Old Courseで土曜日にプレイをし、そのままターンベリーまで田舎道をひた走りスコットランドを横断した。二大名門コースツアーである。西日を浴びて4時間走った。日暮れの遅いスコットランドの夜もとっぷりと暮れたころに直営ホテルに着く。食事をして、疲... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/28 06:23
No.597 低弾道(10)ミズノMP-630FTの使い心地
 ホームコースへ行く。ドライバーを買い替えた。手元調子のシャフトを友人から借りて、試したところ良かったので、早速買いに行った。だが、手元調子の標準クラブは普通は売っていない。中調子でどうか、と店員が言う。試打したらスピン量が2800近辺である。これなら吹き上がらないのではないかと考えて購入した。  ミズノMP-630FTでの最初のラウンドである。緊張の第一ショットは、まずまずだが、打音が他のクラブと全く異なる。金属音がしない。壊れたクラブヘッドの音がする。他の人はミズノはこのような音だと言うが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/27 06:50
No.596 バックスピン(1)レイトヒットは足で打つ
 町内の碁会に出る。この会は気楽に打てるから楽しい。一局目は、最後に追い落としを見損じて中押し負け、二局目は、序盤から会心の出来で、後半追い込まれるも逃げ切り、中押し勝ち。勝ちたいとか勝たねばならぬとか、欲望ばかりで余裕のない戦いでは、勝ち戦はない。ゴルフも同じ、淡々と力量に余裕のある戦いをすればよきスコアも期待できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/26 06:55
No.595 レイドオフ(39)右ひざの使い方
 Lionhead Golf & Country Clubは、カナダはトロントの南にある。ある夏の金曜日の午後ラウンドをすることができた。北米の企業は金曜日は午後早い時間に終業する。遅くとも3時には終える。だから金曜日の午後のゴルフコースは何処も満員である。10月後半から3月までゴルフができない土地にあって、夏場は日光浴も兼ねて貴重な時間である。  この時、一緒にラウンドした方には本当にお世話になった。仕事の細かいことは解らないと言いながらも、ツボを外さない要請が度々あったし、ゴルフシューズを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/25 06:48
No.594 低弾道(9)引っ掛けの原因と対策
 大阪から高校の友人が上京する。大阪勤務時代によく飲んだ。在京の友人も合流し3人で飲む。3人ともゴルフが好きだ。何歳までゴルフができるだろうと言う話題になる。私のクラブには高齢者ゴルファーも多い。70歳75歳の方と同伴することも度々ある。だが80歳となると激減する。大阪の友人は85歳までやりたいと言う。65歳でリタイアして少なくとも20年間はゴルフを楽しみたいとの希望。その割に身体を鍛えているとは思えない。酒の強さが寿命に比例するなら長生きするのは間違がないが。彼は95歳ぐらいまで生きながらえる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/24 06:53
No.593 アプローチの極意(19)膝を如何に使うか
 英国ゴルフ遠征でお世話になった方が8年ぶりに帰任した。その帰国歓迎会である。この方とは、私の大学の友人がロンドンにいる会社の同僚を紹介してくれたのが縁で知り合いになった。力強いショットをするが何よりもマナーがよい。一緒にプレイをして楽しい。  私の友人も海外の経験が長い。何処の国のワインが一番値打ちがあるかと議論するが、80年代に欧州を経験した友人は、南アだと言う。帰任したばかりの知人は、チリではと推薦する。経験した時代で欧州の輸入ワインの国は変遷している。90年代の私は、数は飲んだけれども... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 05:24
No.592 レイドオフ(38)脱力すればトップも治る
 インガソルゴルフ&カントリークラブはカナダのオンタリオ州ロンドンの近くにある。スズキとGMの合弁会社があった町だ。或る年の夏、北米のお客さんを訪問した際に、プレイする機会があった。Ingasoll Golf & Country Clubと書く。村の小さなゴルフ場という趣である。夏と言っても晩夏であったから、ぼちぼち枯葉がフェアウェイを埋め始めていた。何番ホールかは思い出せないが、ちょっと打ち上げのショートホールで、アイアンが良い当たりをしてグリーンに乗ったようだが、木陰が揺れ動き、葉っぱも散ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/22 05:08
No.591 低弾道(8)何故シャフトで球筋が変わる
 大学時代の友人二人と千葉県茂原市の真名カントリークラブへ行く。京葉道路から千葉外房有料道路を走る。早朝だから渋滞もない。帰りは、アクアライン経由にする。こちらが高速料金は安い。  ゲーリー・プレイヤーの設計である。このコースの特徴はバンカーである。全てのバンカーの壁が、グリーンに対して垂直に切り立っている。入れればグリーンに向かって打つのは難しい。更にこの壁が土壁なのが興味深い。このコースの一大特徴であろう。但し、メンテナンスが大変と思う。だから、普通は芝生の壁が多いのである。手入れを易... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 06:37
No.590 低弾道(7)クロストップとコッキングの方法
 レイドオフにトップを変えて初めてのホームコースデビューである。練習では良い感覚が得られているので楽しみにしていた。少々緊張気味にティーショットを打つ。そこそこの当たりであるが飛んでいない。セカンドも、マーマーであるがやはりショートする。トップの形を気にするあまり、リズムよくスウィングすることができていなかった。手のコッキングに神経が費やされ、体全体で振り抜くことを忘れていた。だから体重移動ができず、弱い球になったのだ。  ショットが悪い分、アプローチとパットが良くなってきている。つい数週間前... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/20 07:01
No.589 低弾道(6)何故アウトサイドインの軌道になるのか
 大学時代の先輩達と3か月ぶりに飲む。皆一様に「大変な震災だった。あれからそれほど長い時間が経った訳でもないが、久しぶりな気がする。物凄く色々なことがあったからだろう。」としみじみと述懐する。今回の震災はとても他人事とは思えない。飲むほどに原発の話題となる。次期エネルギーをどうするという議論に発展する。全員それぞれの主張を持っている。つまり、世論は纏まらない、ということか。純粋に技術論として議論を尽くすしかないのか。だが専門家が事故を起こしたのは間違いがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/19 06:39
No.588 低弾道(5)何故左腕は伸ばさねばならないか
 新香木原カントリークラブは、南総の香木原にある。アクアラインを渡って房総半島を横断し九十九里側に抜ける途中である。会社の技術屋と一緒に行った。プレイ費の安さで選んだ記憶がある。宮本留吉の設計で、山間部の割には比較的フラットなレイアウトである。9番ホールは180ヤード弱のショートであるが、このショットが妙に記憶に残っている。3人が左手前のグラスバンカーに入れて、一人はそこからトップして奥のバンカーに、一人はワンオンするも3パット。やや打ち下ろしで格段のハザードがある訳でもない易しいホールである。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/18 05:52
No.587 低弾道(4)スウィングを支配するのは左腕だ
 日高カントリークラブは、埼玉県狭山にある。高校の友人がメンバーなので連れて行ってもらった。西武新宿線狭山市駅からクラブバスで20分だ。使い込まれたクラブハウスは、必ずしも立派とは言えないが、バブル期の絢爛豪華な成金趣味的な嫌みはない。我孫子のクラブハウスの作りと似ている気がする。  東コースからスタートする。スターティングホールは、直線で何の変哲もないが、両側は松林で最初から距離と精度が要求される。2番は池越えのショート、美しいホールである。受けているグリーンは大きなアンジュレーションで、且... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/17 06:26
No.586 低弾道(3)シンプルスウィングとは何か
 横浜の碁会に出る。1勝2敗。攻めて攻めてそして大石を取られる。このパターンから抜け出せないが、久しぶりに初戦で攻め抜いて勝つ。この味が忘れられない。  某企業のOB会に入れて戴いているので、碁終了後の飲み会も楽しみだ。当然、その会社の話題が多い。古い伝統のある会社であるから、元貴族、元財閥の関係者も働いている。話題の中で歴史上の人物に思わぬ出会いをすることもあり楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 05:07
No.585 低弾道(2)何故レイドオフが重要か
 ラフォーレ&松尾ゴルフ倶楽部は千葉県山武である。森ビルが経営するゴルフ場である。ラフォーレ倶楽部は各地にレジャー設備を保有しており、大手各社の健康保険組合が従業員の為に会員になっている。数口入っている企業も多いだろうから千億円程度集めることはバブル期では簡単であっただろう。無利子の運転資金だ。森ビルの経営戦略は大したものだ。  高校の友人とコンペを開いた。6千ヤードちょっとで距離はないが、14のホールが池に面している。それぞれの池はそれほど圧迫感がある訳ではないが、初心者には嫌なコースであろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/15 05:25
No.584 低弾道(1)スコアが悪い時のシナリオ
 月例に出る。常連メンバーの方と久しぶりにご一緒する。震災を思うとゴルフをする気になれなかったという某社の元会長、少しばかり老け込んだ印象を受ける。途或る著名企業の社長は、バックスウィングが腰の辺りまでしか上がらないがここから体全体を使って振る。良く飛ぶ。ゴルフの原点を思い起こさせられる。もう一人のメンバーは、私と同じハンディで70歳を遥かに超えておられるが、リズムよく飛ばす。4人ともショットが乱れてスコアも乱れる。春風の所為と考えよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/14 05:43
No.583 レイドオフ(37)何故トップするか4
 久しぶりに町内の碁会にでる。ネット碁で負け続けて落ち込んでいたからあまり自信はない。剛腕で攻めの碁を打つ人と対戦する。過去一度も勝ったことがない。私も攻めるから、下手の私が力負けする。今回は序盤で先方が誤り中押し勝ちした。悔しかったのであろう再戦を挑まれ、今度は私が終盤に誤り中押し負けである。この方とは打ち切ることはない。生きるか死ぬかだ。碁は地合の勝負であるから、生き死に勝負は目的ではない。だが攻めの醍醐味が堪らない。だから強くなれない。ゴルフも一緒だ。ショットが悪くても、寄せとパットが良け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/13 05:42
No.582 レイドオフ(36)如何にショットの方向性を良くするか
 若い友人とホームコースへ行く。若いのは忙しくて久しくゴルフをしていないと言う。最近頓に腕を上げてきて、なかなか勝てなくなっていたから、絶好のチャンス到来である。1番で3メートルに付けて行き成りバーディを獲る。敵はボギー、幸先の良いスタートだ。その後、チップインバーディも獲り、楽勝のケースと思ったが、3パットなどしている内に敵はバーディを3つも奪い並ばれてしまう。後半もバンカーからチップインするなど2打リードして勝ちを意識して迎えた最終ホール、セカンドをトップし木下へ、止む得ず第3打をレイアップ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 05:52
No.581 パットの極意(8)正しい回転のボールを如何に打つか 2
 ゴルフの後、テニス仲間との飲み会に出る。妙齢の女性が二人来ている。長老組のテニスに参加している元気な中年婦人である。我がコートに来るようになった切っ掛けは、レストランで、ラケットを抱えているのを見た最長老が声を掛けたことだそうだ。言うなれば軟派したのだ。失楽園などほど遠いが。  テニスのメンバーの一人にタイから帰任した者がいる。タイのゴルフの話題になったので、プレイ代が相対的に高いと言うと、彼は安いコースもあると言う。だが、バンコック界隈の名門は1万円以上する。食費をベースに貨幣価値的に考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/11 05:19
No.580 レイドオフ(35)何故トップするか3
 ホームコースのイベントコンペに参加する。1番ホールのティーショットを左のバンカーへ入れるが冷静にアイアンで出し、グリーン手前へ、上手く寄せてパースタート。落ち着いている、良い予感がする。次の400ヤードを2メートルにパーオンする。ところが、この下りを何と3パット。次のホールは第三打を失敗しボギー。次はパーオンするもまたまた3パット。その後も、寄せてワンパットのパーと3パットが交互である。春先グリーンはロングパットが難しい。  肝心なところで、先日来のスプーンがトップする悪癖が出てしまい、スコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/10 06:33
No.579 レイドオフ(34)何故トップするか2
 映画「The Queen」を見る。1997年8月31日、パリでダイアナ妃が死亡。その葬儀を廻る政府、王室、国民、世論の確執を描いている。私は、この時、ロンドン郊外の自宅でTVを見ていた。当時仕事に疲れて、TVを見ながらその場で眠り込むことも多々あった。この日もそうで、朝4時の緊急ニュースで目が覚めた。喪服を着たアナウンサーが「Prince's Diana was killed」と言うのを聞いていた。彼女の死亡時間が深夜3時であるから、1時間後と言うことになる。  バッキンガム宮殿に半旗が上が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/09 05:38
No.578 パットの極意(7)正回転するように打つにはどうすれば良いか
 ホームコースへ行く。グリップをスクウェアーに変えた効果が出てきつつあり、練習場では絶好調である。ところがいざスタートすると、ティーショットは吹き上がり飛距離が出ないし、セカンドを打つも、ツイツイ手首を返して、フックさせる。ラウンドになると新しいフォームで打ち切れない。昔の名前が出てきてしまう。新しい試みは辛抱してラウンドで実績を積まないと身に付かない。そうこうする内に、スプーンがトップし出した。インパクトで左ひざが伸びている。面白いものだ、少しでも不安があると躊躇する。躊躇すれば当てに行く。肩... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/08 05:21
No.577 レイトヒット(26)如何に脱力するか
 米国西海岸ゴルフツアーの経費の精算をする為に、居酒屋に集合する。一人33万円であった。内訳は、飛行機代が8万、レンタカーが7万弱、ゴルフ代が11万、ホテル代食事代が7万である。レンタカー代が異常に高かったが、事故完全補償型だから致し方ない。通常の保険に加入するだけなら、一日70ドル位だから一人当たり2万円強だ。フルカバーの保険は兎も角高い。お蔭で事故を起こしたが何の心配もなかった。ゴルフプレイ費が高いのは西海岸固有の事情。ぺブル・ビーチでもプレイしたし。一方、ホテル代は安い。そこそこのホテルで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/07 06:25
No.576 レイトヒット(25)スウィングプレーンが変わればグリップも変えろ!
 連句の会に出る。最近この会で戸惑うことがある。基本が解っていないから、何が良いのか基準が見えないのだ。良い句と悪い句の境目は、ある意味で感覚に委ねられる。ゴルフであれば、上手い、下手の基準はスコアだ。万人に理解できる。連句にも斯かる基準はあるのであろうが、ハイレベルにならないと判らない。所詮、素人集団だから、各々の判断に委ねられることになる。言うなれば、統一基準が解っている者が少ないから、個人の嗜好に流れるということであろう。私のような理屈先行の人間には不向きなのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/06 05:15
No.575 レイトヒット(24)何故肩が回らないと駄目なのか
 浜松最終日は、静岡カントリークラブ袋井コースへ行く。掛川駅から車で10分ほどである。袋井、掛川のゴルフ銀座の中で一番南に位置している。だから、他のコースと較べて起伏が穏やかである。昔の里山に作られたコースであろう。松、杉等の針葉樹よりブナ、樫等の広葉樹が多い。広葉樹の方が落ち着いた雰囲気がするから不思議である。パットの練習をしていると、レストランから大きな声が聞こえる。挨拶の練習をしている。朝一番の従業員教育である。清々しくて気持ちが良い。  久しぶりに師匠とのプレイである。良いところを見せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/05 05:16
No.574 パットの極意(6)何故春先のグリーンは難しいか
 浜松でのゴルフ二日目はいなさゴルフ倶楽部である。前日のザ・フォレストと似て山岳コースであるが、こちらの方がややフェアウェイが広いか。距離もないので私には得意なコースである。友人二人とその息子さんと一緒に回る予定にしていたが、一人の友人にご不幸があり、ツーサムでラウンドすることになった。彼は私の業界の前行程を担当している会社を一昨年リタイアした。仕事関係で長年の知り合いである。海外勤務が長く、重慶、上海、そしてタイに15年間赴任し、ゴルフも楽しんだとのこと。気風の良い振りをする。バックスウィング... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 04:53
No.573 レイトヒット(23)雨の日のラウンドの注意点とは何か
久しぶりに浜松の仲間とのゴルフである。着いた夜、駅前の鮨屋で前夜祭を催す。開店間もない店だそうで、テキパキと言う訳ではないが、素人さが残り、これはこれで初々しくてよろしい。但し、鮨屋のだす刺身にしては、小振りで量も少なく不満が残る。魚は新鮮で悪くはないだけに勿体無いことだ。  実は浜松には行き付けの鮨屋があった。親父が同級生であったから、馴染みとなり長年通っていたが、病気をしたとかで閉店した。どうしているのだろうかと電話をしてみた。寿司職人の職業病で手首の腱鞘炎に掛って、手首が痛くてどうにもな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/03 05:52
No.572 レイトヒット(22)レイドオフは何故難しいか
 元部下のお父さんが亡くなられたのでお通夜に伺う。会社のメンバーも多数列席している。92歳で天寿を全うされた。草創期の日本経済を背負って頑張ってこられた大先輩である。これらの先輩の不眠不休のご努力がなければ、今日の日本はない。ご冥福を祈る。実は、一度だけ電話で話したことがあった。大先輩に電話するので多少緊張しながら話したのを昨日のことのように思い出す。若気の至りで生意気なことを申し上げた。もう謝る機会もない。  自分の迎えもやがては来る。世間から評価いただけるような人生だったとは言えないかもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/02 06:27
No.571 レイトヒット(21)何故スウィングプレーンは壊われるか
 高校の同窓会で横浜まで来た大学時代の友人と、在住の先輩とで一杯飲む。彼は我が同窓会を欠席することが多く心配していたが、元気であった。70に近い先輩は、元気印の字が負けそうなほどの万年青年の趣である。  震災の話から、政府の無策無能の話になり、そして、官僚のエゴイズムの話になった。日本で一番優秀な官僚を使えない自由党への批判が多いが、私は少し立場を異とする。間違いなく官僚は優秀だ。明治政府を動かしたのは官僚だし、その後の日本を作ってきたのも彼らであるのは間違いがない。天下国家を語ることができた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/01 05:27
No.570 パットの極意(5)如何に真っ直ぐ打つ練習をするか
 ホームコースの月例に出る。バーディで1番を上がり、今日は調子が良さそうだと自信を深める。ところが3番で簡単なレイアップのショットを失敗し、アプローチも寄らずダボとする。5番でパーパットを強く打ち過ぎて返しも入らず再びダボとすることもあったが、その後は持ち直して前半はそこそこで上がる。気を引き締めて後半スタートするも、10番で、3メートルのバーディパットを3パットしてボギーとすると、その後は1メートルは言うに及ばず、50センチも入らなくなり、3パット2回、4パット2回、5パットもしてしまう。殆ど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 05:26
No.569 レイトヒット(20)アドレスでウエイト配分は如何にあるべきか
 大学の友人二人と久しぶりに一杯飲む。近くの居酒屋だ。5時過ぎに満員となる。安くて美味ければ店は流行る。年金生活者にはありがたいことがだが、薄利多売も問題がない訳ではない。  友人の息子さんが途或る所で喫茶店を経営していた。お客も多く、流行っていたそうだが、肉体ばかり酷使して、利益が少ないということで店を閉めたとのこと。駅前の便利な場所だったから、家賃がべら棒に高かったのが採算が取れなかった原因と言う。何か世の中変だ。お客は一杯来る、世間並みの御代を戴く、それでは赤字だと言う。  バブルの時に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 05:21
No.568 レイトヒット(19)バックスウィングを如何にするか、右腰が引けてはならない
 米国西海岸ゴルフツアーを共に戦った仲間とホームコースへ行く。言うなれば観桜ゴルフツアーである。丁度桜は満開であったが、折からの強風で散り始めており、通路、練習グリーン、そして、フェアウェイ、ラフが絨毯を敷き詰めたが如く花弁が覆い尽くす。この景色は、世界広しと言えども、春の日本のゴルフ場にしかない。エニシダの咲く春とヒースの咲く初夏の英国。この3か所は、これだけで訪ねる価値がある。  K君は、米国西海岸ゴルフツアーから帰り、練習に努めていると言っていたが、その効果は早くも出始めている。ショット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/28 05:45
No.567 レイトヒット(18)如何に切り返すか、トップでの遊び、緩みを作るな
 横浜の碁会にでる。数日前の碁会で惨敗していたので、秘かに期して挑む。結果は全敗である。終局後、人柄のよい先輩がぽつんと言う。「今日は、やたらと戦闘的でしたね」と。そうなのだ、自分では戦闘的とは思っていないが、この石は殺せる、殺さなければならない、と言う風に考えることが多いのも事実だ。上手を殺しに行くのだから大抵の場合はこちらが殺される。死を恐れては上達はない、とも思うが、身の程知らずの不遜とも言える。  この強気がゴルフのショットのときにでない。上手くいくかな、と思案しながら振るスウィングに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/27 05:25
No.566 レイトヒット(17)何故トップするのか、アウトサイドインで腰が止まるから
 米国西海岸ゴルフツアーへ一緒に行った友人宅の食事会に出掛ける。持ち回りで食事会をやろうと始めた。一回目は小宅であった。今度が二度目だ。郊外の閑静な住宅地に建つ立派な邸宅である。自宅の隣を遊歩道が走り、その街路樹の木々が16年経過して大きく聳えている。これを借景とした庭には季節の花々が咲き誇り、見事である。  ツアーの写真をTVに写し、思い出話に花が咲く。私が、山の細い道で、左側を走っていて事故を起こしかねなかった話をすると、奥さん方は一様に驚く。知らなかったのだ。誰しも家族にあらぬ心配を掛け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/26 05:10
No.565 アプローチの極意(18)何故、方向性が悪いのか
 イランから帰国した者とタイから一時帰国した者の歓迎会に参加する。中華料理である。元居酒屋の跡に開店したとのことであるが、私が住んでいる街でも、中華料理屋だけは元気である。元気がないのは、和食屋である。日本食の繊細さは、大量販売とか廉価サービスに馴染まないのであろうか。時代が文化を作るから、このままでは日本食文化は、変質し、無くなってしまうのではないか。マックとファミレスと中華に統合され、日本食はラーメンだけになりはしないか。そして、訳の判らん文化人とか似非エリートはイタ飯へ気取って出掛ける、て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/25 16:00
No.564 レイトヒット(16)何故ダフるのか、回転軸が傾いていないか
 定期検査の為に病院へ行く。担当の医者は、若くて親切である。丁寧に見てくれる。色々と検査したが、持病は現状維持で、当面の心配はなさそうだ。ほっとする。血液検査で看護婦さんが採血してくれる。私より一回りほど若い。それでも、注射針を熱湯消毒して使いまわしていた時代を知っている。それほど昔のことではない。安全性が危険に満ちていた時であろうが、だからと言って、病気が蔓延していた訳でもない。今の方が正体不明の病気が増えているのではないか。いやいや病気の原因が解ってきたから、病気が増えたのかもしれない。知ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/22 05:30
No.562 アプローチの極意(18)距離感の感覚を磨くには如何に
 米国西海岸から帰り翌々日、ホームコースで兄と甥二人と久しぶりにラウンドする。カルフォルニアの温かい気温から、突然真冬の気温に戻り、体が固まってしまっている。春が何処かへ逃げてしまったようだ。  70歳の兄は、病気の後遺症が少しだけ残っているが、至って元気だ。甥二人も若さが一杯で、飛距離ではとてもでないが敵わない。  グリーンがスティンプルメーターで11に設定されていて、大変速く触るだけで転ぶ。全員距離感が合わない。特に、甥二人は苦労していた。最初は、強く打ち過ぎて大オーバー、返しはビビッて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/20 08:12
No.561 米国西海岸ゴルフツアーの秘訣(18)
 12日間13ラウンドの米国西海岸ゴルフツアーは無事終わった。費用は、一人当たり33万円程度であった。意外と高かったのは、レンタカー代。特に、保険費用が高かったが、お蔭で、事故に遭い、相手方に逃げられたが自己負担はゼロで済んだ。ゴルフプレイ費は一人12万円程度。東海岸、中西部と較べればやはり倍は掛った計算だが、ぺブル・ビーチでもプレイしたから致し方ないか。旅行会社のパックを見ると6日間3ラウンドで70万円ほど掛る。楽老エージェントは4倍のラウンド数で費用は半額である。老後はこれをビジネスとするか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/19 07:03
No.560 米国ゴルフツアー(17)SummitPointe Golf Course
 Poppy Ridgeで一緒にラウンドした米人が、今回の米国西海岸ゴルフツアーで何処を回ってきたと聞くので、説明すると「素晴らしい選択をしたね。良いコースばかりだ」と褒めてくれる。今後の予定は何処だと言うので、Wente VineyardsとSummit Pointeだと応えると、「Wenteは素晴らしいがSummitは止めとけ、フェアウィがぬかるんでいるからこの季節ここは駄目だ」と言う。彼は、Roddy Raunch が抜群だと推薦する。別れ際にも、SummitでなくRoddy Raunch... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 05:31
No.558 米国ゴルフツアー(16)Wente Vineyards
 The Course At Wente Vineyardsは、前日のPoppy Ridge Golf Courseの直ぐ近く、山一つ離れたところにある。周囲を小高い山に囲まれた盆地の中の、文字通りブドウ畑の真ん中にある。このコースも師匠とプレイをしたことがある。残念ながら、クラブハウスのレストランのテラスでした食事の記憶が鮮烈で、コースのことは少ししか記憶に残っていなかったが。  良く晴れた日であったから、それまでの雨でプレイを諦めていた人たちが、大勢押しかけてきたので超満員である。スタート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/17 05:58
No.557 米国ゴルフツアー(15)Poppy Ridge Golf Course
 米国西海岸ゴルフツアー10か所目は、Poppy Hillsの姉妹コースのPoppy Ridge Golf Courseである。トヨタ-GMの合弁会社NUMMIがあったフリーモントから東北に上った山間にある。サンノゼから1時間ちょっとの距離である。天気は快晴、気温は25度近い。これが所謂カリフォルニアの抜ける蒼空か。最高のゴルフ日和である。  バニーという米人が一緒にプレイをすることになった。NFLマイアミドルフィンズの選手でQBをやっていたとのことで、彼の伝説のQBダン・マリノの少し前にプレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/16 08:01
No.556 米国ゴルフツアー(14)Cinnabar Hills Golf Club
 米国西海岸ゴルフツアー9日目、Cinnabar Hills Golf Clubは、サンノゼから30分ほど南に下った山肌にある。師匠と一度プレイをしたが、師匠が風邪をひき途中で切り上げたコースである。あの日も晴天であったがこの日も晴天であった。天候が回復したから、ゴルフ場は大盛況である。早めに着いたのでアプローチの練習をする。どうも距離感が合わない。ボールにスピンが掛らないからだ。N君にロブショットのやり方を伝授する。あっという間に会得したようだ。この日は流石に不慣れであったが、翌日からはビシビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 06:05
No.555 米国ゴルフツアー(13)ラフからの打ち方 米国の芝生は強靭で粘っこい
 米国の芝は、日本の芝に比べて、粘りがあり、クラブに絡まり、抜けない。ボールが半分埋まる程度のラフでさえ、長いクラブで出すことは、かなりの力自慢でないと難しい。我々3人で、ラフから脱出できたのはN君のみである。K君と私は殆どギブアップであった。特に、前半のHiddenbrookeとStone Treeのラフは、到着したばかりと言うこともあり戸惑いの連続であった。兎も角、クラブヘッドが草に絡まり抜けないのだ。日本のラフの感覚と全く異なる。モントレーのコースは、観光客用に刈り込んでいるから、それほど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/14 05:16
No.553 米国ゴルフツアー(12)Eagle Ridge Golf Course
 米国西海岸ゴルフツアーも後半戦に突入である。モントレーを引き払い、サンノゼへ移る。モントレーとサンノゼの中間にあるEagle Ridge Golf Courseへ行く。師匠の推薦のコースの一つである。10時の予約であったが早めに行きスタートを早めて貰おうと頼んだが、満杯で時間通りだと言う。天候が回復した日曜日であるから、雨で辛抱していたゴルフ好きが大勢押しかけてきたから込んでいる。  カルフォルニアを南北に走る国道101号を降りて直ぐの山の斜面に開発された住宅地の中に付属するコースである。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 06:49
No.551 米国ゴルフツアー(11)Pacific Grove Municipal Golf 2
 前日のSpanish Bayの最終3ホールは、誠に嵐で、強風と強い雨でとてもでないが、スウィングができる環境ではなかったが、Pacific Groveでは、ほゞ一日中雨と風に当たられたので体力の消耗と言う面では、こちらの方が一段と厳しかった。冬の雨のゴルフで、記憶に残る最悪のゴルフ日和であった。  それでも良いショットが出ると寒さも忘れるし、面白さも出る。K君は、某社の社長としていて接待ゴルフのプロであったようだが、リタイア後我々の趣味のゴルフに付き合いだし、スコアも良くなり、本当のゴルフの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 05:50
No.550 米国ゴルフツ(10)Pacific Grove Municipal Golf Link
 米国西海岸ゴルフツアー7日目のPacific Grove Municipal Golf Linksは、モントレー半島の北西先端に位置している。所謂、Pebble Beach Linksの敷地内ではないが、それに隣接しているパブリックコースで、海に面した自然環境はPebble Beach Linksと全く同じである。それ故、$50以下でプレイできる全米コースのトップ42位にランクされ、間違いなくコストパーフォーマンスに優れたパブリックである。  ストームも通り過ぎたので天候が回復すると期待した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/11 06:18
No.549 米国ゴルフツアー(9)ペブルビーチゴルフリンクス
 米国西海岸ゴルフツアー6日目、Poppy Hillsでのプレイを終えて、彼の世界的に有名なPebble Beachを見学に行く。同じ敷地内であるから数分で難なく着く。駐車場に車を止めて、1番ティへ向かう。K,N君は、興奮止まずとうとうティーグランドの傍まで行ってしまう。二人で写真を撮り合っている。慌てて呼び戻す。スターターも慣れていると見え、寛容であった。社会的な地位も高い友人二人にしても、Pebble Beachの名声に負けたようだ。宣なるかな。  そこから18番グリーンのすぐ傍の崖の上に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 05:07
No.547 米国ゴルフツアー(8)Poppy Hills Golf Course
 米国西海岸ゴルフツアー6日目は、カリフォルニアでベストパブリック24位、サンフランシスコで4位ににランクされるPoppy Hills Golf Courseである。Pebble Beachの3コースに次ぐ人気のコースだ。前日に名門Spanish Bayで嵐に襲われながらプレイをしたから、如何なる天気予報でも怖いものなしである。前夜は雨であったが、朝出発する頃には晴れてきた。祈りが通じたのであろう。ほゞ快晴。  このコースは、勿論モントレー半島の中にあり、斯のPebble Beachの真隣りに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/09 05:02
No.546 米国ゴルフツアー(7)Spanish Bay
 今回の米国西海岸ゴルフツアーの最大の目玉であるSpanish Bayへ行く。全米で42位にランクされる名コースである。一度師匠と一緒にプレイをしたが、Pebble Beachの中でも、Spyglass Hillと共に好きなコースの一つである。人気ではPebble Beachが一番であろうが、素晴らしいのは6,7,8の海沿いのホールと18番の最終ホールぐらいでその他のホールは、スコアの難度は別にしてそれほど記憶に残るものではない。それに比べるとSpanish Bayは各ホールがそれぞれ固有の味を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/08 05:45
No.545 米国ゴルフツアー(6)Del Monte Golf Course
 米国西海岸ゴルフツアー4日目は、ペブルビーチ4コースの一つ、Del Monte Golf Courseである。Pebble Beach Linksからここだけ離れていることもあり、Pebble Beachの中ではそれほど評判は高くないが、1897年の開場でミシシッピー以西では一番古いコースである。このコースだけはまだプレイをしていなかったので、これで4コース制覇することになる。だが生憎の雨模様でシャワーもあると言う予報。ゴルフ以外にすることもないので、兎も角、コースへ出かける。駐車場に車は一台... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 06:03
No.543 米国ゴルフツアー(5)Carmel Valley Ranchその2
 米国西海岸ゴルフツアー三日目のCarmel Valley Ranchは、上品なリゾートホテルでバンガロー風、コッテージ風の部屋がコースに沿って並んでいる。如何にも米国風だ。英国ではあまり見かけないスタイルである。  今回のツアー中、クラブハウスでは食事をしなかった。理由は極めて単純で、運転する人が飲めないからだ。少しぐらい酒を飲んでも、という考えは完璧に捨てていた。取分け、運転事情の異なる海外では尚更だ。  ところが、唯一ここCarmel Valleyでプレイ後、クラブハウスの中のレストラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/06 06:41
No.541 米国ゴルフツアー(4)Carmel Valley Ranch
 米国西海岸ゴルフツアー二日目が終わる。ホテルの近くにレストランがないし、遠くのレストランへ行けば帰りの運転があるから誰か酒が飲めない。で、酒、ビールはスーパーで買い、食べ物はテイクアウトで持ち帰り、ホテルの部屋で食事をする。今夜は中華である。食事しながら、息子から買い物を頼まれたので、米国人の友人に電話で相談をする。すると何と驚いたことに彼もモントレーに奥さんと休暇で滞在中であると言う。それも翌日プレイするCarmel Valley Ranchの直ぐ近くに泊まっていると言うので、翌日のプレイ後... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/04/05 06:33
No.540 米国ゴルフツアー(3)Stone Tree Golf Club
 米国西海岸ゴルフツアー二日目は、ホテルの近くのレストランで朝食をとる。ウェイトレスがコーヒーのお替りを何度となく問い掛けてくるのには参った。向かうは、サンフランシスコ湾の北部にあるStone Tree Golf Clubで、ここもカルフォルニアのベストパブリックにノミネートされている常連である。セキュリティが確りした門を入っていくと茶色のレンガ造りのクラブハウスが飛び込んでくる。出迎えてくれたスターター部門の礼儀も正しい、気分が良い。  天気は良く晴れているが、前夜からの雨でフェアウェイはぬ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 05:49
No.539 米国ゴルフツアー(2)Hiddenbrooke Golf Club
 米国西海岸ゴルフツアー最初のコースは、サンフランシスコ湾の北部にあるHiddenbrooke Golf Clubである。このコースはサンフランシスコ界隈でトップ10パブリックコースに常にノミネートされている。2010年では全米パブリックの9位であった。早朝、時差で眠られない夜を過ごし、ボーとした頭で車を走らせる。このような場合は、低速走行が鉄則だ。  ゴルフコースは、新しい住宅地の開発とセットで開場したと思われる。周囲に瀟洒な邸宅が並ぶ。売り出し時は何れも2億以上した邸宅だ。コースはこの住宅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/03 06:14
No.538 米国西海岸ゴルフツアー(1)
 大学時代の友人二人と西海岸へゴルフツアーに出かけた。航空機、ホテルの手配、ゴルフ場の予約、一切を自分たちでやった。言うなれば自前のパックツアーである。そこらの旅行会社のパックより、ゴルフ場の「格」が一段と上なのは、自分たちでトップクラスから選んだからだ。お蔭でプレイ費だけで全体の40%にもなってしまった。  羽田のファーストクラスラウンジへ9時ごろ入り、適当に(実はたっぷりと)飲み食いし、搭乗する。エコノミエーの最前列の席で、座席の前は扉で広々と開けている。友人から、パックツアーではこのよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/02 06:04
No.537 レイトヒット(14)フライングエルボーの弊害
 ゴルフで調子が悪くなる原因は無数にある。形を変え品を替え、である。特に、芯を外すショットは、極微妙な変化に起因していることが多い。だが、この変化点は、基本要素の一部を形成しているから、ショットに大きな影響を及ぼす。そして、小さな変化点であるから、その部分を特定することが自分では難しい。  実は、こんなことがあった。ショットが突然スライスした。数年ぶりである。私はフック系統であるから驚いた。早速、練習場へ行き、スライス対策をする。直ぐに治る。で、コースへ行く。「大丈夫と思うけど、スライスが出た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 12:18
No.535 パットの極意(4)届かなければ入らないNever up, never in
 「一日5分でシングルになるゴルフメンタル」という本を見つけた。表題からすると、疑問符が沢山付きそうではあるが。一部の趣旨を紹介する。  (パット)カップをオーバーさせようとすると3パットのリスク、2パットで収めようとするとカップに届かない、この二律背反を解決できるのは、カップをオーバーさせると言う強い意思である。最初は、3パットが出るだろうが、辛抱強く続けているとやがて丁度良くなる。 (パット)青木功は言う。パットが届かなければ10年経っても入らない。できれば一度もショートさせたくない。入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 07:51
No.533 レイドオフ(33)左サイド主導でスウィングする
 National Pines Golf Clubは、カナダのトロントの北にある。10年以上も前にプレイする機会があった。このコースはPGAツアーも度々開催されるトロント界隈では名門中の名門である。駐車場から、白亜のクラブハウスに向かう。ベランダで暫しお茶を飲む。目の前がコースである。米国、就中、デトロイト、シカゴ或いは西海岸界隈ですることが多かったが、ここほど鬱蒼とした木に蔽われているコースは久しぶりであった。デトロイト周辺は雑木林が多く巨木に囲まれているコースは少ない。このコースは巨木と言う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/18 17:18
No.529 アプローチの極意(17)足はオープンだが胸と肩はパラレルでなければならない
 The Nairn Golf Clubは創立1887年で、スコットランドの北インバネスの近くにある。15年ほど前に、息子と休暇で界隈を旅行した時に、一緒にプレイをした。後にも先にも息子とプレイしたのはこれが今のところ最初で最後である。勿論、その時の息子はゴルフなぞしたこともなく、私に付き合ってのプレイであるからもう滅茶苦茶である。クラブは予備に持っていたが、バッグを持っていかなかったので、息子は6本ほど抱えてラウンドをしていた。すると、コース整備の小父さんが見るに見かねて、9番ホールのグリーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/18 06:36
No.528 レイトヒット(13)肩を開くな、腰から動き、肩は辛抱せよ
 La Costa Resort & Spaは、米国西海岸サンディエゴの北にあるリゾートである。10数年前に、合弁会社の総会で行った。ロンドンから直行便で飛んだが、大変な目にあった。直行便とは名ばかりで、最初にカナダのモントリオールでワンストップ、2時間ほどいて飛び立つも、次はフェニックスへまたまた寄り道する。ここで又1時間ほど、やっとのことでサンディエゴに着いたが、24時間は掛っていた。直行便とは、機体を乗り換えなくても良い、と言う意味でノンストップではない。空から見たフェニックスの街が真四角... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/17 15:46
No.527 レイドオフ(32)如何に振り切るか
 日常性を取り戻すために、予定稿を出すことにする。  Silverado Resort in Napa Valleyは、サンフランシスコの北、ナパの街を少し北へ登ったところにある。合弁会社の年次総会をここで開催した。米国独特の会議とリゾートが一緒になっている施設だ。建物は大きな白亜の御殿のようで圧倒される。近くにJALの訓練センターもあったが、数か月前にこれも閉鎖になったようだ。初日が総会で翌日がゴルフである。もう10数年前のことであるから、貸クラブの質が悪く、勿論腕も大したことがなかったのも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/17 07:57
No.525 アプローチの極意(17)低い弾道でスピンを掛ける
 高校の同窓コンペの翌日、当会で一番上手な友人と1泊して、千葉廣済堂カントリー倶楽部へ行く。私は3年前にプレイをしているが、廣済堂レディースのコースでぜひやりたいとの彼の強い希望にお付き合いをした訳である。朝6時半にホテルのロビーで顔を合わすと、彼は真っ赤な顔色で二日酔いが全身を駆け巡っている。  東コースからスタートする。ティーショットは久しぶりに芯を捉えた。ところがアイアンの当たりが薄い。本調子でない。寄せも今一である。二日酔いの彼に付き合った訳ではないが、ショットがバタバタとしてスコアが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/16 09:15
No.517 レイドオフ(34)バックスウィングで伸びあがるな
 高校の同窓会のゴルフコンペに出かける。今回は、千葉セントラルゴルフクラブである。経営母体は、第百商事株式会社であるが、この創業者は我が高校の先輩である。館山自動車道路市原ICから25分程か。何処かの企業の取引先招待コンペと横浜からのバスツアーコンペが行われていて、我々のコンペは片隅に追いやられた感じではあったが、殆どのホールがフルバックにセットされていたので、コースの設計思想を存分に味わうことができた。  Aコースからスタートするも、行き成り1番581ヤードのロングで、尚且つグリーンは砲台型... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/14 05:35
No.515 レイドオフ(30)手にマメが出来てはいけない
 横浜の碁会に出る。このところ最後の詰めが甘い。だが、本当の原因は、全体の戦略にある。私は攻めるのが好きである。守るのは嫌いだ。如何に上手で強い人であっても、攻めたい、攻めなくてどうする、という感じである。だから、後半になると、弱い部分があるからそこを攻められる。で、見損じる、読み間違う。大石が死ぬ。ここ数週間、このパターンが多い。弱いからだ、だが、考えようもある。見落とすのは弱いからだが、攻める気持ちは先天的なものだ。地力が付けば怖いものはなくなる、はずだ。反省が足りないのかなー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/13 05:46
No.512 レイドオフ(29)スライスが出た時の対策
 ホームコースへ行く。春のような陽気である。ところが、同伴のプレイヤー3人とも、それにキャディさんも花粉症で、全員でグスングスンと鼻を咬んだり、目から涙を溢れさせている。健全者は私だけ。前後のパーティーもほぼ同様の状況である。年々花粉症が蔓延してきているように感じられる。自然が破壊されつつあるのか、人間が軟弱になりつつあるのか。  その所為で、全員スコアが悪い。私は何の関係もないのに、これまた、数年ぶりのスライスに悩まされた。ドライバーが弩スライスして、この病気がフェアウェイウッドに移り、最後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/11 06:10
No.511 レイドオフ(28)スウィングアークを大きくする方法
 鴨居の碁会に出かける。初段、2段の方と打つ。既に両方には先勝している。初段の方には上手く打たれて完敗。2段の方とは、終盤まで当方の完封ペース、ところが追い落としを忘れていて、要の石を取られて、逆転負け。これも全て、実力の差。危険な臭いを感じ取れないと駄目だ。ゴルフも同じ、無理すれば、ダボかトリとなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/10 17:09
No.510 チップショットの極意(2)短い距離でもスピンを掛ける
 アメリカ西海岸へゴルフツアーに一緒に行く友人二人と旅の打ち合わせをする。昼食を兼ねて一杯飲む。三人とも酒好きであるから、何時も飲み過ぎてしまう。本日は2時間で切り上げたので全員ほろ酔い加減で丁度良い。  サンフランシスコ周辺で10日間で10ラウンドの予定である。Internetで西海岸の評判の良いコースを選んだり、師匠にアドバイスを戴いたりして決めた。何れもその地域でベスト10に入っている。殆どのコースがInternetで予約できる。誠に便利である。サンフランシスコ空港から北へ上がり、湾北の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/09 06:05
No.509 チップショットの極意(1)トップしない打ち方
 Donnington Grove Country Clubは、英国南部Newburyという町の近くにある。ロンドンから1時間ほどである。Donningtonは1700年代半ばに建てられたマナーハウスがホテルとクラブハウスになっている。建物は重厚な石造りで、部屋は古さを保存しているから暗くて広い。当時は日系資本が経営していたが今は知らない。近くにホンダの英国工場があり日本人の利用客も多かった。日本からの出張者が来るとここを利用することもあった。ホテルは池の前の高台に建っていて、コースはその池の向... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/08 07:26
No.508 アプローチの極意(16)アプローチの軸は緩んではいけない
 レインボーカントリー倶楽部は、神奈川県秦野市にある。二宮駅から知人の車に同乗した。仕事でお世話になった先輩である。時々ゴルフを楽しむ仲であるが、最近、体力的にも難しくなり、暫しご一緒していない。プレイ中楽しい話で盛り上げてくれる方である。このコースとの出会いは古く、30年も前である。担当していた販売会社の顧問の方がメンバーになっておられたので、その紹介で仕事仲間とかお客さんと度々プレイをした。このメンバーの方は、今では90歳を超えておられると思うが、足が不自由であったが矍鑠としてプレイをされて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/07 06:08
No.507 レイドオフ(27)バックスウィングは手で上げてはならない
 川崎の碁会に行く。5段の大先生と打つ。先生の石を殺してこれは完勝。続いて、同じく5段の先輩と打つ。この先輩は何時も紛れを求めて難しく打ってくる。緩めば地合で負けるし、強くいけば最終局面で殺される。今日は、年に一度の絶好調の日であった。敵の寄せも凌ぎ、これも完勝。最後は、互先の白で打ったが、体力気力も今一つになってしまっていたので、完敗。やはり、気力は大事だな、と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/03/06 06:15
No.506 レイドオフ(26)バックスウィングでは胸を右に向けろ
 新しい碁会に参加をさせて戴いた。元上司が漢詩の会に入っておられて、その碁分科会にお誘いいただいた訳である。お二人の方と合計4局打った。3回は、見事に大石を殺されて惨敗である。その内2回は、優勢な戦局にも拘らず、強い上手の石を殺しに行って、殺された。この性格は死ぬまで変わらないのだろうか。上手下手を忘れて、殺しに心が動かされてしまう。足元を固めろ、と何時も言われているが直らない。お二人とも温厚な紳士であったから良かったかもしれない。でないと、無礼者!と言われたかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 07:44
No.505 レイトヒット(12)10分で10打縮める方法
 ホームコースへ行く。ショットは段々良くなってきている。スコアもまずまずである。だが、大叩きするホールがある。ティーショットを失敗したり、セカンドを間違えたりしたときに、取り返そうとして、アプローチに力が入ったり、パットに必要以上に気合を入れたりして、却って、更に悪い結果を引きお越してしまう。  このような場合は、ボギーを覚悟してプレイしろ、と教本は言う。その通りだ、だが、二人目の私は、「取り返すことができるはずだ!」と声を掛けてくる。そして、大叩きする。まだまだ若いと言うことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/04 06:43
No.504 レイトヒット(11)ティーショットでトップを防ぐ方法
 友遠方より来る。シカゴから友人が来日。昼食を一緒にする。銀座の鰻屋へ行く。名古屋名物の「ひつまぶし」である。歯触りとたれの味、そして3種類の食べ方が楽しめる。美味い。だが、シンガポールから帰った身としてはべらぼうに高い。超高級の割烹料理屋に行ったわけではない。二人で200ドルを昼食に払う店は北米でも少ない。日本の閉塞感はこんなところにも出ているのか。  彼は某世界的企業の副社長を一旦リタイアしたが、未だ働く気があるようだ。色々と目標を探している由。こちとらは毎日ゴルフの心配ばかりしている。彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 07:12
No.503 レイドオフ(25)右脇は開いても良いが下を向いていること
 シンガポールへ帰るフェリーの1等船室は数組の人いるだけ、行は満員だったのに不思議。タナメラ フェリーターミナルからチャンギ空港北(シンガポールの最東端)に位置するChangi Villageのホテルへタクシーで向かう。途中、Tanah Merah Golf Clubの横を通る。手入れの良さそうなコースが羨ましい。丁度宮里藍が練習ラウンドをしているころだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 06:27
No.502 アプローチの極意(15)フェイスは開いて閉じる
 ビンタン島には、これという観光地がない。貧乏人の業でじっとしているとかぼんやりしているとかが苦手である。で、昼飯をローカルの食堂へ出向く。移動はタクシーしかない。これが高い、べらぼうである。5分も走れば20シンガポールドル。往復で40ドル。で昼飯は、1時間掛けて、チャーハンのようなナシゴレンNasi Gorengとインドネシア名物鶏のから揚げAyam Gorengとビール、これで15ドル、1000円ほど。コーラ、ジュースは只。物価を比較するとどないなっているんや、タクシー代は、とさえ思う。鶏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/01 10:39
No.501 レイトヒット(10)トップでの間の取り方
 ビンタン島へ渡るにはフェリーに乗る。東部のタナメラ フェリーターミナルから船が出る。ターミナルへ向かう途中の高速道路沿いにNational Service Resort & Country Clubが右側に、そして、Laguna National Golf Courseが左側に見える。何れのコースも、ホールの両サイドは小高く積み上げられた土手となっており、所謂、アメリカンスタイルである。リンクスと書いてあるガイドブックもあるが、とんでもない。リンクスとは別のカテゴリーに属している。  その奥... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/01 07:44
No.500 アプローチの極意(14)如何に出玉の高さを一定にするか
 駐在経験のある友人から、シンガポールで食べるべき料理を指示されていた。チキンライス、フィッシュヘッドカレー、チリクラブ、小龍包。有名なチリクラブの店はクラーク・キーのJunbo Seafoodsとのご指定。6時ごろ出向くも超満員。7時40分までなら空いている席があると言うことなので、店先のオープンデッキの席に座る。甲羅の直径が20センチもある蟹が真っ赤なチリに染まって出てきた。スープが上手い。蟹のエキスが溶け出した味は濃厚で絶品である。足の身を掘り出すがつるつる滑って上手く取り出せない。両手は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/28 07:09
No.499 レイトヒット(9)前傾姿勢の維持
 シンガポールは、マレー人と中国人の国(簡単にこのように規定することは問題とは思うが)であるが近隣の国から労働者が流れ込んできているから多民族国家とも言える。そして、それぞれの民族が街を形作っている。Little IndiaとかChina town中華街とかアラブ・ストリートAlab Street、ホーランド・ビレッジHolland Villageとか特色のある街が多い。リトル・インディアは、広大なインド人街である。強烈な香辛料の匂いが町全体を覆ている。間違いなくインドそのものである。歩いている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/28 06:09
No.498 レイトヒット(8)右股関節に体重を乗せる
 シンガポールのリバークルーズは、45分でシンガポール川を上下する。沿岸には、マーライオン公園から始まり、イギリス人ラッフルズ卿が初めて上陸した地点、歓楽街のクラーク・キー等々があり、これら街並みを川から見上げる。少々コストは高いがゆっくりと楽しめる。感心したのは、川に落ちた落ち葉を集める専門の清掃船がいたことだ。スクリューが跳ね上げたごみを網に落とし、ごみ袋に詰める。気の遠くなるような仕事をしている。観光資源保護に金を掛けている。箱モノだけで稼いできた熱海の温泉街が廃れているのも、観光資源への... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 15:01
No.497 レイトヒット(7)スウィングプレーンに如何に乗せるか
 シンガポールにはフードコートが至る所にある。屋台と言うか現地ではホーカーと言うようだが、所謂、小さな飲食店の集合体である。とにかく安い。日本でいうところのB級グルメの宝庫とでも言おうか。有名なのは、ニュートン・サーカス。旅行客に評判だが高い。  シティーホールの近くのホテルの1階にある小さなフードコートへ行った。ローカル食の定食であれば、ご飯か焼きそばかビーフンかの主食を選び、それに1菜1肉のおかずが付いて3ドル、2菜2肉で5ドル弱程度である。200から300円である。徳島名産のすり身魚のカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 06:26
No.496 レイトヒット(6)腕の力を如何に抜くか
 シンガポールのGDP伸び率は、2010年で15%、どうも今年に入って更に加速して28%に迫る勢いだそうだ。空港からダウンタウンへのタクシーの運転手の話である。多分に私の誤解もあるかも知れないが好景気に沸く。英語には些か自信を持っていたが、このタクシーの運転手の話は半分ぐらいしか聞き取れなかった。何度となく訪れている街であるにもかかわらず、今回ほど戸惑ったことはなかった。仕事で使わないような単語が多かったのかもしれない。  それはそれとして、経済環境は日本と比較にならないほど良い。改めて、日本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 15:29
No.495 レイドオフ(24)何故ダウンスウィングで前のめりになるか
 スウィングの練習は、課題を持ってしなければならない。私の場合は、ダウンスウィングで上体がボールの方へ突っ込む癖がある。ダウンスウィングが悪い訳ではない。それ以前の、アドレスでの姿勢が悪いからだ。アドレスでつま先体重になっているとダウンスウィングで体が前のめりになる。  足の裏の土踏まずの辺りに重心を置いてテイクバックするように練習している。右足に十分に体重が乗っていることを確認して、腰から移動を開始する。トップで重心がニュウトラルに保たれていれば、ダウンスウィングでも前のめりになることはない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 07:34
No.494 アプローチの極意(13)何故ダフるか
 定例の関内の碁会に出る。1勝2敗。戦略性がないまま、雰囲気で打ってしまった。当然、負ける。トータルとして何をするのかが明確でないと細部も奇怪になる。ゴルフも同じである。終了後、とある居酒屋の新装開店の特別サービスを目指す。安い、全てが半額である。お値打ち感は満点。突然だが、ロンドンの日本食と大変な違いである。高くても良い、それ相応の価値があれば。ここで先輩が面白いことを言う。「楽老!この種の居酒屋で店員に命令口調で喋ってはいけない。只管、オベンチャラを言うのだ。彼らはアルバイトだから、怒らせる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 17:23
No.493 パットの極意(3)右手人差し指で打つ
 パッティングでの左右の手の機能分担について更に検討する。左手の役割が右手を上手く導くことであるのは間違いがない。打つのは断じて右手で決して左手ではない。右手が押し出したり、引っ掛けたりするのだ。だから、左手がそのような動きをさせないように機能すれば良い。その為には、ストローク中左手の甲の角度は決して変わってはならない。  では、左手の角度を変えないようにするにはどうすれば良いか。手首を固く固定するのは愚の骨頂である。手首はリラックスさせて、ハンドアップのアドレスをする。ハンドアップすると、グ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/25 07:58
No.492 パットの極意(2)片手打ち練習の薦め
 雪だから、湯河原CCへの遠征は中止する。エクササイズマットでパットの練習をする。左手一本で打つ。丁寧に打てば真っ直ぐに打てる。ところが、それに右手を添えると引っ掛かる。誠に不思議である。左手一本では、左手首は使えない、手首を使うと引っ掛かるか押し出す、だから、左手首の角度を変えないように、腕全体を使って、肩の上下運動で打つしかない。フォローが出ないとボールは転がらない。だから、左手はカップの方へ伸ばさざるを得ない。これに右手が添えられると左手は伸びなくなる。片手で打つ練習をすると、真っ直ぐ打つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 19:59
No.491 アプローチの極意(12)トップするときはボールの位置をチェックせよ
 アプローチがトップする原因は、意外とボールの位置にある。連続して練習するときは滅多にトップをしないが、ラウンドでは時々起こす。インパクトでヘッドの入り方に問題があるのではないかと考え、ヘッドをダウンブローに鋭角に入れる練習もしてみた。だが、思わぬ時にトップする。そこで練習でトップを意識的に打っ見た。ボールの位置を変えて打ってみた。或る位置でトップもせず、ヘッドもダウンブローに入ることが判った。個々のスウィングプレーンによって最下点は異なるが、最下点の少し手前にボールを置けば、絶対と言ってよいほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 19:50
No.490 アプローチの極意(11)距離感アップには感性を磨け
 一昨日は雪で中止になったので心配していたが、何とかホームコースでプレイをすることができた。冷え込んでいてヘアウェイもグリーンも白く凍てついている。ところが、雲一つない快晴となったから気温も上がりポカポカしだす。木陰以外は雪の影響がなくなる。太陽のご威光は誠に大きい。3番ホールまで行くとグリーンも解け始める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/17 05:40
No.489 パットの極意(1)ハンドアップに構えよ
 何時も忙しい友人と一杯飲む。半年ぶりである。相変らず、仕事が忙しいようだ。彼とは、昨年、スコットランド遠征を一緒にした。楽しい思い出ばかりだが、多分それまで彼は、激しい日程で移動し、ゴルフをした経験はなかったと見え、長旅の疲れが激しかった。本来、肉体派の彼には考えられないことであった。今尚、ビジネスが忙しいと見え、ゴルフも余りできないようだ。HC13になったと言うことを聞き、そう遠からじ先にシングルになるのは間違いがないと確信する。今年は、一緒にアジア界隈へ遊びに行こうと約束する。  料理の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 09:03
No.488 レイドオフ(23)フライングエルボーの是非
 フライングエルボー、つまり、トップで右脇は開いていても良いのか、否か。殆どの教本は脇を締めろと説く。疑問に思ったので師匠に聞いた。曰く「浮いている人は締める方向で改善するし、締めすぎて担いでいる人はむしろ浮かせ気味で改善。だからどちらがいいとは言えない。ゴルフは全てプラスマイナス。どちらかに振れたら逆のアドバイスになる。」 至極名言である。  締めすぎると、クラブはインにしか引けない、これではスウィングアークは小さくなる。右脇を開ければ、クラブは「遠く、高く」上げることができる。スウィング弧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/15 05:35
No.487 アプローチの極意(10)ヘッドを縦に動かす
 アプローチは肩の回転で真っ直ぐテイクバックし、腰の回転だけで振りおろし、インパクト以降、胸と腰はピンと正対する。書けばこの程度のことであるが、キーポイントは二つ。一つは、スウィング中の左手の角度の維持である。ボールをダウンブローに捉えなければならない訳であるから、僅かであるとしてもアーリーコックが必要で、コッキングは必ず左親指の方向にしなければならない。そして、この時の左手甲と手首の角度を変えないようにする。二点目は、切り返しの間と手打ちの厳禁である。アプローチ、或いはチップショットと言えども... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 07:28
No.486 レイトヒット(5)肩の回転面がプレーンを外れていないか
 Porters Park Golf Clubは、ロンドンの北部、M25の内側でM1との間にあるRadlettの街にある。ゴルフガイドブックで「一級コース」との推薦を見て訪ねた。1899年の開場であるから歴史はあるのだろうが、コースは極々普通のパークランドコースである。ヒースは見当たらない、富養な土地なのであろう。英国では起伏に富んだと言うべきだろうが、幾分日本のコースを彷彿とさせる。数百年前には英国全土を覆ていたであろう楢とか樫の広葉樹の大木が林をなしている。森を切り開き牧場に変えた英国では、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 05:13
No.485 レイドオフ(22)バックスウィングでは、左手を遠く高く伸ばせ
 何故時々上半身から、手からダウンスウィングが始動するのであろうか。トップが浅ければ、切り返しの間が無くなり、手から動き出す。では何故トップが浅く小さくなるのか。そこに単なる意識の問題ではないスウィング理論に関わる重要なる課題が隠されていないか。トップが小さい、つまりスウィングアークが小さくなるのは、テイクバックが早々とインに引かれているからだ。右脇がゆったりとしていると、左手が真っ直ぐ伸びた大きなバックスウィングとなる。大きなトップとなれば打ち急ぐこともない。つまり、原因は、バックスウィングに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 06:50
No.484 アプローチの極意(9)出玉の高さを一定にする
 横浜宇宙棋院の碁会に出る。気風の良い江戸っ子の先輩と打つ。テンポの良さに釣られて、ポンポンと打つが経験の差が出て中押し負け。自分のリズムで打てないと調子が狂う。二回戦は、打って返しが見事に決まり勝利。高校の同窓生とは、初戦は圧勝、二回戦も圧倒して必勝の構え、大概のことは妥協して打ち回す内に、寄せに寄せられ3目負けする。勝負事は如何なることがあっても緩んではいけない。反省。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 05:31
No.483 レイトヒット(4)トップで肩が入らないと右肩が前に出る欠陥が起こる
 ホームコースの月例に出る。調子が上向きであるから、内心期するものがあった。アウトからスタートする。絶好調である。特に、アプローチとパットが良い。6番まで1オーバー。ところが7番で落とし穴に入る。ティーショットを手打ちで引っ掛けて林の中へ。このホールを痛恨のダボとする。次のホールはグリーンエッジへ略パーオンするもライが悪すぎて寄らず、パットも2メートルを外す。40。インは得意である、数日前も36で上がっている。ところが、11番でセカンドを引っ掛け、アプローチもトップしてオーバー、更にあろうことか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 07:17
No.482 レイトヒット(3)バックスウィングで右肘は下を向き脇は90度開く
 鴨居の碁会に出る。初戦は、敵の大石を序盤で殺して楽勝の進行。だが、好事魔が多し、自分の大石も死す。後から死んだ方が被害が大きい。二戦目は、4子を置いて打つ。終盤、隅の攻防で誤るが何とか地合で勝つ。昨日の深酒が頭に響く。3人で焼酎2本は多過ぎたか。話が弾むと深酒となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 05:19
No.481 アプローチの極意(8)柔らかいスピンの効いたアプローチをする
 ホームコースへ大学の友人二人と行く。彼らと3月に米国西海岸へ10日ほどゴルフツアーに出かける予定である。HCは各々12と19である。この日に備えて、3日間連続、練習場で打ち込んだから、少しばかり入れ込んでスタートする。ところが、ティーショットを力み腰が止まってしまい、左へ引っ掛けて隣のホールへ打ち込んでしまう。冷静にリカバリーするも短いパットが読み切れない。迷うから強弱が決まらず入らない。1.5メートルほどを5ホール連続で外す。やっと入ったのが7番ホール。ここからショットも良くなりパーが続く。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/08 06:01
No.480 アプローチの極意(7)ダウンスウィングで左肘が外に逃げてはならない
 ムロウ36ゴルフコースは宇陀市にある。宇陀市と言う名は聞いたことがないと思うが、奈良県にある。名張市と長谷寺の間にある。このコースは名前の通り36ホールあるが、二つのコースは少し離れている。室生コースへ行った。クラブハウスは山の天辺である。兎も角、アップダウンの激しいコースである。狭いからショットが曲がると苦しい。ジャック・ニクラウスの設計だそうだが、アメリカンスタイルと言うのは難しい。確かに正確なショットが各所で要求されると言うのは、ニクラウス好みの戦略的設計ではあるが、距離がなくて狭く全て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/07 05:31
No.479 レイドオフ(21)切り返しの間を如何に作るか
 伊東カントリーは、関東圏へ転勤してきた20数年前に会社のコンペでプレイした。伊豆スカイライン経由で行ったと思う。まだまだお元気な元副社長とか今は亡き技術の専務とご一緒した。何番ホールかはすっかり忘れてしまったが、ティーグランドから見ると丁度狙いの方向に小さな小山が二つあり、その上を超えて打っていく。「おっぱい山」と呼んでいたと思うが、言い得て妙だなと思った。亡くなられた専務は、40歳半ばからゴルフを覚えて、熱心に練習していた。樋口久子ばりのスウェイ打法で良い当たりは左へ引っ掛けてOBというのが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 07:17
No.478 アプローチの極意(6)左足体重になるアドレスの取り方
 「炎の人 ゴッホ」の映画を見る。カーク・ダグラス主演で有名になった古い映画である。原題Lust for Lifeと言う。しかし、lustは生への欲望と言うより、性欲に近い欲望を言うのではないか。そんなことは判っている米国人が付けた題名であるから監督の確かな意図があるのであろう。  ゴッホは、孤独だがそれを認めたくない、周りから気遣いをされたいと望むが自分の我はとことん通してしまうから疎外される、それが自分の欠点であると認識しているが、改めることができない。子供のまま大きくなっってしまた自分を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 05:57
No.477 レイトヒット(2)ジャンボ尾崎の勝負魂−ヘッドを縦軌道で使う
 わが母校徳島城南が春の甲子園へ出場する。創部113年目以来初めてのことで、開校136年目のことである。彼の仙石由人も同窓である。我々の頃は、1回戦すら勝つことは滅多になかったし、間違えて勝つと学校中大騒ぎであった。それでも、入学して間もない昭和36年には、その後プロ野球阪急の主力打者となった長池擁する撫養高校を奇跡的に下してのベスト4もあった。撫養高校は春選抜に出たので、城南など目になく、何と、エース長池を次戦の徳島商業戦の為に温存する失態を演じてくれた結果であったが、河原と言う滅法運動神経の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/04 06:27
No.476 レイドオフ(20)サンドウェッジの練習だけで距離が伸びる
 ホームコースへ行く。最近「一歩上のゴルフスウィング理論」が解りかけてきた、それに伴い練習場での当たりも良くなったので期待してラウンドする。まだ、バラツキがあるがまずまずである。スコアの結果は兎も角として、ショットに関しては、少しの迷いが悪いショットを呼ぶ、ことを改めて経験した。ここ暫くショットの調子が良いのは、単純に、テイクバックを真っ直ぐ後ろに引き、腰から打ちに行く、意識は左手に集中しておく、これだけを確りやっていたからだ。そこで、それに加えて、バックスウィングで胸が右を向くように大きなトッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/03 06:28
No.474 レイドオフ(19)左肘はスウィング中 下を向く
 親しい友人夫婦を自宅に招く。元来、老夫婦二人用の家であるから、老齢の6人が集まると流石に狭い。私の手作りの料理を振舞う。前日から買い物に出かけ、当日、鮮魚を仕入れる。9時ごろから段取りに入る。最近、料理の味付けの秘訣の部分が市販されるようになった。スープの素もそうだが、玉ねぎを徹底的に炒めると甘い香ばしい味が出る、この味は如何なる料理にも合う、この炒め玉ねぎもパックで売られている。初めて使ったが、残念ながら深みが出ない。鍋にこびりついたエッセンスがないからか。科学的には成分に差はないのであろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/01 07:11
No.473 レイドオフ(18)トップで胸は右を向かなければならない
 The Course At Wente Vineyardsは、サンフランシスコのダウンタウンから湾を東へ渡り、更にサンノゼに向かい南へ下った辺り、カルフォルニア州を貫くシェラネバダ山脈の西側斜面に寄り添ってある。草木のない赤茶けた山肌が露出しているだけの不毛地帯に突然緑のワインヤードが現れる。人工的に開拓したことがよく解る。ワインヤードと裸山の間に緑のコースはある。茶色の山肌と散水で生気を得ている芝生の緑が強烈なコントラストを生んでいる。美しい、絵になる景色である。コースは、大きく3つに分かれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/31 06:57
No.472 レイドオフ(17)スウィング中、右ひざの高さは変えてはならない
 連句の会に出る。連句は言葉の遊びだ。遊びだからルールがある。式目と言う。あれは駄目、これは駄目と決めている。そこには必ずしも一貫した論理性は見当たらない。理屈で考えれば無理難題、腹が立つ。だが、スポーツだと思えばルールはルールだ。遊びだからある種の勝ち負けがある。ところがその基準は不明確だ。だから、皆好き勝ってな評論をする。何を言っても間違ってはいない、そういう言うものだ、言葉の遊びだから。所詮は、仕切り役の「捌き」の好みで決まる。ただし、捌きは公平を以って良しとする。で、下手でも参加できる訳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 06:26
No.471 レイドオフ(16)インナーマッスルを鍛える
 糖尿病で長く苦しんでいた友人が元気になったと言うことで、久しぶりに遊ぶ。最近、碁を覚えるために教室に入ったとのことで、碁会所で待ち合わせする。長患いで心配していたが、往年の強気な姿勢が戻ってきている。一安心である。人間弱気になってはいけない。  何子かの置き碁で打つ。3局打ったが何れも真ん中の大石の生死の攻防であった。互いに交互に打つ訳だから本来腕に差があったとしても所詮は一手違いの差となるのが理屈だ。だが、この一手の差が大きい。この差が経験となる。碁会所は狭い。元社長に出会う。元部長に出会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/29 06:20
No.470 レイドオフ(15)スウィングで何故左ひじが引けるのか
 ホームコースへ出かける。最近身を入れて練習しているアプローチの成果が楽しみである。スタート前に練習場の芝の上から20ヤードの寄せを打つ。スポーツジムの人工芝と異なり、芝の中に沈んでいるように感じるからどうしても掬ってしまう。ダウンブローに振り抜というのはある種勇気がいる。実戦で振り抜くには事前に相当の修練がいる。  ショットはほぼ完ぺきである。テイクバックの方向を修正してから、芯に捉えることができるようになった。ミスショットがない訳ではない。悪い時は、トップが浅い時である。体が十分に捻転しな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/28 07:07
No.469 レイドオフ(14)ダウンスウィングではグリップエンドを下に引き下ろせ
 久しぶりにテニスに行く。ゲームの開始前に軽く練習する。何となく体が軽い。スポーツジムのトレーニングの効果だろうか。それほど早く効果が出るとは思えないが。最初の2ゲームに勝つ。それも圧勝だ。その後2連敗して、結局帳尻が合う。勝負事とはそんなものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 06:52
No.468 レイドオフ(13)手首は親指側に動かなければならない
 大学の同窓生8人で一杯飲んだ。某有名居酒屋チェーン店である。5時に集まる。適当に見繕って料理を注文する。10分も待つと料理が運ばれてくる。早い、美味い。安い。が、その後、5分置きに次から次と料理が来る。テーブルがあっという間に一杯になり並びきらない。皿鉢料理みたいなものだ。店員は殆ど外国人だ。納得、満足。  好奇心と言うか冒険心と言うか向上心と言うか、最近の若い者の人生観に話が及んだ。俺たちの時代はそのようなことはなかった、という結論は、何時の時代も変わらない。嘆くのも有史以来繰り返されたこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 06:19
No.467 レイドオフ(12)腕は体の幅の中で動く
 Temple Golf Clubは、ロンドンの郊外、別荘地として発展したMarlowの近く、ロンドンから西に延びる高速道路M40とM4の中間にある。すぐそばをテームズ川が流れている。1910年の開場である。茶色の屋根と白い土壁、英国のパブの建物の典型であるが、緑の芝生に映える。どうもローマ人が作ったTempleとは何の関係もなさそうで、豪族Binfield家の広大な敷地を分譲した際に作られたTemple Parkから土地を借用したので名付けられたようだ。  ティーオフの予約を入れた時に、格式... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/25 06:08
No.466 レイドオフ(11)何故スウィングアークは大きくなければならないか
 鈴峰ゴルフ倶楽部は、東阪自動車道鈴鹿ICから直ぐである。この倶楽部は名古屋勤務時代にできた。第一次ゴルフブームの時である。東名阪道しかなく、四日市市までの道路は渋滞の真っ只中に何時もあった。特約販売店の営業仲間と時々行っていた。その後、10年ほど前にお得意先のトップとプレイする機会があった。名古屋時代のコースの印象は消え失せており、クラブハウスに着いても記憶は戻らなかった。ホール両側の林は大きくなっていて、なかなか良い雰囲気を醸し出している。名義変更料が高いが相場は50万ほどのようで値打ちの倶... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/24 06:46
No.465 レイドオフ(10)左に引っ掛かるのは左肩が早く開くからだ
 碁会に行く。調子が上向きなので気合十分である。すると善くしたもので、気持ちが空回りして結果は良くない。3連敗である。攻める気持ちは十分だが肝心の守りが酷く何れも完敗である。攻めに気持ちが飛んでしまい、全局を見渡す心が不足していた。ゴルフも同じだ。飛ばそう、飛ばそうとして余裕がなくなる。  碁会の後、二度目の新年会をする。さくら水産である。安い、だから、混んでいる。年寄りばかりだから、食べない飲まない、で、私が目一杯飲み食いすることになる。翌日、体重が1Kgは増えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 05:34
No.464 レイドオフ(9)体重移動が出来ればフィニッシュも決まる
 荘川高原カントリー倶楽部は、今では、東海北陸自動車道の荘川ICを降りて山道を登って行く。当時は高速道路がなかったので、名古屋からは大変時間が掛った。某取引先の社内コンペに参加をした。前夜、皇室の方も泊まられたと言うロッジに入る。山小屋風の豪華な造りである。某企業の厚生施設と聞いた。遅くまで立派な家具に囲まれたロビーで地酒を戴いた。  リゾートコースとしては、比較的古く昭和47年に開場している。距離はない、アップダウンは厳しい。歩いて回るから年寄りにはきついレイアウトであった。今では電動カート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 07:03
No.463 バンカーショットの極意(2)バンカーショットは胸をピンに向けよ!
 北米西海岸でゴルフツアーをする予定である。そこで本日、国際免許証の更新に警察へ出かけた。朝一番であるから比較的空いていた。何人かの方が免許証の書き換えを申請している。初老のお巡りさんが案内係として受付の前で応対してくれる。必死になって親切に説明しようとしている意図は伝わるのだが、如何せん、長年の勤務で染み込んだ「警官の匂い」は消せない。何となく、押しつけがましく、威張っているように聞こえる。本人の認識とは異なると思う。不思議なものだ。  警察の中にある「安全協会」で写真を撮ってもらう。3枚で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/21 06:47
No.462 レイドオフ(8)左手甲の向きが球筋を決める
 本年最初の湯河原カントリークラブでのプレイである。イベント期間中の為、メンバーと同伴であればメンバー並みの料金で楽しむことができる。電車賃を払っても訪ねる価値がある。  何時プレイしても、このコースのグリーンは難しい。基本的には、海に向かって速い、滅茶苦茶速い。並みの速さではない。登り下りよりは海に向かっているか否かが速さの決定要因である。海に向かって、登っていてもそれは無視すべきだ、逆に、海を背にすると、下っていても確り打たねばならない。このギャップに何よりも戸惑う。  傾斜の横から打つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/20 05:44
No.461 レイドオフ(7)腰が止まればスウィングプレーンは壊れる!
 ホームコースの月例に出る。調子が上向きなので少しだけ期待していた。ところが、朝早いスタートであったから、グリーンが未だ凍っている。前夜からシートを敷いてある部分ならOKと考え、思い通りに打つ。豈図らんや、ボールはグリーンで大きく弾み奥へ。解っているが冬のグリーンは難しい。  グリーンが乾いてきた昼ごろから、冷たい北風が強まる。2クラブは距離が違ってくる。距離だけならまだしも、横風の強さが読み切れない。風は生きている。方向も変わる。松林の上と下で異なる。誠に厄介な風である。ローシングルの面々も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/19 08:15
No.460 アプローチの極意(5)寄せは左ひざリードで振る?
 鴨居の碁会に行く。リーグ戦を行っているから、万遍なく全員と打たなければならない。昨年末までは2勝2敗であった。本日は、3戦3勝。5段、4段、初段を倒しての連勝である。特に、4段の元校長先生には、大石を殺しての中押勝ちであった。新年早々、誠に気分が良い。序盤で打ち損じても、全体を見ることができるようになった気がする。心地よい疲れである。OBを出してもギブアップしない、冷静にプレイすることだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/18 06:17
No.455 パッティングの極意(1)パットは先ず距離感だ
 風邪を引いたが、天気が良さそうなのでホームコースへ出かける。偶に一緒にプレイする医者と若者と3人で回る。医者は力自慢のスウィングをする。パットの距離感が抜群である。如何にして距離感を身に付けたか、曰く。10メートルの距離を四方向から練習して体に距離感を覚えさせる。これが身に付けば、3メートルを同様に練習する。これで距離感はOKだそうだ。若者は初心者である。手だけで振っていて腰が全く回っていない。スライスか引っ掛けになる。正しく教科書通りである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/14 20:21
No.454 アプローチの極意(4)アプローチの距離感は腰の回転速さで出せ!
 正月休暇でイラン駐在中の友人が帰国、新年会を催す。イランと言う国は、イスラム教の国で厳しい戒律に基づき暮らしていると思っていたが、実態は些か異なるようだ。例えば、彼の地でも女性のファッションへの希求は政治では止めようがない。都市部では、ミニスカートあり胸元の開いている服ありで、黒い覆いで顔をすっぽり覆っている人は少なく、髪の毛を半分隠す程度が多いとのこと。暦もイスラム歴ではなく「イラン歴(ヒジュラ)」で西暦と日付は完全に一致している。ただ、春分の日が正月になる。決してイスラムは、世界から孤立し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/14 20:04
No.453 アプローチの極意(3)アプローチは腰の回転でヘッドを走らせる
 サンピアゴルフクラブは、徳島市から鮎喰川を西へ遡った山間にある。ラウンドしたのは阿波踊りの数日前の暑い夏の日であった。高校の友人8人でプレイをした。徳島では評判の良い倶楽部の一つに入るだろう。7000ヤードを超える距離と手入れの行き届いたフェアウェイとグリーンは、チャンピョンコースの風格さえ感じさせる。但し、各ホールとも平凡な設計で、戦略性とか奇抜性とか景観性とかの観点では、かなりの改造が必要と思われる。例えば、大きな池が3か所にあるが、単に存在しているだけで、プレイヤーに精神的にも、戦略的に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/11 04:58
No.452 レイドオフ(6)腰が止まれば手打ちになる
 10数年前のアイルランド、スコットランドツアーの最後のコースは、直前の7月に全英オープンが開催されたCarnoustie Linksである。Gleneaglesのラウンドを夕方8時ごろ終え、車を飛ばすもCarnoustieの街に着いたのは夜の10時過ぎ、ホテルを探すも何れも満室で断られる。やっとのことでパブの上にあるホテルに辿りつく。一部屋しか空いていないと言う。仕方なく相部屋でチェックインするも、静まり返っており、他に客がいる様子がない。他に客のいないパブへ降りていくも食事はないと言う。サン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 07:05
No.451 レイドオフ(5)打つ前に、如何に打つかを決意せよ
 房州カントリークラブへ大学の同窓と行く。房総半島の南端、館山市の南の海に近い高台にある。アクアラインで走ると横浜から1時間半で着く。少し風があったが、冬にしては穏やかな日であった。  距離はない。ホールの片側は山の斜面、反対側は隣のホールへの崖というレイアウトが多い。どちらかに逃げ場があると言う点では、フェアウェイの狭さをカバーしている。グリーンは、初めて見るような芝の種類でスティンプル8.0と遅いグリーンであったが、殆どが受けているので奥に付けると下りはやはり速い。上り下りでこれほどスピー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 06:07
No.450 レイドオフ(4)終えたショットを悔いても何も生まれない!
 午前中、Prestwickでプレイをして、午後、すぐ隣のRoyal Troonでラウンドする計画であった。予約は取れていなかったが、事前に電話すると二人ならば大丈夫だというプロショップとの返事に喜び勇んで立ち寄った。ところが、観光客のバスツアーが入ったので駄目だと言う。がっかりして、東海岸を目指してひた走る。次の日にプレイするのは、1か月前にThe Openを開催したCarnoustie Golf Linksである。Edinburghの海岸向かい、St Andrewsのすぐ北にある。  英国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 07:07
No.449 レイドオフ(3)真っ直ぐ振ろうとする意識がスウィングプレーンを壊す
 アイルランドのベルファーストからフェリーに乗り、スコットランドへ渡る。英国駐在している我々にとって「帰国」であるが、入国審査で厳しく調べられる。気に入らない。高額の税金を払っているにもにも拘らず、一般旅行外国人の扱いである。  翌朝早く、Prestwick Golf Clubへ向かう。道を間違えPrestwick St Nicholas Golf Clubへ行ってしまう。面白いもので同じように海岸に面したリックスであるが、雰囲気がまるで違う。名門の歴史を感じないのだ。受付を済ませてトイレに行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 06:38
No.448 バンカーショットの極意(1)バンカーショットは腰で打て!
 アイルランドツアーの3日目、午前中、The Royal County Down Golf Clubでプレイをし、午後、スコットランドへフェリーで渡る計画である。County Downは、北アイルランドの中心ベルファーストの30マイルほど南のニューキャッスルの海岸にある。古くNew Castleは、Belfastの富裕層の別荘地であった。1889年彼ら、所謂、ジェントルマンにより9ホールが創設された。翌年、 伝説のコース設計家Old Tom Morriswp招聘し、残りの9ホールを作り、既存のホ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/06 16:04
No.447 アプローチの極意(2)アプローチは左足体重で
 アイルランドツアー二日目午後は、Portmarnockの隣のThe Royal Dublin Golf Clubである。Royal Portmarnockは外洋の砂州にあるが、ここはダブリン湾の中の中州にあり、丁度Sutton半島を挟んで逆に位置する。この中洲は、実は人工的な防波堤であり、そこに砂が堆積してできた島である。今も拡大し続けている。アイルランドで一番古いクラブは Royal Belfast Golf Clubで1881年に開場しているが、このクラブは、二番目に古く1891年である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/05 07:36
No.446 アプローチの極意(1)短いアプローチはパットと同じ感覚で打つ
 ホームコースへ初打ちに行く。年末から、クラブを握っていなかったので、ショットの練習をしようと考え、早めに行ったが、着くなり早い組でスタートをお願いしたいとの要望。一も二もなく了解。20発ほど打ってスタートする。本年最初のティーショットは、朝日が眩しく右に押し出し、木に当たりキック悪く隣のホールへ転がりワンペナとなる。ツキがない。次のホールでも、セカンドショットを左に引っ張りカート道で消える。OBを覚悟するも、運よくグリーンエッジに転がっていた。これが切っ掛けとなりパーを続ける。ところが、6ホー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/04 06:55
No.445 レイドオフ(2)打つまではまだ失敗していない!
 アイルランドツアー二日目は、午前中 Portmarnock Golf Clubでプレイする。1894年開場のアイルランド、いや、世界で1,2を争う名門である。ダブリンの数マイル北Portmarnockの街から海に伸びる砂州をコースとしている。ダブリンは港町で目の前はダブリン湾、その湾の入り口を塞ぐSuttonは元来島であったが地続きとなり、塞がれた水路の外洋側に海流の変化でできたのがPortmarnockの砂州半島である。理想的リンクスであるのも道理だ。  だから、Portrushと異なり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/03 06:22
No.444 レイドオフ(1)左ひじが引ける
 正月2日は何時もゴルフをしているのだが、今年は初打ちが3日になったので、自宅でゆっくりする。  今年も英国遠征をしたいと考えている。イングランド、スコットランド、アイルランドと少しずつ味が違うが、他の国にはないコースの独特の空気がある。私は、Royal Portrush Golf ClubかThe Royal County Downの何れかが世界一と思っている。何れもアイルランド北部のコースである。10年以上も前に師匠と夏休みに訪ねた。  Portrushは常に世界のトップ3にランクされて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/02 07:50
No.443 2011年 今年の目標
 新しい年が明けた。格別な朝である。何よりも、家族の健康を祈願する。株価が上がることも念じて止まない。  11年1月1日と1が並んだ。兎にも角にも、特別な日である。しかし、世界は広い。特別な日は他にある地域も多い。イランから帰国した友人と忘年会をしていたら、「会社は週休1日、金曜日が休日」と言う。タイの友人から「今年は、タイ暦(釈迦歴)2554年」と新年の挨拶があった。中国は、所謂旧正月が特別だし、日本でも、幼いころは、旧正月が新年だった。欧米はクリスマスか。宗教と生活が結びついていたからだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/01 06:25
No.442 本年の総決算2010
 昨日、本年最後のプレイをホームコースで行った。タイでスウィングを壊していたが、最終日に何とか脱出の糸口を掴んで帰ってきたので、その検証も兼ねてである。  朝一番のスタートであったから、風がないとは言えグリーンは凍っている。暑いタイから帰国して、零度の中でのプレイで、久しぶりに戸惑う。  タイでの反省は、体の捻転が不足して、トップが小さくなり、その結果、切り返しのタイミングが早くなり、打ち急ぎ、体重移動不足を引き起こし、スウィングプレーンが歪んでしまった、と言うことである。  だから、十分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 08:00
No.441 タイゴルフツアー(7)Subhapruek Golf Club
 最終日は、Subhapruek Golf Clubである。過去に何度かプレイをしたことがある。短いが面白いコースである。このコースも大きな池の中にコースが浮かんでいると言うイメージである。各ホールは必ず池と隣接している。自信を打ちひしがれて、ライバルとの最終戦に臨む。奇跡が起これば勝てる、と、まだ思っている。この神経が敗因か。  このコースでも、過去3回と同じパターンで敗れる。インからスタート。14番ショートでバーディを獲り、1ナップで迎えた18番第三打を痛恨のダフリ。ボールがディボットに入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 07:10
No.440 タイゴルフツアー(6)Siam Country Club
 5日目は、日系人も多く住むPattayaにあるSiam Country Club Pattaya Plantationである。昨年は、このコースのOld Courseでプレイをした。タフなコースと覚えている。バンコックから高速で1時間超掛る。  このコースは、Honda LPGA開催コースとして名を馳せている。タイのクラブハウスは、日本のバブル時代の影響を受けているのであろうか、超豪華な造りである。金ぴかと言っても良い。その割にロッカールームにはあまり金を掛けていない。ここら辺りの心境が理解... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 05:30
No.439 タイゴルフツアー(5)Bangpakong Riverside CC
 4日目は、Bangpakong Riverside Golf Clubである。バンコックから東へ高速道路を1時間ほど走る。運転手が、Royal lakeside Golf Clubと間違えてしまう。幸いにして、両者は近くにあるので事なきを得る。このコースは文字通りBangpakong川の傍にある。蛇行する川の湾曲し飛び出している部分を全て取り込んでコースとしている。本線道路から取り付け道路をかなり長く走る。広大な土地で住宅地とセットで開発しているようだが、住居は全く見かけない。この手のプロジェ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 05:29
No.438 タイゴルフツアー(4)The Vintage Club
 三日目は、これまた名門のThe Vintage Clubである。合弁先のオーナーがメンバーであるので取ってもらった。タイでは、メンバーとメンバーと同伴するゲスト、それとビジターとに料金が分かれている。我々はメンバーが一緒でないがゲスト扱いになっていた。珍しいことだがオーナーの実力に感謝する。  バンコック市内から東へ約30分ほど走る。今回のコースの中では一番海岸に近い。周囲は水田である。  当日は、ジュニアのトーナメントが開かれると言うことで8時前にスタートする。朝一番は涼しいし、風もなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 05:29
No.437 タイゴルフツアー(3)Navatanee Golf Course
 Alpine Golf Clubで惨敗したので、午後、Navatanee Golf Courseで再戦する。1975年にWorld Cupが開かれた名門である。但し、キャディが日本人慣れしていると言うか、日本人が甘やかしたと言うべきだが、教育が良くない。これが欠点である。  インからスタートするも、ライバルは引き続き絶好調で殆どパーでバーディーも4個獲る。手が付けられない。38,37で回る。私も前半は五分に渡り合えていたのだが、ここでも最終ホールでバーディ、ボギーで敗れる。午前中のAlpin... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/29 11:47
No.436 タイゴルフツアー(2)Alpine Golf Club
 タイゴルフツアー二日目は、名門Alpine Golf Clubである。ビジターは受け付けない。で、ゴルフエージェントから予約を取る。今回で一番高いコース、4200バーツであった。バンコック市内から車で1時間ほど東へ走る。農村地帯である。クリーク沿いの家は、クリークに自家用の粗末な木製の板橋を掛けている。タイの田舎風景である。ゴルフ場は田んぼに囲まれており、コースも元稲作農地。駐在しているハンディ5の友人との勝負である。天然芝の練習場で体を解す。良くもないが悪くもない出来だ。戦えそうだ。  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/29 09:15
No.435 タイゴルフツアー(1)タイ料理
 1年ぶりの、タイである。11月から始まる乾季はタイで一番気候が良い。中でも12月は、気温が最低で雨は滅多に降らない。午前中は、湿度も低いから、屋外の活動をしても比較的快適である。それでも、最低気温は22度、午後は32度まで上がる。湿度は低いとはいえ、日差しはきついから、午後ともなると陽に直接当たると痛い。  夕方、バンコックに到着し、駐在中の友人5人とタイ料理を食べに行く。有名なレストランは、裏庭に大きな駐車場を持っている。面白いのは、屋外席と、エアコンのない部屋と空調の効いた部屋と3種類の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/29 07:28
No.434 レイドオフ(46)クオーターショットの薦め
 横浜市鴨居町の碁会に参加する。町内会の碁会である。町外の私は言うなれば、参与会員である。同郷の6段の方のご厚意で入れて戴いている。本日は、1勝2敗であった。年末忘年会を終了後行う。町内会館で行うから安い。だが、改めて日本人のカラオケ大好きに直面する。結構なお年寄りも多いのだが、皆さん、元気に歌う。途切れることがない。誠に和気藹々、言うことなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 06:54
No.433 レイドオフ(45)上級者ほどインに引く間違いを起こす
 大学の同窓生と忘年会をした。横浜駅の西口の傍の安い呑み屋である。忘年会シーズンだから超満員であった。日本経済も元気があると思うが、安い店しか流行っていないと言うのも世相を反映した問題点か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 06:46
No.432 レイドオフ(44)テイクバックでスウィングプレーンに乗せる
 高槻ゴルフ倶楽部は、高槻市役所から南に下がった淀川河川敷にある。池、バンカーの結構多い面白いコースである。ゴルフを覚えたての頃に同僚と練習ラウンドに行った。関係会社の人たちであったが、皆、既にリタイアしている。どうしているのだろう。元気にしているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/27 19:33
No.431 レイドオフ(43)肩は飛球線と平行でなければならない
 高校の同窓会の忘年会をした。恵比寿のサッポロビールのレストランである。年末のイルミネーションが美しく彩られて、若いカップルとか我々の如き初老のグループとか様々な人が行き交っている。久しぶりに寒い夜であった。地下への通路の入り口に、高さ5メートル幅3メートルのバカラのシャンデリアが飾られている。フランス北東部バカラ村から全ての部品が送られてきて、毎年職人も来日、組み立てるのだそうだ。元々バカラ社の230周年記念に作られた巨大なシャンデリアを更に改造、大きくしたものだそうだ。暮れから年始にかけて飾... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/27 19:16
No.430 レイドオフ(42)何故右肩が落ちるのか
 囲碁の会の忘年会を箱根で一泊どまりで開いた。某企業の箱根山荘である。強羅のケーブルカーの中腹に位置する。今日では珍しい仕舞屋造りの平屋建てである。庭も京都庭園風で手入れも行き届いている。難点を言えば、風の通りが良くて寒い、畳の部屋は腰に悪いことであろう。晩御飯、朝ご飯とも量も質も素晴らしい。且つ、大変安い。文句のつけようがない。  囲碁は、1勝6敗。全て最終局面での読み不足、力不足での大石の討死である。私は、地合いの勝負は不得手である。生きるか死ぬかの戦いが碁を打っている実感に訴えるからだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 05:54
No.429 レイドオフ(41)インサイドに引き過ぎるな!
 習志野カントリークラブキングコースへは、千葉ニュータウン中央駅からタクシーで行く。もう10数年前に高校の同窓生のコンペをここで行った。某有力商社の友人がここのメンバーだった縁であった。未だ、サントリーオープンを開催していた頃である。  クラブハウスの目の前からキングコース1番はスタートする。ティーグランドとクラブハウスの間が大変狭かったのを思い出す。コースの大胆さと裏腹にスタート周りは雑然としていた記憶がある。  当時は、日東興業が経営していたが、その後、GSグループに買収された。運営会社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/19 07:26
No.428 パットの極意(24)背中の筋肉で打つ
 テニスで腰を痛めた。日頃から、あまり力を入れないように打っているのだが、勝ちたい一心でついついサービスで力を入れてしまった。強いサービスを打とうとすると背中から腰に負担が掛る。日ごろ使わない腰の筋が伸びてしまったのだ。それにしても、ゴルフで腰を使っていないと言うことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/18 06:54
No.427 レイドオフ(40)何故手首のコックが早く解けると駄目なのか
 大学の同級生10人ほどで一杯飲んだ。東京タワーの真下の料理屋である。鷹匠をしていた先々代が鴨料理を始めて以来、野趣あふれる料理を出しているとのこと。7月にリタイアした同窓生が本を出した、10万部以上売れているらしい。1万部も売れればヒットと言われる業界で凄い数字である。同慶の至り。未だ現役が3人ほどいる。早くリタイアせよと皆で迫る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/17 05:58
NO.426 レイドオフ(39)左足一本打法で練習せよ
 呉羽カントリークラブは、富山空港から神通川を越えて、西へ行く。背中に立山連峰、前に日本海である。北陸地方で最初にプレイをしたコースである。池が多くて杉の木も聳える難しいレイアウトであった。お客さんとラウンドをした。霙混じりの天候で寒いことこの上なかった。このお客さんとのゴルフは何故か晩秋と言うか初冬が多く、天候に恵まれた記憶がない。また、海外単身赴任の経験もあるこの経営者には、歯が立たなかった。極めて上手にボールの芯を捉える。或る本で、毎日のようにゴルフを勤しんだと書かれたほどのゴルフ好きの方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 07:49
No.425 パットの極意(23)両手首の力を抜け!
 アバイディングクラブゴルフソサエティは、千葉県木更津市から九十九里浜に抜けるゴルフ場銀座の途中にある。英国からそのまま移築したというクラブハウスは、15,6世紀に流行った石壁とHalf timbered houseと言われる梁がむき出しになっている木造との組み合わせである。マナーハウスと言うよりは商家などに多い建物様式である。黒く塗られた梁と白壁のコントラストが美しい。世界遺産になっている街並みも多い。しかし、これを英国から持ってくると言う発想が成り上がり趣味である。歴史のない米国の俄か成金が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/15 11:45
No.424 アプローチの極意(24)手でなく、腰、胸で振れ
 るり渓ゴルフクラブは、京都、大阪、兵庫の丁度中間、三角地点にある。住所は京都であるが、大阪池田市から綾部に抜ける綾部(能勢)街道沿いである。元々阪急が開場したがその後経営権は移譲されている。大阪駐在中に、会社の仲間とプレイをした。クラブハウスは、狭い場所に目一杯に建てられており、すぐ目の前の練習グリーンとの間に小さな箱庭があるのが記憶に残っている。また、そこから見晴らすコースの景色は中々印象的であった。交通の便は必ずしも良くないが、フェアウェイの整備状況は良いし、コストパーフォーマンスのバラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/14 05:45
No.423 アプローチの極意(23)手打ちはシャンクの原因
 Bird Hill Golf Centreは、ヒースロー空港の西、ウィンザー城の西数マイルの位置にある。16日間24ランドの最中、8月11日にプレイをしている。6オーバーで回った。非常にフラットなコースで、小さな小川がコース内を連ら抜いて流れているのが印象的であった。農場の持ち主が個人経営で運営している小さな町のパブリックコースである。周囲は農地で、コースには木もまばらで、文字通り農地の転用である。この手のコースは英国には多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/13 06:17
No.422 レイドオフ(38)オンプレーン スウィングとは何か
 名張カントリークラブは、奈良県と三重県の県境にあり、昭和39年の開場である。我々がプレイしたのは、昭和46年ごろであるから、出来て間もないころである。会社の若者グループでコンペをした。その頃は始めたばかりで、本格的コースは滅多に行けなかった。会社の寮生を中心に名古屋グループも参加して挙行した。入社2年目であった。新婚の先輩も夫婦で参加していた。懐かしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 05:49
No.421 アプローチの極意(21)グリップは体から食み出すな!
 Harewood Downs Golf Clubは、ロンドンの西、車で1時間ほどの田舎町にある。M25から外側へ向かう、Chalfont St PeterそしてChalfont St Gilesと連なる高級住宅街の更に西の端、地下鉄終点のAmershamの手前である。住んでいた町からは20分ほどであった。なだらかな丘陵地帯である。恐らく英国の田舎のゴルフクラブの典型として、このコースも個人所有と思われる。牧場をそのままコースに改造したような雰囲気である。16日間24ラウンドの中間にプレイをした... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/11 07:11
No.420 パットの極意(22)逆オーバーラップグリップ
 ホームコースへ友人二人を招待した。一人は、飛距離自慢の男である。剣道4段である。流石に運動神経抜群である。練習場では、当たりが薄くなりかけていたので多少の不安を胸にラウンドする。快調と言う訳にはいかなかったが、先ず先ずの出来である。パットも強く打てているから、3メートルぐらいのがポンポンと入る。  力自慢には、技で勝つ。作戦通りであった。問題は、5番ホールでセカンドを失敗したこと、ボールは右山肌斜面へ、アプローチショットは強烈な前上がりとなり、ボールを捉えきれずグリーン手前にショートし、そし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 06:39
No.419 レイドオフ(37)何故ダフるのか
 年末囲碁大会で優勝した。勿論、Cクラスである。それでも嬉しい。何故なら、試合中、自分を冷静に保つことができたから。何時もは、戦いを挑んで敗れる歴史であった。戦ったことに満足していた。今日は、足元を固めながらチャンスを窺う戦法を取った。これが良かった。盤全体が良く見えた。これが勝因であろう。  ゴルフのパットも同じではないか。入れたい入れたいと欲望が強ければ、冷静さを欠き、いつも通りのストロークができなくなる。冷静沈着、たった4文字だが重い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 06:25
No.418 レイドオフ(36)トップでグリップエンドはボールを指す
 バイロンネルソンゴルフクラブは、福島県いわき市にある。或る会社の講習会に参加をした。工場見学をして、夜一杯飲んで、翌日ゴルフである。宿泊した湯本温泉は古い温泉街で、宿泊した旅館も木造の中々情緒のある建物であった。純和風調で露天風呂は歴史を感じる落ち着いた風情であったが、参加者のカラオケ好きには参った。寝ずに歌う。コースは、この近くのクレストヒルズと同じように、山肌を縫って走るレイアウトである。詳細はすっかり忘れてしまったが、比較的良いスコアで回った気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/08 05:50
No.417 パットの極意(21)入れたい!気持ちは捨てろ
 ホームコースへ行く。パットが心配だが、ショットは好調を維持している。期待感一杯でスタートする。1番でセカンドショットをバンカーへ入れる。バンカーショットを、トップでクラブが寝ないように注意し、気持ちよく振り切る。アリソンバンカーから巧く寄せる。登りの3メートルを入れてパースタートである。昨夜、パットの調子が出ないので、師匠にアドバイスを求めた。曰く「結果の3パットは気にせず強く打ち続けることだ」。なるほど、結果ばかり求めて、肝心の「打つ」ことができなくなっていた。この強さでよいか、ラインは合っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 06:35
No.416 アプローチの極意(21)シャンク防止策
 West Herts Golf Clubは、Londonの北、Watfordの近くにある。1998年の8月5日にプレイをした。81で回ったと記録にある。2週間お客さんが夏休みであったし、娘は大学受験で英国へ遊びに来てくれないし、暇を持て余し、連続で16日間24ラウンドプレイをしたシリーズの一環である。17番378ヤード、やや左ドッグレッグでセカンドを打ち上げていくホールが、何故か記憶に鮮明に残っている。左の林のエッジに打ち込み苦労したのとバッグを担いで登ってきたときの苦しさとである。次のホール... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/06 06:06
No.415 レイドオフ(35)ゴルフスウィングの両輪
 小田原ゴルフ倶楽部松田コースで、高校の友人と3組のコンペを行う。帰りに懇親会を行うので、クラブバスでの送迎が必須条件となる。だから、選択するコースがある程度限定される。インターネットで調べて、ここなら良さそうだと思い決めた。この判断が大変な間違いであったことに気付くのに時間はそれほど掛らなかった。  1番ティーに上がる。数十メートルの打ち下ろしである。「全ホール、ティーグランドは人工芝、左サイドは全てOB、右は1ペナになっている」とスターターが説明する。アップダウンは厳しく、フェアウェイが狭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/05 19:46
No.414 パットの極意(20)左右のグリップの力の均衡を図れ!
 ホームコースの月例に出る。ここのところ、ショットの調子が良いので、自分に期待していた。世の中、良くしたもので、入れ込むとコースが逃げていく。ショットは、力むから少し引っ掛かり気味となり、狙いの5〜10ヤード左へ出ていく。大事に打ちたいと慎重になるから、思い切って「振り抜け」ない。トップが小さくなり、ボールに合わせに行くからである。トップが小さいと、振り下ろす場所が懐の前に確保できないので、左へ肘を逃がすか、無理にでも引っ張るしかなくなる。大きなトップから、懐の空間に振り抜いていくことが大切だ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/04 07:27
No.413 レイドオフ(34)切り返しの一呼吸、これが溜めだ
 総武カントリー総武コースへ、大学時代の友人と行った。千葉県四街道から30分ほどの林の中にある。典型的な林間コースである。ホールの両側は高い松林になっている。全般に高低差はほとんどなくフラットである。だから、フェアウェイバンカー、ガードバンカーが多用されコースに変化と難度を与えている。アリソンバンカー的なのは少ないが、各々が大きく効果的なハザードである。バンカーがなければ、面白くも可笑しくもないコースだ。東、中コースを回ったが、左右に隔離された2グリーンシステムである。グリーンの状態は悪くなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/03 07:23
No.412 アプローチの極意(20)シャンクの原因
  西宮高原ゴルフ倶楽部は、会社の先輩がメンバーだった関係でプレイをする機会があった。夙川から六甲山を登って行く。交通の便利の良いコースである。周りには、西宮、宝塚等の名門を含めてゴルフ場が沢山集中している。関西のゴルフ銀座である。六甲山系の小高い山に囲まれてクラブハウスはあったと記憶している。風が抜けて夏でも気持ちが良かった。レギュラーティーで6500ヤード前後あり、結構タフなコースである。山岳コースにしては、アップダウンも少なくなだらかなレイアウトであった。丁度、高麗芝からベントへオーバーシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 06:03
No.411 レイドオフ(33)スピンを抑えるボール
 ホームコースへ行く。絶好調を維持している。練習場では、当たりが悪くなりかけていたから心配していたが、芯を捉えることができている。一つには、リラックスしてスウィングできているのが大きいと思う。勿論、力むことがない訳ではないが、その回数が減ってきていることと、力んで当たりが悪くなっても、トップするだけなので、方向、飛距離が著しく損なわれる訳でもない。軽いトップはミスショットと考えないことにしている。これが好調を維持している原因ではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 07:18
No.410 アプローチの極意(19)何故シャンクが出るか
 魚津国際カントリークラブは、仕事の関係で何度かプレイをした。JR魚津駅から30分ほどの距離である。腕自慢の副会長と回ることが多かったが、殆ど、歯が立たなかった。それでも、担当が変わる最後のコンペで、勝ことができた。仕事を忘れるほど嬉しかった。副会長の悔しがる顔を今も思い出すことができる。  富山湾を臨む斜面に作られているから、厳しいアップダウンと狭いフェアウェイが特徴的である。ホールの片側が斜面で反対側が谷、というホールが多い。1番も10番も出だしは、気持ちの良い打ち下ろしのホールである。だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/30 07:10
No.409 レイドオフ(32)ガイド棒を使ってアラインメントを確認せよ
 廣野ゴルフ倶楽部は、世界のベスト50に入る日本を代表するゴルフ倶楽部である。関西では、神戸ゴルフ倶楽部、垂水ゴルフ倶楽部、鳴尾ゴルフ倶楽部、茨木カンツリー倶楽部、宝塚ゴルフ倶楽部、三田ゴルフクラブに次いで、1932年に開場した。  古い友人とプレイをした。正面玄関に着くとホテルのドアボーイのような燕尾服を着た男が待機している。思えばRoyal Troonでも同じような男がいた。クラブハウスの中に入ると、すぐ右側の郵便局の窓口のような事務室で受付を済ませる。ロッカールームは、何の変哲もない殺風... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 05:57
No.408 アプローチの極意(18)ダウンブローに打て!
 鎌倉カントリークラブは、鎌倉市内にある。交通の便からいえばトップクラスのクラブであるが、今一つ、評判は良くない。理由の一つはメンバーの数が多すぎるからだ。正会員3000名その他会員1800名だそうだ、これでも、驚くほど多いが、実際はもっと多いのではないか、という噂もある。いずれにせよ、予約を取るのは至難の業だそうだ。  大学の友人が入会しているので、連れて行ってもらった。日曜日だったが、満員御礼の状態。他のメンバーの方と一緒に回る。予約は難しいが直接来れば予約なしでもプレイできるよ、と教えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/28 05:51
No.407 レイドオフ(31)コッキングのリリース
 定例の碁会に出席する。某企業のOB会である。高校の友人が入会しているので入れて貰った。参与会員である。6子置いて2連敗した。何れも碁会のトップレベルの方である。当然、これだけ置いているから、終盤までは私がリードしている。そして、最終局面で、打っ棄りに合う。詰めで誤るのである。詰めで間違うとこれは取り返しがつかない。ゴルフのパットと同じである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/27 05:33
No.406 レイドオフ(30)ヒンジングではなくコッキングせよ
 中学の同窓会の開催準備のために、幹事の集まりに出かけた。田舎の中学であったが、首都圏に20名ほど在住している。同学年で200名ほどの規模の学校だったから、思えば沢山都会に出てきているものだ。卒業以来、50年近く経っても15名ほど集まりそうで、嬉しい。皆元気にしているから同窓会にも来ることができる訳だ。  中学の仲間とは、年に数回ゴルフを楽しむ。今年は、盆に鳴門カントリー倶楽部でプレイをした。現役のメンバーもいるから、集まるのに調整が要るが、最優先で時間を作ってくれるのは、本当にありがたい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/26 05:30
No.405 レイドオフ(29)自分のショットに過大な期待をするな!
 森永高滝カントリー倶楽部へは、二年前に大学の友人と行った。暖かい日であった。圏央道木更津東ICから更に東へ20分ほど走る。千葉県のこの界隈のゴルフ場と比較するとプレイ費は高い、だから、コースへの期待感は高まる。クラブハウスは、イタリアかスペイン調の茶色の屋根に白い壁、ご他聞に漏れず、絢爛豪華である。1992年の開業であるから、バブル崩壊前夜にオープンしたことになる。当時の状況を勘案すると納得できる倶楽部の設えである。  インコースからスタートした。スターターの如き御嬢さんが、前の組に遅れない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 05:30
No.404 レイドオフ(28)加齢と共にスタンスを狭めろ
 ホームコースへ行く。APEC開催中だから、警戒が厳しい。警備に何十億円も掛けているらしい。違和感がある。  常連ものメンバーとのラウンドである。調子は良い。特にショットが切れている。ミオス菊川で突然ショットが当たらなくなったので、心もとなく過ごしていたが、もう大丈夫だ。  何かの拍子にショットが乱れる、するとスコアも悪くなる。それを次のホールで取り返そうとする。すると無意識に力みが生まれ、力むとボールに近づいたり、右手で打ってみたり、打ち急いだりする。当然、結果は悪い。それを更に次のホール... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/24 06:05
No.403 アプローチの極意(17)足の開き方と右足の位置
 いなさゴルフ倶楽部は、浜松市の北部山岳地帯にある。市内から1時間強の距離である。仕事が縁の仲間との懇親ゴルフである。年に数回、浜松に集まり、昔話に花を咲かせながら酒を飲み、ゴルフを楽しむ仲間である。私以外は、現役である。専務だ常務だと言われている人ばかりであるが、仕事を離れて付き合う。誠に楽しい。取り分け、前夜のルール決めの議論は夜中まで尽きなかった。定年後の楽しい仲間である。  このコースは、数年前まで度々仕事でプレイをする機会があった。良く知っている人とのラウンドが多かったのでリラックス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 05:31
No.402 レイドオフ(27)屈み込むから起き上がりミスショットをする
 ミオス菊川カントリークラブで師匠とラウンドをする。久しぶりの挑戦である。米国で開眼した新打法が効果を発揮するかどうか、胸を躍らせて挑む。実は、ミオス菊川カントリークラブは、No.338で書いたように、30数年前に一度プレイをした。と言うか、プレイをしようとしたが大雨でギブアップしたコースである。今回はその時のリベンジでもある。  山の上にクラブハウスがあり、木々も少なく見晴らしの良いコースと記憶していたが、年月の力か、大きな木が茂り、当時の面影はなかった。当然と言えば当然であろう。苗木も大木... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 05:32
No.401 レイドオフ(26)最新ギアとストロンググリップの関係
 中学時代の友人と会食する。彼もゴルフ好きである。巧い。元野球選手だけある。某メーカーの常務をしている。その友人に師匠を引き合わせる。なんかの契機で人間の付き合いは始まる。その端緒を切り開くお手伝いができれば幸せだ。  仕事の知り合いと会社を離れて、一緒に遊ぶことも多いが、その内の一人と連絡を取っていると師匠が「昔の知り合いではないか」と言う。電話をして見ると数十年前に一緒に仕事もし遊びもした仲の人であることが判った。世の中は狭いものだし、縁が戻るのも偶然の経緯が多い。今日は、福の神になったよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 05:20
No.400 パットの極意(19)短いパットのラインを正しく出すには如何に
 ホームコースで、何時ものメンバーとラウンドをする。或るIT企業の社長は、HC8である。しかしながら、飛距離、アイアンの切れ、アプローチ、パット何れをとっても私より、ワンランク上である。バーディをラウンドで5個獲ることなど度々ある。何故HC8に留まっているのか、誠に不思議である。  同伴のプレイヤーもHC8、HC14で実力は似たようなものであるから、何時も冗談を言いながらプレイをしている。他人のプレイに論評を加えることは絶対と言ってよいほどない、皆謹んでいる。自分のプレイを楽しむだけだ。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/20 07:18
No.399 レイドオフ(25)ゴルフメンバーシップ費用の欧米との比較
 大学の同窓会に出る。同じ頃にリタイアした先輩が、故郷京都に引っ越し帰ると言う。百年以上経つ旧家を建て替えた由。壊した廃材の処分費が数百万円掛ったようだ。驚く。定年後、帰郷する、先祖の墓守をする、大事なことだ。帰る場所があると言うことは、脈々と流れる血統の継承でもある。  一方、私は定年後リンクスでゴルフをしている。ゴルフの血統を守るために! いや、ゴルフを味わうために。  別にスコットランドへ行かなくても日本でも素晴らしいコースは沢山ある。だが、高い。米国では、町のパブリックコースは大体2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/19 05:34
No.398 レイドオフ(24)手首を返すな!自然に返る
 タカガワ西徳島ゴルフ倶楽部は、徳島市の西、古い町並みで有名な脇町の近くにある。高校の友人と故郷でプレイすることになった。経営しているタカガワは塾の経営から出発してレジャー産業へ多角化している。  クラブハウスは、学校の教室のようでお世辞でも立派とは言い難い。コースは山間に作られた短くて狭い。普通は文句がいっぱい出るのだろうが、私はこの手のコースが大好きだ。曲がらなければよいスコアが出る。  東京から3人、大阪から一人の帰郷である。暑い夏だったなー。6817ヤードと書いてあったが、どうだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 05:08
No.397 レイドオフ(23)左親指腹側にクラブを乗せるトップの形こそオンプレーンだ
 米国ツアーから帰国。3週間ぶりにホームコースへ行く。月例と思い込んでいたが、先週で終わっていた。時差ボケだ。若い時から、時差ボケが酷く、出張先でも帰国後でも深夜に目が覚め寝られない。慣れっこになって「何時かは寝られる」と考えるようになってから、気は少し楽になったけれども。  HC3の方と久しぶりにご一緒する。帰国後、疲れから練習する気になれず、ぶっつけ本番である。「左親指腹理論」が再現できるか否か、緊張してスタートする。ティーショットを「左手親指腹側にクラブが乗るトップ」に留意して、テイクバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 08:31
No.396 米国ゴルフツアー(27)美しいホール、感動的なホール
 今回の米国ツアーで、美しさ、難しさ、戦略性の高さ等々、記憶に残り、感動したホールは、沢山あったが、是非とも一度はプレイすべしと言うミシェラン級ホールをご紹介したい。  Cog Hill Golf & Country ClubのDubsdread(文字通り、恐怖と呼称)と愛称される#4 Courseは、やはり18番ホールである。バックから494ヤード、ブルーからでも431ヤードあるミドルホールである。セカンドショット地点からフェアウェイ左サイドに池があり、グリーン奥まで続いている。グリーンは池... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/16 05:36
No.395 米国ゴルフツアー(26)嵐の中でプレイ
 Hilton Indian Lakesでのプレイをやっと終えた。これほど疲れたことはなかった。今回のツアーで初めてである。風に吹かれるとやはり疲れる。その風も並みではなかった。翌27日の新聞、TVによると、30年ぶりの嵐であった由。気圧も955Hbで台風と同じかそれより低い。これも記録的低さだったようだ。風速も60MPH(25メートル/秒)で瞬間的には倍の120MPHを記録したようだ。雨は降らなかったが、よくぞ斯かる嵐の中でラウンドを終えたことだ。改めて驚いている。狂の字の多さでは誰にも負けな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 06:13
No.394 米国ゴルフツアー(25)Chicago Indian Lakes Resort@
 TVは前夜から、強力なストームが中北部を襲うと警告している。車の運転が危険とも言っている。朝早くからWeather Newsを必死になって見る。朝8時ごろから嵐になるとの予報である。嵐は、米国中北部から東南部へ抜けていく見込みであるから、早くシカゴへ向かえば逃れられるかもしれないと都合よく考え、6時に出発する。ホテル周辺は風は強まっているがまだ雨は降っていない。  I-65をほぼ真っ直ぐ北へ登って行く。Indianapolisを出て2時間強、シカゴの1時間半ほど手前から、風雨が強まる。シカゴ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/14 05:48
No.393 米国ゴルフツアー(24)Prairie View Golf ClubA
 米国ツアーも残すは後一日となったが、Prairie Viewは、今回のツアーの中でも実に綺麗なコースに入る。フェアウェイバンカー、グリーンサイドのガードバンカーは数も多いが規模も大きく、これを避けようとすると左右何れかにクリークか池かが待ち受ける。どのホールも写真と獲れば、絵葉書になる。周囲とは、高い林で仕切られているから、俗界と離れてプレイを堪能することができる環境だ。感動するラウンドであった。  2時ごろにラウンドを終えたので、腰を据えて練習することにする。アプローチ練習場が整備されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/13 06:57
No.392 米国ゴルフツアー(23)Prairie View Golf Club@
 Ohioを離れて、Indianapolisを目指す。I-70を約3時間、平坦な道をドライブする。昨夜からの雨は完全に上がり、晴天で、気温も20度弱で快適である。ゴルフ場の場所は、Indianapolisの数マイル北側の町Fisherの隣Camelである。  Prairie View Golf Clubは、Indianaでトップ2にランクされている名門である。White Riverと言う名の川に囲まれ、反対側は高級住宅地である。名は体を表す。Prairieとは平原のことである。土地は平坦である... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/11/13 06:28
No.391 米国ゴルフツアー(22)WoodlandA
 Woodland Golf Clubは、ローカルゴルフクラブの典型であろう。パブリックコースで周辺の住民が気軽にプレイに来る。勿論、色々な年会費システムがある。一回当たりのプレイ費が最も安くなるのは、年60回プレイするコース、次いで45回、30回と年会費は安くはなる。だから、堅苦しいしコストも高いメンバーズクラブなど必要ないと言うことになるのであろうか。この一帯は農村である。だが、専業農家は少なくサラリーマンとの兼業が多いとのこと。コロンバスから1時間弱離れているので長閑な環境である。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 06:05
No.390 米国ゴルフツアー(21)Woodland@
 Ohio二日目は、友人宅から近いWoodland Golf Clubである。兎も角、Ohioは平地の連続だ、山など見ることはない。広大な平原である。田舎道とは言え、広い道を走ること20分ほど、幹線道路から少し入るとクラブハウスが見える。一見バラックのように見える。Detroitで訪れたBald Mountainのクラブハウスとそっくりである。こちらも家族経営で頑張っているのであろう、ゴルフコースにお金をかけて、それ以外は必要に応じて、ということであろう。周囲は畑である。ここだけ少し小高い丘と森... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 05:54
No.389 米国ゴルフツアー(20)EaglestocksA
 Eaglesticksは決して悪いコースではなかったが、先行組のスロープレイで気持ちよくプレイできなかった分、コースへの不満が残った。友人は、コロンバスで一緒に食事をする約束の時間を頻りと気にするが、コースへの不快感を顔に出すことはなかった。流石だ。  ショットはグリップだと改めて思う。「何となく握る」ではバラツキを抑えられない。教本通りでも、自分に違和感があるとスウィングに滑らかさを欠く。しっくりするグリップを毎回正確に握らねばならない。  短い53度、58度のサンドウェッジが時々トップ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/11 06:42
No.388 米国ゴルフツアー(19)EagleSticks@
 PittsburghからOhioへ向かう。I-70を只管西へ走る。Pittsburghの郊外の森を抜けると見渡す限りの平原だ。今日も晴れ、晴天だ。3時間半のドライブ。平地に近づくほど紅葉の色が褪せていく。気温差が色を決めるのだろう。  EagleSticks Golf ClubはOhaio州でトップ5にランクされるパブリックである。楽しみにしていた在住の友人とのプレイである。約束より1時間早く着いたので練習する。まずまずの当たりである。「左手親指の腹の上にクラブを乗せる」「この左手コックをイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/11 06:23
No.387 米国ゴルフツアー(18)Cranberry HighlandA
 このゴルフコースへ来る途中のI−279沿いの山並みの紅葉は赤黄の斑な布を敷き詰めたようだ。少し北部ミシガンに比べると色が浅いと言う感じはするが、日光いろは坂も負けるのではないか。  16番369ヤード、ミドルは今回のツアーで技術的には二度目の転接点となったホールだ。アゲンストの風が強くなってきたので、スタンスを確りするために、逆に狭くしてみた。そうすると体の回転がスムースになり、軸のブレが無くなり、芯に捉えることが容易になった。実は、昨日のラウンド中薄い当たりが出るときに「屈み込み過ぎている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 05:17
No.386 米国ゴルフツアー(17)Cranberry Highlands@
 翌日、友人の元副社長が、Pittsburgh郊外の紅葉の綺麗な場所へ案内してくれると言う。これを丁寧にお断りして素敵なパブリックコースを紹介してもらう。二人で相談して、近くて良いコースを選んでもらった。  そのCranberry Highland Golf Courseは、Pittsburghダウンタウンから北へ40分Cleveland方面へ戻った辺りにある。丁度Pittsburghを取り巻く森林群の端に当たるのではないか。Cranberry町立コースである。Pennsylvaniaで最も素... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 05:10
No.385 米国ゴルフツアー(16)Pittsburgh Field ClubA
 Pittsburgh Field Clubでのスタート前練習は、ここ数年ないほどの絶好調であった。「左親指打法」を会得したと確信した。殆どのショットが芯に当たる。だから風に負けない。  ところが、スタートホールのティーショットで失敗する。手を捏ねてしまう。打った瞬間に「しまった!」と思う。続く2番のセカンドで7アイアンをトップする。3番ホールではパーオンするも3パットしてしまう。これを取り返そうと焦る。何故なら、それほど手馴れていないと見ていた元副社長の実際ランドは、実践の上手さを感じさせる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 06:14
No.384 米国ゴルフツアー(15)Pittsburgh Field Club@
 ClevelandからPittsburghは近い。車で1時間半ほどだ。国道I-76を只管南下する。Pittsburghが近づくと高速道路の周辺の景観が一変する。それまでの平原から山間部に入っていく。ペンシルバニア山脈だ。紅葉のトンネルに突入していく感じだ。Pittsburghは山の中にある。ダウンタウンは狭い。周囲は、山に囲まれていて、他と隔離されている。だから、都心へ入っていくためには、紅葉の海を渡っていかなければならない。この林の海の中に、住宅が点在する。他の都市では見られない住宅環境であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 06:07
No.383 米国ゴルフツアー(14)Little Mountain Country ClubA
 クリーブランドのLittle Mpintainは美しいコースであるが、難点は枯葉だ。吹き溜まりに枯葉が集まる。そこにボールが飛ぶと発見は困難だ。フェアウェイでも、枯葉の下へ転がることがある。これですら見つけるのに時間が掛る。紅葉は本当に美しい、しかし、枯葉とセットだ。  コース真ん中の森の中に住宅がある。各ホールに沿って邸宅があるのはよく見かけるが、森を残しそこに家を配置するセンスも素晴らしい。一度ルートを間違えて迷い込んでしまったが、立派な邸宅ばかりであった。  スタート前の練習は、納得... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 07:12
No.382 米国ゴルフツアー(13)Little Mountain Country Club@
 朝早く、Cleveland 目指して暗闇の中を出発する。デトロイトから4時間かかる。毎朝のことだが車から見る朝焼けが美しい。本当に今回は天候に恵まれた。  現代自動車のレンタカーを借りている。ガソリンの残量が残り可能走行距離で表示される。2時間も走ったころに、ひょっと表示を見ると34.6マイルとかになっている。慌ててガソリンを入れに高速を降りる。クレジットカードを預けて満タンにしようとするが、駄目だと言う、金額を先に決めて支払わない限りポンプを開けないという。日本のカードは信用がないことにが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 06:58
No.381 米国ゴルフツアー(12)Bald Mountain Golf
 朝早くスタートしたので、ゴルフを終えてホテルへ帰ってきたのは1時半ごろである。夜明けは8時前で日暮れは6時ごろであるからまだ時間はたっぷりとある。早速、ホテルのレセプションに、近くのゴルフコースが予約できるかどうか聞いてみる。最初に紹介されたのが、午前中にしたFieldstoneである、やはり評判のコースのようだ。次いで予約を取ってくれたのが、10分ほどで行けるBald Mountain Golf Courseである。  クラブハウスはバラックの建物で如何にもパブッリクコースと言う風情だ。私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 05:33
No.380 米国ゴルフツアー(11)Fieldstone Golf Club
 翌日、6日目も快晴。Detroitでは珍しいほど温かい。20度を超えている。友人が8時半丁度に迎えに来てくれる。楽しいゴルフになりそうだ。  Fieldstone Golf Clubは南東部ミシガン州で常にトップ3に入るパブリックコースである。パブリックと思えないほど手入れが良い。9時半ごろ着き、何時でもスタートしてよい、と言われたが、少し練習することにする。ドライビングレンジにはボールの山が積まれている。フリーだ。芝の上から打つことができる。芝の感触が良い。  昨日、掴んだ好感触を練習で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 05:26
No.379 米国ゴルフツアー(10)Springfield OakA
 このコースは、ショットが改善できた転機となった。ここまで5日間、スコアは悪くはないがショットが芯を外すことが多くなり、力むとダフりだす、これが頻発し、納得できないラウンドが続いていた。何故ショットが上手くいかないのか、判らないまま5日経っていた。最初の日は、旅の疲れからか軸が動いていたのが原因であった。しかし、その後の擦り玉の原因が掴めぬままであった。右親指の内側にひび割れができた。昔、調子が悪い時にできたことがある気がする。空気が乾燥いているのは間違いがない。でも、右手が効きすぎているのも間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 19:12
No.378 米国ゴルフツアー(9)Springfield Oaks @
 Detroit3日目は、古い古い友人とのプレイである。彼とは、仕事では極めて苦しい時間を共有した。利害は相反することが多かったが、誠に信頼できる男であった。言うなれば、心が広い紳士と言えよう。朝8:30の約束であるが、15分前に降りていくと彼も同時にロビーに入ってきた。この会社のメンバーは約束時間を厳密に守る。社風である。遅れる会社は大体の場合遅れてくる。これも企業文化。流石、世界有数の企業だけある。  1時間ほど数年間の互いの状況を報告し合う。懐かしい。ホテルから30分ほど離れたSprin... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 19:09
No.377 米国ゴルフツアー(8)Detroit Golf ClubA
 翌日も晴天。今度は、South courseを回る。パー70で少し短いがレイアウトの変化はこちらの方が大きい。だからメンバーでもこちらでプレイしたがる人が多いそうだ。グリーンはNorthはフラットなのが主流だがこちらは砲台型が多い。更にグリーン手前は必ずと言ってよいほどバンカーが口を開けている。Northと共通するのは、林の脅威である。少しドッグレッグしているホールがあるこちらの方が、ティーショットの正確性がますます要求される。  友人が日本に駐在していいた時に同時に日本にいた自動車部品メー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 06:20
No.376 米国ゴルフツアー(7)Detroit Golf Club@
 Detroitでの初日は、親しい米国人との久しぶりのラウンドである。Detroit Golf Clubは1899年開場の名門である。界隈では、Oakland Hills Country Clubが一番でここが二番と言う序列であろう。言うなれば高級Member's Clubという風情である。昔、Chrysler本社が隣にあったからセレブ御用達の倶楽部だったそうだ。North courseとSouth courseがあり、メインはNorthである。全長6936ヤード、blueからでも6619ヤード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 05:41
No.375 米国ゴルフツアー(6)Tullymore & St IvesA
 Tullymoreは全てのホールが忘れられないほど美しいし戦略的だ。  8番530ヤードロングは、サードショットが戦略を要求する。フェアウェイが残り100ヤードからグリーンエッジまで途切れ、雑草の生い茂るラフが続く。フェアウェイが途切れる場所に高い木が生えているので更に第三打のプレッシャーを強烈に高める。第二打で良いポジションを確保したいが、フェアウェイ左サイドに50メートルは広がる窪んだグラスバンカーが口を開けている。ここに入れるともう一度刻まなければならなくなる。  12番157ヤード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 05:58
No.374 米国ゴルフツアー(5)Tullymore&St Ives@
 Tullymore & St Ivesは、Michigan州でベスト4にランクされているパブリックコースである。Muskegonから1時間ほど北へ登る。昨夜も雨だったが、今朝は晴天である。二日続けて美しい朝焼けを車から見る。気温は20度近い。温かい。天候には恵まれている。  高級住宅地の真ん中にコースはある。何れも日本ではめったに見られない大きな邸宅である。また、ホテルの併設されているゴルフリゾートでもある。如何にも米国らしいコースだ。秋口で平日85ドル、一泊2ラウンドで318ドル。やはり高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 05:39
No.373 米国ゴルフツアー(4)MuskegonA
 Muskegonは、1903年に開場した100年以上の歴史を持つ古い倶楽部である。会員権は100ドルだが月会費は430ドル。米国では月会費のシステムを取っている所が殆どのようだ。メンバーになるということは決して安いものではない。カート代、食事代等を入れると年間百万円弱掛るのではないか。メンバーになると言うことは名誉と思わなければ採算は合わない。でも倶楽部は、町ののクラブライフの中心的存在である、ステータスだ。基本的にメンバーシップは相続されていくようだ。レストランも地区の美味のトップある由。ク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 05:10
No.372 米国ゴルフツアー(3)Muskegon@
 二日目の朝 7時前にホテルを出る。真っ暗である。国道I-55、I-94と乗り継ぎChicago市内を抜けて、一路紅葉の名所北部MichiganのMuskegonを目指す。米国の朝は早い、ホテルの朝食は6時からだし、道路のラッシュはその頃から始まる。I-94がミシガン湖に沿って北上を開始する辺りで日の出を迎える。地平線がぼやっと明るくなり、やがて赤く染まり、そして日の出を見る。真っ赤な大きな太陽である。眩しい。真正面から朝日が差し込んでくる。低い、日本では経験しない低さだ。幻想的ですらある。昨夜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 05:10
No.371 米国ゴルフツアー(2)Cog HillA
 コースを整備する作業員の数が多い。枯れ葉を掻き集める人、バンカーを整備する人、ラフをラフらしく整える人、大型機械総動員で手入れしている。金が掛っているとの印象。  ドッグレッグのホールが多いのもこのコースの特徴であろう。プロであれば、カットして飛ばしていくのであろうが私の技量では、角を如何にクリアーするかが最大の課題となった。徹底的に遠回りせざるを得ない。難しい。  前後に殆どプレイヤーは見かけない。だから、各ホールを味わいながらゆっくりとプレイすることができた。満足。  全て水準の高い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 13:33
No.370 米国ゴルフツアー(1)Chicago Cog Hill@
 仕事で北米には度々出張していた。現地の友人も多い。久しぶりに旧交を温めるべく遠征を組んだ。丁度2週間のツアーである。Chicago O'Hare空港には朝9時に着く。滑走路を見ると濡れている。雨だ。レンタカーをピックアップする時は土砂降りの雨になった。車の置き場所が見つからない。雨の中ウロウロとしているとAvisのサイトサービスマンが親切に探してきてやると言ってくれる。逆方向の遠くへ消えてしまう。そちらへ仕方なく荷物を抱えて歩いていくと、彼は車を回してくれていた。まさかと思ったが元の場所までま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 06:22
No.369 レイドオフ(22)アドレスが間違っている。基本に戻れ!
 渡米前の練習に行く。昨日のラウンドが余りに惨めであったので、自分を納得させるためだ。  練習は嘘をつかない、というが、その通りだ。練習をしていると「気付き」がある。間違った気付きも多いのだろうが、それも財産だ。必ず、後程生きてくる。  何時ものルーティンをなぞっても良い当たりが出ない。何かバックスウィングがしっくりとこないのだ。で、テイクバックの在り様を色々と検証する。何よりも「クラブのトウが真っ直ぐ後ろを指すように長く引く」というのは、間違いがない重要なポイントであったはずが、その通りし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 05:09
No.368 レイドオフ(21)右手の役割は何か
 芦屋カンツリー倶楽部は、六甲山の中腹にある。昭和27年開場である。日本でも古いコースに属する。或る年、社内のコンペを開催した。極めて交通の便の良いところにある。コースは、狭い土地を目一杯に利用して作られている。距離は短い。レギュラーティで6100ヤードを切る。すべてのホールは斜面にあると言っても良いほどだ。大空に向かって打っていくような打ち下ろしのホールもある。短いアイアンがぶれなければ70台もそれほど難しくはない。  多くの人も言っているように、コースとしては3流だが便利なのが取り柄のコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 08:37
No.367 レイドオフ(20)ポスチャーが回転軸の正確性を決める
 Little Aston Golf Clubは、英国バーミンガムの北にある。地域は富裕層の住宅地として名を馳せている。コースは全英55位にランクされている。また、リー・ウエストウッドは、Carnoustie、Royal Lythamの次に好きなコースとして挙げている。  日本からのお客さんと近くの瀟洒なホテルに泊まった。ホテルの名前はすっかり忘れてしまったが、ブナの木の森の中にあるこじんまりとしたホテルであった。木々の風に吹かれる音しか聞こえない、正に、別世界に連れ込まれる。贅を尽くした佇ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 05:46
No.366 レイドオフ(19)テイクバックで左手甲は垂直に立てなければならない
 彦根カントリー倶楽部は、彦根駅の直ぐ裏にある。交通の便が良いので名古屋と大阪の共同コンペには格好の場所と言えよう。親しい友人の帰国祝いを兼ねて当時の部下と数年前に行った。全員、海外で苦労したものばかりであったから、帰国の意味を一番解っている仲間であったと言える。仕事で苦労した仲間が本当の友人だと言える。  何故か11番ホールの景色をよく覚えている。左サイドが谷でOB、右は山肌、フェアウェイは狭いし、左へ傾斜している。若い友人が左へOB、私も左サイドだが飛ばずにセーフ、セカンドはグリーン左手前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/29 15:22
No.365 レイドオフ(18)切り返しで左肩を開くな
 Jクラシックゴルフクラブは、南国徳島の西、土成町にある。土成町の東隣に御所という地名がある。土御門上皇が土佐から移ってこられて、嘉禄3年(1227)より寛喜3年(1231)崩御までの行宮所が置かれていたと言われている。  このクラブは、徳島出身の尾崎将司の設計である。15年ほど前の開場であるから新しいクラブと言える。割と平坦な地形に、ヤシの木をふんだんに配置し、南国情緒を醸し出している。クラブハウスから眺めれば、異国を思わせる風情である。それが良いとは思わない。その土地の自然を生かすのがコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/29 05:53
No.364 レイドオフ(17)テイクバックを真っ直ぐ後ろに引くにはクラブのトウを真っ直ぐ引け
 South Herts Golf Clubはロンドンの市内北部、日本人も多く住むHendonの近くにある。パークランドコースの範疇に属する。1999年7月9日にプレイをしている。スコアはよくなかったようだ。コースの記憶はほとんどなくなっているが、牧場をゴルフコースに改造したので、彼の有名なヘッジ(生垣)を、時にはコース間の区切りに、時にはハザードに利用している。平坦なあまり変化のないパブリックのような手軽なコースで、この手のコースは英国では非常に多い。自前の土地でコストが掛っていないからファミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 19:05
N0.363 レイドオフ(16)何故左手甲の角度を変えてはならないのか
 泉が丘カントリークラブは、大阪は泉北地区、言うなれば堺市の東側に当たる場所にある。関西では南部にあるゴルフ場は比較的少ない。ここは珍しく大阪市内南部の住宅地に近いコースである。とあるお客さんと親睦ゴルフをした。同じような業容の会社同士であったから、遠慮もなしで正に親睦ゴルフであった。相手は、常務と事業部長である。事業部長は大学のゴルフ部出身という触れ込みであったから、期待してみていたが、昔と今は別人であった。多分、緊張しすぎていたのであろう。この二人とは気さくにお付き合いさせていただいた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 19:02
No.362 バンカーショットの極意(7)ソールを砂にぶつけろ
 アートレイクゴルフ倶楽部は、兵庫県能勢にある。一蔵ダムの傍を通り抜けていく。会社が法人会員になっていたし、大学時代の友人もメンバーであった関係で、比較的よく利用した。  約20年前のゴルフブームの時に開場されているから、クラブハウスは典型的な「迎賓館仕様」である。ロビーを通りぬけて行くと裏には、大きな池と立派な日本庭園も造られている。コースの至る所に設置されている備品も高価なものが多い。バブルの時代とはそういうことであったのだ。  コースは多少のアップダウンもあるが距離は短い。いくつか面白... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/13 05:34
No.361 レイドオフ(15)クラブヘッドが手首を追い越してはいけない
 山の原ゴルフクラブは、毎年つるやオープンのトーナメントが開催される。阪急宝塚線能勢口から能勢電鉄に乗り終点日生中央駅で降りる。すぐ傍がコースである。決して良いコースではない。狭いしアップダウンの厳しい。但し、交通の便はすごく良い。  大阪駐在中にプレイする時の常連メンバーである同僚と行った。一度もやったことがなかったから、兎に角ここでやろうと強く主張した。他のメンバーは「あまり良いコースではない」と嫌がりながらも同意する。太った元運動部出身の部下は、余り腰が回らないので、只管手で打とうとする... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 06:25
No.360 レイドオフ(14)グリップに始まりグリップに終わる
 Golf Chateau de La Tournetteは、ベルギーの首都ブラッセルの50Kmほど南の Nivelles と言う町にある。英国駐在中に、日本からの出張者をアテンドしてプレイをした。当時の技術系専務と営業部長である。二人とも強烈な個性の持ち主で優秀な指導者であったが、その後、共に病魔に冒され亡くなってしまった。人の運命は本当に判らないものだ。  ベルギー駐在のお客さんがこのコースを設営してくれた。ベルギーではトップクラスのコースと言う触れ込みである。農村地帯にぽつんとこのクラブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/11 05:41
No.359 レイドオフ(13)良いグリップは良いスウィングの前提条件だ!
 Woodhall Spa Golf Clubは、ロンドンからA1を只管北上し、リンカーン市の近くにある。ロンドンから2時間前後かかる。ここは全英ベスト20の常連コースであり、2コースあるが、有名なのはThe Hotchkin Courseである。道路から少し入ったところに駐車場があり、その横にクラブハウスがあるが、レセプションの規模が殊の外大きいから戸惑う。ゴルフ場と言うより、遊覧地か娯楽施設へ入場するイメージである。  一緒に赴任していた技術屋と一緒に出掛けた。彼は、ゴルフをする間がないほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/10 06:56
No.358 レイドオフ(12)スウィング理論を理解せよ
 今年のゴルフ公式戦は全て終わった。非常に残念な結果である。本日のクラブ4大競技の最後だけは予選を勝ち抜けたかったが、思わぬ3パット、4パットで3打足りず。考えてみれば、ここ2か月、腰を痛めた以降、納得できるスウィングができていなかったから、妥当な結果と反省している。7月は絶好調で、約1か月ほどは40を叩く気がしなかった。それが腰を痛めた結果、2か月間の絶不調に陥った訳である。  でも2か月、何故だ、何故だと問い掛け、練習に身を入れたことは、ゴルフの深さを身に染みて感じることができたので、次の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/09 05:35
No.357 レイドオフ(11)左手の甲の角度は変えるな
 New Zealand Golf Clubは、英国サリー州の有名なヒースランド地帯にある。近隣にも英国トップ100に入るような有名なコースが目白押しである。当然、このコースもランキングの常連である。  何時もの、若い夫婦と行った。春先のベストシーズンである。英国の冬は早く暗い。8時過ぎに夜が明け3時過ぎには暗くなる。その分春の到来は心躍るもので誠に清々しくそして美しい。野山は一斉に芽吹き花が咲き始める。このコースは、ティーグランドの前面、フェアウェイの両側、ホール間の繋ぎ道路、至る所ヒースの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/08 07:18
No.356 レイドオフ(10)ハンドファーストに構える
 Schloss Miel Golf Clubは、ドイツは古い首都ボンの西外れにある。工場がボンにあったので月に一回ほど訪問していた。ボン中央駅から車で10分ほどの場所にあった。首都のど真ん中に工場群がある。小さな町であるから、官庁街、大学、繁華街は隣接しているが、工場地帯はその反対側にある。米国から来た工場長は所謂アメリカンの陽気さを表に出す人柄で、心から打ち解けるようになっていた。そこで、金曜にに会議をし、土曜日にゴルフをすることになった、前夜は、ボンのアメリカンクラブでディナーを招待される... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/07 06:28
No.355 レイドオフ(9)プレショットルーティンを確立せよ
 雨模様の中、大会に備えてホームコースへ練習ラウンドに行く。打ち放しでは好感覚を掴んでいたので楽しみであった。1番バーディ、2番も意図したものに近いショットができる。ところが、2番で2メートルのパットを外し、3,4番とパーオンするも連続3パットすると5番、6番と力が入りだして、ショットが左に巻き始める。8番でやっと冷静になりまずまずのショットを打つも9番のティーショットを左へ引っ掛けてしまう。インに入り、気を取り戻し、パースタートするも11番セカンドをやはり左に引っ張り、2メートルのパーパットを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/06 06:36
No.354 レイドオフ(8)スタンスがクロスになればフックになる
 Batchwood Golf & Tennis Clubでプレイしたのは、1997年7月30日である。ロンドンの北 St Albansにある。St Albansはロンドンに次ぐ規模の大きなローマ駐留軍の作った街で、ここから北へ古代ローマ道路は伸びている。古い情緒のある街だ。「すきやき」という日本食レストランがあったので毎週のように通った。数年にわたりミシェラン一つ星を獲得しているレストランだが、格式が高いという感じではなかった。親しみのもてる女将さんであった。ただ、肉料理以外に殆どメニューを持... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 08:30
No.353 レイドオフ(7)ハーフショットの練習こそ秘術だ
 The Berkshire Golf Clubはロンドンの西郊外にある。ヒースロー空港から見ると、彼の有名なWentworthそしてSunningdaleを通り過ぎ、次の大きな交差点辺りにあたる。UK Best 50に常時ランクされている名門であるが、開場は新しく1928年だそうだ。英国では新米のクラブである。  ある年の冬、駐在員と一緒に出掛けた。駐車場に隣接するプロショップはクラブハウスとは別の建物でこじんまりしている。流石に冬だからメンバーの来場も少なく直ぐにスタートできるという。予約... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 06:26
No.352 レイドオフ(6)トップでコックはしなければならない
 英国南部East Sussex National Golf Clubでは、師匠とのアイルランド遠征の前日1999年8月8日にプレイをしている。82で回ったと記録しているが、コースの記憶は薄い。前日に、北部のWoodhall Spaでプレイしているから、何時もの相棒と訪ねたはずであるが、あまりよく覚えていない。会社は夏休みに入っていたから、ひょっとすると一人で行ったかもしれない。内陸部のパークランドコースであったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/03 05:39
No.351 レイドオフ(5)スウィングは左手だ!左手だ!と念じる
 月例から帰宅した。秋晴れの良い天気に恵まれ気持ちの良いラウンドであった。昨日、練習場でやけっぱちになってした練習から、遂に「絶好調時の感覚」を取り戻した。その通り、コースでできるかどうかが勝負である。練習で判ってもラウンドでできなければ本物と言えない。  1番のティーショットは練習通りに打てた。よく飛び残り120ヤードほど。逆風だから9番アイアンで打つも右に押し出しバンカーへ、巧く出したがワンパットで収めようとして下りのラインを打ち過ぎて3パット。そうすると力み始め(その場では全く気付いてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 07:25
No.350 レイドオフ(4)バックスウィングは左手をレイドオフに上げろ!
 台風が八丈島の界隈を通過している。その影響で風が強い。練習場のネットは大きく揺れている。風の影響でボールは飛ばない。だが、その影響がどれほどなのかが判らないから、ショットの飛距離の判断ができない。斯かる状況下では飛距離をショットの良し悪しの判断基準にしてはいけないのだろうが、それでも気になる。案の定、飛ばないから力む、力めば右手が強く入り引っ掛けかザックリだ。昨日の回復基調は何処かへ吹き飛んでしまった。  焦って色々と打ち方を変えて練習しているうちに、突然、手首が返らない打ち方を思い出した。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/01 06:17
No.349 レイドオフ(3)軸の傾きを壊すのはテイクバックの方向だ
 The Alwoodley Golf Clubは、英国中部リーズの近郊にある。New Castleのお客さんを訪問した帰り道に、プレイをした。同行した同僚と一緒である。ゴルフガイドでこの界隈の名門と言うことで、帰路飛び込みでやらしてもらった。如何に英国と言えども、平日であれば大概のコースはプレイ可能である。  瀟洒なクラブハウスが大変立派で、どこにプロショップがあるのか判らないほど込み入った建物であった。コースは内陸部の典型的なパークランドコースで、難易度はそれほど高くないが、美しく整備され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 05:49
No.348 レイドオフ(2)バックスウィングの前傾姿勢と回転軸の維持を如何にするか
 雨を心配したが、午前中は曇りで降りそうにもないのでホームコースへ出かけた。テイクバックの「反省」が生かされているかどうか、非常に期待感を持ってラウンドした。  スタートのティーショット1Wは、フックすることもなくフェアウェイど真ん中へ。一安心する。セカンド8Iは右に少し出てバンカーに入れるがショットは及第点だ。バンカーショットは、スタート前練習で「良い感覚」を掴み、そのイメージで打つ。OK。上手くソールから砂に入った。2,3番ホールとフェアウェイからのアイアンショットは、しっかりとボールを捉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 06:50
No.347 レイドオフ(1)バックスウィングは手でするな、胸でしろ!
 英国南部のLiphook Golf Clubへ行ったのは、私のゴルフの師匠との「アイルランド、スコットランド遠征」からロンドンに帰った翌日の1999年の8月14日である。疲れも知らず、一人で行った。このコースは、内陸部にあり、広葉樹、針葉樹の林が各ホールを隔てており、その緑がコースに落ち着きと風格を漂わせている。典型的なヒースランドコースで、フェアウェイ両側、ティーグランド周辺はヒースに蔽われている。近くのNew Zealand Golf Clubと同様に春には美しい紫の花が咲き誇る。UK B... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/28 06:46
No.346 芯を外すな(20)開眼は一時の夢幻か
 Ganton Golf Clubは、英国 North Yorkshire ヨーク市の東にある。実際は、海岸から数十キロは離れているからリンクスと呼ぶには無理があるが、1949年にRyder Cup、2003年にWalker Cupが開催され、全英ベスト10にランクされるほどの名門である。確かにリンクスとは海岸に接する砂地Duneに作られたコースであるが、ここGantonも同様の砂地に作られ、ラフの植物群、コースのアンジュレーションは紛れもなくリンクスの様相を呈している。足りないのは風だけと言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/27 07:11
No.345 芯に当てろ(19)煽り打ちに何故なる?
 悩みは深まる。昨日までの自信は遥か彼方に飛んで行ってしまった。絶対の自信は2週間しか続かなかった。誠に情けない。解ったつもりであったが、今は、偉そうなことを言う元気を田舎に置いてきてしまった。  左ひざがボールを指さなければならない、という理論に、昨日、納得していた。その通りにすればショットも良かった。本日、それを確認するためにホームコースへ出向いた。ところが、体の軸が安定せず、右手が勝手に一人相撲を取る。引っ掛け、ザックリ、トップとあらゆるミスのオンパレードだ。4ホール目には冷静さを欠いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 05:33
No.344 芯を外すな(18)左ひざはボールを指さなければならない
 No.339「腰を止めるな」で書いたように、腰と膝の関係について悩んでいたが、やっと心のもやもやが払拭切れそうだ。  加齢とともに、体が硬くなる。昨日までできたことが今日はできない。だが、本人は気付いていない。こんなことは日常茶飯事の如く起こっている。  バックスウィングで右に体重が移動し、肩が十二分に回り、体の左サイドがストレスで緊張している。これがトップの形だ。これらの点はスウィングの重要なポイントであるから、いつも注意し、そこそこできていると思っていた。だが、一月半前に腰を痛めて以降... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 06:30
No.343 芯を外すな(17)上半身の回転速度がスウィングプレーンを決める
 池田カントリー倶楽部は、伊丹空港から車で20分程度と近い。五月山にある。学生時代に友人がキャディのアルバイトに通っていたコースである。私もアルバイトがやりたいと言うと友人が「お前さんは無理だ。客は大変偉そうな物言いをする。我慢できない時も辛抱しなければならない。辛い仕事だ」と反対したのを思い出す。今は、自分がその客だ。  数年前、大阪在住の兄とその義理の弟と3人でプレイをした。東京から飛行機で飛んでいき、飛んで帰る。日帰りでできる関西のコースである。生憎の雨模様であったが、楽しくプレイできた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 06:21
No.342 芯を外すな(16)肩を回せば体重は移動する
 亀岡ゴルフクラブは、大阪と京都の境にある。摂丹街道沿いである。入社間もなく、販売子会社の支援で出向していた。その会社のゴルフ好きの次長と課長と昵懇になり、ゴルフを覚える契機となった。小売店を一日に何軒も訪問するのだが、途中で息抜きするのが常だった。大概そのような時は、打ち放しへ行った。借りクラブで打つ訳であるが当時の貸クラブはそれは酷いものだった。それでも、我流で振っているとよい当たりも出る。その快感が堪らない。亀岡へも年に数回は行く。その途中で寄り道するわけである。懐かしい思い出である。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 05:40
No.341 芯を外すな(15)左が伸びあがると腰が止まってしまう
 豊橋市の近郊に東海カントリークラブがある。古い名門に入る倶楽部であるが名うての高低差のあるコースである。ある営業マン3人が転勤に際し、このコースで1日でいくつランドができるかトライをした。確か、4ラウンドしたと聞いた。昭和50年ごろの平日の話である。それにしても、日本のコースでこれは多分記録であろう。英国オックスフォードシャーの日系ゴルフコースで、と或る大使館駐在武官が同じトライをし、6ランドか7ラウンドかしたと聞いたが、これは英国の文化と夏時間を考えれば可能と思うが、日本では、色々と制約があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 07:08
No.340 芯を外すな(14)スウィングはフィニッシュまで完了しなければならない
 赤坂カントリークラブは、岡山市の北山の中である。確か、川崎製鉄の関連会社の経営であったと思う。その縁で会社もメンバーになっていた。昭和49年の開場であるから、企業がゴルフ場経営に走った時節である。  コースは、山の中であるから、いずれかの側が山肌を削った斜面になっていて、反対側がOBかペナルティというレイアウトになっていた。そこそこフェアウェイは幅があったので、狭いという印象は残っていない。距離は短いので、私にはやり易いコースであった。  岡山の営業所に長いお付き合いの先輩がいた。ゴルフ好... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 06:51
No.339 芯を外すな(13)腰を止めるな
 名四カントリークラブは、名古屋地区の名門クラブである。名古屋勤務時代、駆け出しの営業として、土日は草野球、ラグビー、ゴルフと自室に居る間もなく遊びに明け暮れていた。遊ぶことがなければ、会社へ行き仕事と言う生活である。公私境目のない時間を過ごしていた時である。  このコースへは、記憶が薄くなっているが、同僚の誰かが行けなくなり、私がピンチヒッターで出かけた。コースのことは覚えていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 05:43
No.338 芯を外すな(12)無駄のないスウィング
 名古屋勤務時代に、電力関係の業務を担当していた。中部電力の殆どすべての発電所を数か月に一回は訪問していた。当時まだ少なかった営業車に乗り、数時間かけて訪ねていく。40有余年前にはほとんど走っていなかった冷房付であったから、夏場に窓を閉めて運転すると妙に優越感に浸れたものだ。  浜岡原子力発電所は、確か2号機の建設途中ではなかったかと思う。建物の中に入るには、特殊な作業着に着換え、放射線測定器を首からぶら下げていかなければならなかった。危険な場所に行くわけではないのだが、やはり緊張したものだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/19 05:56
No.337 芯を外すな(11)切り返しの契機は何か
 ゴルフは本当に難しい。練習場で習得しても、ラウンドでその実力を発揮することはなかなか困難だ。色々と理由はあるのだろうが、人間の保守性と言うか、自己保存本能と言うべきか、自分を変えることに躊躇があるからであろう。本来、フォームを変える決心をしているわけであるから、躊躇なぞあるはずがない。ところが、新しいフォームにはラウンドでの実績がまだない、だから、結果と言う視点で考えれば、実績があるのは「過去のフォーム」だけである。練習ラウンドで、新しいフォームの評価を結果から判断すれば、新しいフォームは新し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/18 06:44
No.336 芯を外すな(10)胸の軸こそ方向性の鍵だ
 久しぶりにインドネシアから友人が帰国した。重職でストレスから体調を壊し、心配していたが何とか頑張っている様子が窺えた。歓迎ゴルフをこれまたタイから帰国したばかりの友人と執り行った。苦労を共にした仲であるから、顔さえ見れば安心する。楽しいゴルフとなった。  プレイしたのは、交通の便の良い鎌倉パブリックゴルフコースである。初めてのプレイである。初回のプレイは、未だ見ぬ美女は如何ばかりかと想像するに似ている。期待と不安でワクワクするのだ。大体において、この種の期待は裏切られる。世の中そういうものだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/17 07:21
No.335 芯を外すな(9)背筋を伸ばし顎を上げろ
 秋田へ2泊3日で旅をした。羽田から朝一番のJALに乗り、秋田空港に9時前に着く。レンタカーを借りて、鳥海山へ向かう。高速道路の無料化実験区間のようで無料、政策には反対だが、タダは何はともあれ嬉しい。5合目からは日本海が見渡せる。だが、鳥海山は遠くから眺めるものと思う。その独立峰は天に届けと言わんばかりに聳える。山全体が青白く霞む。見事だ。折り返して、男鹿半島へ走る。ナマハゲの里だ。男鹿真山伝承館で実演を見る。集落毎に少しづつ様式は異なるようだが、真山のナマハゲは、各家屋を訪問する際の挨拶の儀式... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/16 05:03
No.334 芯を外すな(8)不安感が右手を返す
 クラブのチャンピョンシップ予選会に出て帰ってきたところだ。昨年は、1打及ばず敗退した。今年は、何とか予選だけは通過したいと思っていたが、世の中、甘くはない。  パースタートしたものの、2ホール目のティーショットを左に引っ掛けラフへ、5Wを巧く打ったが左へ引っ張りグリーン左へ。ここまでは覚悟していたことだが、次の寄せをぴったりに寄せたいとロブ気味に打ったところ、ショートしてしまう。これが第一の失敗。グリーンエッジからカップを狙ったが多少強くなり1.5メートルぐらいのフックラインが残る。ボール一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/15 07:02
No.333 芯を外すな(7)フォーム改造中は結果を求めるな
 昨日、大学時代の友人とホームコースへ行った。彼は去る5月目出度くリタイアし、新しい生活を楽しんでいる。6月には奥さんと英国庭園見学ツアーにも行った。湖水地方から石造りの家並みで有名なCotswoldsの美しい庭を沢山見たようだ。取り分け、奥さんの満足感が彼をして納得させている。コッツウォーズの石造りの町並みは、彼の地でなければ味わえない趣がある。年季の入ったねずみ色の石を積み重ねた家屋が街道の両側に並ぶ。内部は時代ごとに改装されているのだろうが、外観は変わらない、いや、変えられないのだろう。世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 06:22
No.332 芯を外すな(6)クロストップを防げ
 瀬田ゴルフコースは、滋賀県瀬田にあり、有名な瀬田の唐橋、石山寺、南郷洗堰等々の近くである。大阪でゴルフを始めたばかりも頃、同期の人間と一緒に行った。プリンス系とはつゆと知らなかった。三洋電気も近くにあり大学の友人が責任者をしていたなー。親戚も近くにあるが最近とんとご無沙汰している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/13 06:53
N0.331 スウィングプレーン(10)トップでは左サイドに張りを感じよ
 伏尾ゴルフ倶楽部は、兵庫県川西市にある。大阪在住の高校の友人と数年前に行った。医者の友人は開業しているがご多聞に漏れず医者不足で、待遇を良くしないと若い医者に辞められてしまうようだ。だから土日の当直勤務は本人が担当し若い医者は休ませるようにしている由。ということで平日しかプレイできない。医者もタフな職業だ。 阪急池田駅からタクシーでいく、20分ぐらいか。  関西の山岳コースそのものでアップダウンがありグリーンは砲台で小さい。東コースからスタートした。1番は400Y弱のミドルでティーショットは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/12 06:22
No.330 スウィングプレーン(9)腕を速く振るより胸の回転を速めよ
 名門宝塚ゴルフ倶楽部へ行ったのは、40年以上も前で会社の先輩に連れられてであった。彼の義理の兄がメンバーであった。その兄の友人と4人でプレイをした。私は、ゴルフを始めて間がない頃で、ルールもマナーも半人前でデビュー戦に近かった。  阪神淡路大震災でコースも破壊され新しくなったようだが、当時は、確か2グリーンであったと思う。8番ショートで思えば大変な間違いを犯した。ティーショットがサブグリーンにオンした。他の3人はグリーンに乗ったかエッジである。私は早く打たねばとばかり考えていたので、そのまま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/11 07:38
No.329 スウィングプレーン(8)トップするメカニズムの解明
 定例の高校同窓ゴルフで湯河原CCへ行く。ここのところ調子が上下しているが、ゴルフ理論は上達しているはずだ。だから、調子が悪くても修正できるはずだ。そう期待していた。世の中は巧いこといかない。10番の登りのロングでセカンドのスプーンをトップ、アプローチもトップで最悪のスタート。11番はパーオンするも3パット。気を取り直して、12,13,14番とパーを取るも、またまた15番で3パット。ショットが安定せず、距離感が出せない、短いパットが決まらない、悪循環からやはり抜け出せず。2番は165Y打ち下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 05:22
No.328 スウィングプレーン(7)肩の回転でテイクバックせよ
 茨木国際ゴルフ倶楽部は、大阪は茨木市北側の山手にある。ご他聞に洩れずこの倶楽部も外資の傘下に落ちた。大阪の中でも交通の便の良いところにあるにも拘らず、昔から今ひとつ評判が上がらない。事情は色々あるのだろう。クラブハウスからは、吹田市更に大阪市が一望できる。良い眺めである。コースは山岳コースで、距離は短くてフェアウェイは狭い。典型的な関西の山岳コースである。長打力が売り物の長身の若い(それほどでもないか)友人が、数数え切れないほどOBを叩いた。少しでも曲げればOBかペナルティである。私はこの手の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/09 07:02
No.327 スウィングプレーン(6)肩の回転面とクラブの回転面
 南山カントリークラブは、名古屋猿投グリーンロードを東へ、矢作川を渡り、足助の手前である。昔から紅葉で有名な香嵐渓が近い。昭和50年の開場である。48年の第一次オイルショックの恐怖がまだ冷め止まぬ中での開場ということになる。駆け出しの営業マンとして、その頃私は名古屋で走り回っていた。立派なゴルフ場が出来たという噂は瞬く間に広がった。名匠井上誠一の最後の設計である。  13番410Y打ち下ろしのミドル。270Y地点フェアウェイ右サイドに大きな岩が寝そべっている。兎も角、印象に残る岩である。とても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:26
No.326 スウィングプレーン(5)トップでの間の取り方
 貞宝カントリークラブは、愛知県豊田市にあり、東名高速三好ICの直ぐ傍である。女子プロトーナメントも開催されるチャンピョンコースである。昭和41年開場であるから愛知県でも古いコースに属する。名古屋市内から近いから人気のコースでもある。お客さんの役員がメンバーになっていたので連れて行ってもらうことが多かった。三河の丘陵地帯に造ったから松林に囲まれたホールで、フェアウェイは広く距離も長いと記憶している。当時の私の腕では難しかった。  三河の人情は有態に言えば古式豊かなということになろうか。勿論、最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:23
No.325 スウィングプレーン(4)腰が入らなければプレーンは壊れる
 鳴門カントリーで1年ぶりにプレイをした。昨年も盆にプレイをした。台風が日本海を通過しているとかで天気を心配したが、お陰で曇り空で比較的過ごしやすかった。コースは、鳴門の瀬戸にある。瀬戸と言うのは、海と海の狭い海峡の呼称だが、島田島とは狭い海峡を挟んで向かいあっており、島田島は、神戸淡路鳴門自動車道の徳島県側の入り口大毛島と接している。コースは、国定公園鳴門から瀬戸内海を見下ろす半島の高台にある。高校の友人と一緒である。  2度目のプレイであるから、昨年のショットを思い出しながらコース戦略を練... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 05:48
No.324 パッティング(5)体の向きをチェックせよ
 中日カントリークラブは、中日新聞の100%子会社の経営である。私の記憶に間違いがなければ、昭和50年代に愛知カントリークラブ東山コース周辺を都市公園化する計画が持ち上がり、当時、名古屋の有力なゴルフ場であった東山コースは存亡の危機にあった。メンバーの多くは、近くて便利なゴルフコースを求めていたが、まだまだコースの数が少ない時代であり、幾つかのコースの新設計画が持ち上がっていた。  このコースもその中の一つであったと思う。ところが、紆余曲折の末、牧野が池緑地は、ゴルフ場を残してその周辺に整備さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 05:25
No.323 スウィングプレーン(3)左手首は絶対に返すな
 我孫子ゴルフ倶楽部へ行く機会が出来た。友人が、鳴尾カントリー倶楽部のメンバーで我孫子は姉妹コースとなるのでその縁で取ってもらった。今夏で一番暑い日であった。夏休みに入ったのか、早朝の電車が空いている。上野から常磐線で天王台駅下車クラブバスで5分である。  実は、日曜日に、プレイ中、腰を痛めた。帰宅すると立ち上がれないほど痛くなっていた。3日間じっと自宅で静養に勤めた。何とか、サポーターを腰に巻けばプレイできる程度に回復した。しかし半分ぐらいの力しか入れられない。痛いのもあるが怖さが大きい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 07:37
No.322 スウィングプレーン(2)バックスウィングは真っ直ぐに大きく
 ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎は、バブルの頃会社がメンバーになった。千代田カントリーとか5千万円クラスの会員権相場が異常と思われなかった時代だ。茨城県竜ヶ崎市にある。世界最大の青銅製の立像大仏で有名な牛久大仏も近所にあるし、江戸後期に大久保今助と言う商人が鰻蒲焼の乗った皿を丼飯の碗に被せて渡しを渡り、食べたところ大変美味しかったのが鰻丼の発祥と言われる牛久沼の近くである。横浜から都内を横切って走るわけであるから、気の遠くなるほど時間が掛かった。自宅を夜明け前の3時に出て、その後、都内、柏でピックアッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/03 05:33
No.321 パッティング(4)クロスハンドグリップ
 本千葉カントリークラブで、高校の同窓会コンペをした。熱暑の日であった。熱中症を恐れる年齢になったので、懸命に水を飲む、ビールは控えめにする。東京駅から京葉線の快速に乗り43分で蘇我駅に着く。駅前からクラブバスで15分ぐらいか。意外と便利であった。残念なのは、帰りのクラブバスが鎌取駅行きになることだ。少しのサービスを始末すると大きなものを失うことになる。  西、東コースと回った。中コースもあり、この3コースが入り乱れてレイアウトされている。自動カートでなければ間違いなくホールを見失うであろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/02 06:58
NO.320 パッティング(3)クロスハンドグリップの薦め
 名神八日市カントリー倶楽部は、京都の得意先が入会していたので、大阪勤務時代からよく利用した。昭和40年開場で滋賀県で3番目に古いコースだそうだ。 45,6年には行っていたから、私は大変早い時期にゴルフを始めたと言うことだろう。  広いフェアウェイで、今見ると6800ヤードほどであるが、当時は距離も大変長いという印象であった。私の当時の飛距離が世間より足りなかったのは確かだが、パーシモンのクラブと現在のチタンクラブでは30〜50ヤードは飛距離で違いがあるだろう。今なら、この距離は射程範囲だ。道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/01 06:16
No.319 パッティング(2)新しいパターとイップス病
 信州2日目は、三井の森蓼科ゴルフ倶楽部である。友人の別荘から10分少しの距離である。別荘は、八ケ岳の麓にあり、周囲はまだ半分ぐらいしか開発されていない。瀟洒な佇まいで、松と白樺に囲まれた静かな林間にある。朝もセミの声しか聞こえない。揺ったりと時間が流れる。  前夜、近くの蕎麦屋で食事をしたが、全ての料理が美味しかった。こんにゃく、馬肉、田楽、蕎麦、素朴だが新鮮で脂肪太りを心配する中年にぴったりの店である。  ゴルフコースで朝食を取る。当然、山菜蕎麦だ。朝からと思う人もいるだろうがやはり信州... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 06:22
No.318 スウィングプレーン(1)テイクバックで起き上がるな
 友人の別荘が蓼科にある。1泊2日でゴルフを楽しんだ。初日は、蓼科高原カントリークラブである。ナビのガイドのまま走る。平日の早朝、都内を20分ほどで抜ける。蓼科湖の手前、トヨタの立派なゲストハウスを左に見て、すぐ右がゴルフコースである。現役時代のことが思い出された。  取り付け道路を登っていくとクラブハウス。平日とは言え、ほぼ満員である。老若男女取り混ぜて、思い思いにうろついている。兎に角、驚いたのはご婦人が多いことだ。女だけのグループも非常に多い。避暑を兼ねて来ているのであろう。確かに涼しい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/30 06:13
No.317 ウェイトシフト(16)上半身のスウィングプレーンの傾きを維持せよ
 静岡カントリー浜岡コースは、中部電力浜岡原子力発電所の傍にある。名古屋勤務時代に会社のコンペで行った。にも拘らず、浜松勤務時代は、何故か、行く機会が無かった。寧ろ、テニスに凝っていた。  遠い記憶を辿っているが、600ヤードを越える打ち下ろしのロングホールが名物であった。両側を松林に囲まれ、かなりの下り坂のホールであった。ところが、そのようなホールは今や姿を消している。多分、距離を短くしたのだろう。理由は知らないが残念なことだ。「浜岡のロング」と言えば、誰もが一度はプレイをしたいと思ったもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/29 05:23
No.316 ウェイトシフト(15)体重移動は自然に物理的にできるはずだ
 兵庫県西宮市にあるよみうりカントリークラブでは、昭和46年ごろ会社のコンペをしていた。岐阜の営業責任者が当時社内で一番のローハンディであった。新米の私はこの人とラウンドした。手馴れた打ち方で我々とは異次元のゴルフをしていた。何番ホールか思い出せないが、ミドル(ロングかも知れないが)ホールのセカンドが谷越えになる。我々殆んどの参加者が谷の前にレイアップする中で、彼だけグリーンを狙いオンさせた。ネットで何番ホールか調べてみたが、そのようなセカンドが谷越えになるホールは見当たらない。40年も前の事な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 06:52
No.315 ウェイトシフト(14)体重移動は意識しないで出来なければならない
 葵カントリークラブは、愛知県岡崎市の近郊にある。昭和38年開場で愛知県では9番目に古いコースだそうだ。県営のゴルフ場を造ったゴルフ好き桑原知事の肝いりで名古屋財界人が造ったようだ。確かに、格式高いゴルフ場だと言われていたし、当時は予約が取れなかった。私が名古屋でゴルフを始めたのは昭和47年であるから、約10年前に開場したことになる。そのころ愛知県にはゴルフ場は未だ少なかった。  取引先の役員がメンバーであったから、連れて行ってもらったが、コースのことはすっかり忘却の彼方にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/27 07:08
No.314 ウェイトシフト(13)引っ掛け防止にはクロストップを気をつけろ
 笹戸カントリークラブは、名古屋は猿投グリーンロードを走り、足助の町を越えて笹戸温泉の近くにある。名古屋勤務時代、仕事関係の人が何人か入会していたので、連れて行って貰った。特に、得意先の名古屋大学を出たインテリ社長とは、妙に気が合い可愛がって戴いた。社長が接待がない時は、必ずと言っていい程、夕方電話が架かってきて、ご馳走してくれた。中華料理が好きで何時も決まった店へ行く。今や女子大小路も様変わりしてしまったのでこの店はどうなっているのだろうか。二次会のバーも決まっていた。私は20歳代で交際費もま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 05:49
No.313 パッティング(1)パットのラインを出す
 美浦ゴルフ倶楽部へ行ったのは、2008年の6月ニチレイレディースの直後であった。高校の友人が株主優待券を手に入れたので無料だということで喜んでいった。上野駅から特急に乗り、土浦駅でもう一人の友人と待ち合わせをして、彼の車でクラブへ向かう。トーナメントの直後であったから、看板とか客席とかが後片付けの最中で整理されておらず、未だトーナメントの雰囲気が漂う。何となく晴れがましさを感じたのを思い出す。  地元の三塚優子が優勝したのでその記念に、数箇所、三塚のドライバーの落下地点にマークがしてあった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/25 06:44
No.312 ウェイトシフト(12)左引っ掛けは何故出る
 久しぶりに湯河原カンツリーへ行った。暑い。どうにもならないぐらい暑い。8:50スタートだが、早い目にスタートできた。Inから出た。太陽が襲い掛かり歩く元気もない。カートから離れられない。湯河原の夏にカートが必需品だ。  10番ロングのセカンド、スプーンを左に引っ掛ける。12番の打ち上げの第二打スプーンをテンプラ。13番ショートの8番アイアンも左に引っ掛かる。16番打ち上げのセカンド53度がやはり左へ引っ掛かる。3番のドライバーを左に引っ掛けてOB。6番ドライバーを右へ押し出す。8番ロングセカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/24 05:42
No.311 ウェイトシフト(11)力むと右手が働きスウィングプレーンが壊れる
 伊良湖シーサイドカントリークラブへは、名古屋勤務時代に度々行った。豊橋市から渥美半島を只管南下する。当時は、豊川ICで高速を降りて、対向2車線の細い道を走る。遠かった。渥美半島の南端である。中部電力の渥美火力発電所があったので仕事でも頻繁に行った。或る時、この発電所の新設工事である物件を受注した。現場の面倒を見るのも営業の大切な仕事である。工事の進捗情況を業者に伝えた。ところが、この話が誤って下請け業者に伝わり、私が密告しているように思い込んでしまった。ご立腹である。この会社とはこれ以外の物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/23 07:28
No.310 ウエイトシフト(10)右手を意識的に返すな!
 上総富士ゴルフクラブは、千葉県君津市の東部にある。数年前の冬に行った。大阪のメンバーと東京のメンバーの親睦ゲームであった。プレイ費が安いのが魅力だった。  驚いたのは、東の1番ティーに立ったときである。いきなりの160Y打ち下ろしショートである。そもそもいきなりショートと言うのも多少戸惑うが、落差50メートルはあるから距離感が全く掴めない。更には、ティーグランドが断崖絶壁にあり、その幅は精々5〜6メートル。足元が竦んだ。  殆んどのホールがブラインドとなっており、目印を目掛けて只管打ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 05:24
No.309 ウェイトシフト(9)強い玉を打とうとすれば失敗する
 長南カントリーへは、歳の瀬も押し迫った暮れに昔の仲間と行った。春を思わせるほどの温かさだったのを思い出す。千葉県木更津市から409号線を東に向かい、トンネルを二つ越えると直ぐである。インターネットで予約したのだが、殊のほか素晴らしいコースであった。練習グリーン、バンカー、アプローチ練習場と立派なものが揃っている。取り分け、バンカー、アプローチはたっぷりと練習することが出来るように整備されている。この種の練習場が無いコースが多いが、メンバーのためにも作るべきだ。  又、この倶楽部のサービス精神... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/21 07:38
No.308 ウエイトシフト(8)疲れると手打ちになる
 エンジェルCCは、千葉県富津市にある。会社の先輩でゴルフ好きの方から、非常に良いコースと言う推薦を戴いたので行った。米国帰り、ドイツ帰り、ニュージランド帰りと4人である。  アメリカ帰りは、スライス専門で力任せのスウィングである。ドイツ帰りはプロのレッスンを受けているとあって中々立派なフォームをしているが如何せん実践が足りない。ニュージランド帰りも彼の地でスクールに20日間入っていただけに、まずまずのスウィングをしている。  アメリカ帰りが立派なスコアで回り、これは初めてグロス負けするかと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 05:11
No.307 欧州遠征の教訓
 7/1に成田を出発し、7/16に帰国した。半月に渡る欧州遠征であった。  大学の同窓の友人に、英国リンクスへ行くと言う話しをしたところ、彼の会社の友人が駐在しているので紹介してくれるということで、ご好意に甘えた。これが、遠征を楽しくしてくれる一番目の要素となった。土日曜日の休みを返上してお二人の駐在の方にお付き合いいただいた。一緒にプレイをして楽しい方たちであった。ご一緒した食事も美味しかった。有り難いものだ、人の繋がりは。  日本から合流してくれた友人にも感謝である。二人で難しいリンクス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 05:56
No.306 ポルトガル名門コース巡り(4)Qinta do Peru
 ポルトガル最後のコースは、Golf & Country Club Quinta do Peruである。Peruとは七面鳥のことである。リスボンからは、橋を渡り高速道路を南下する。コルク林を縫っていく田舎にある。橋を渡る車の数は半端ではない、通勤時間帯は大渋滞である。通常約1時間掛かる。この倶楽部はリスボンでも名門で且つメンバーシップが厳しくビジターを余り歓迎しない雰囲気がある。経営基盤が確立しているからであろう。私の友人はこのコースがリスボンで一番美しいと言うが私はAroeiraが上のように思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/18 05:45
No.305 ポルトガル名門コース巡り(3)ポルトガルレストラン
 二日目の昼食は、ゴルフの後、リスボン市内に戻りレストランへ行く。市内中心部にあるJardim da Luzと言う名のレストランである。元教会の建物をレストランとして改造使用しているそうだ。経営母体は、AAAMC(The Alumni Association of the Military College )で陸軍学校の同窓会みたいなものか。これが2008年に新しいレストラン会社に運営を委託して再開したとのこと。  そんなことを微塵も感じさせない立派なレストランである。2百席近く屋内屋外併せて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/17 07:18
No.304 ポルトガル名門コース巡り(2)Belas Club de Campo
 前回と異なるコースでプレイしたいとお願いしていたので、友人は苦労をして色々と設定してくれていた。  二日目は、Belas Club de Campoというリスボン郊外の名門クラブである。辞書で調べると、Campoはブラジルの平らの平原と書いてあるし、Campoの英訳はCountryとなっている。友人はCampoとは「地域」のことをいうと教えてくれたが、Belas Country Clubということではなかろうか。ポルトガルではCountry Clubというのは厳格にはMember's Clu... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 06:15
No.303 ポルトガル名門コース巡り(1)AroeiraU
 英国リンクス巡りを終えて、ポルトガルへ向かう。朝4時半に起きてHeathrowへ。途中ガソリンを満タンにしてAvisへ返車。レンタカーの返車手続きほど速いものは無い。これができるのに何故この国は他のサービスが遅いのか。不思議だ。HeathrowからLisbonへBAで3時間。  友人が空港に迎えに来てくれていた。ホテルのチェックインもそこそこにゴルフに行く。 AroeiraUは、ポルトガルはリスボンの都心から川向の丘の上にある。車で30分ぐらいか。大学時代の友人が住んでいるので今年の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 06:23
No.302 英国名門リンクス巡り(26)リンクスとは何か
 英国のゴルフコースは、大きく3つに分類できる。Links course,Heatherland Course,Parkland Courseである。今回は主としてLinksを回ったが、各々の一般的特徴は以下の通りである。  Heatherland(Moorlandもほぼ同義)は、文字通りコース内にヒース(heathとheatherの使い分けはもう一つ理解できていないが、Britannicaに拠れば、heathはエリカ種の植物で、heatherはもう少し狭義の植物を指すようだ。Heatherは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 06:50
No.301 英国名門リンクス巡り(25) Royal Troon 4
 Royal TroonのKEITH MACKIEの後半部分を意訳する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/13 14:46
N0.300 英国名門リンクス巡り(24)Royal Troon 3
 Royal Troonの紹介記事をKEITH MACKIE著「Open Campionship golf courses of Britain」から抜粋する。No.282,283の私の記載と見比べていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/13 14:40
No.299 英国名門リンクス巡り(23)Prince's Golf Club
 英国最後のプレイは、Prince's Golf Clubである。ドーバー海峡に接するSandwichの町を通り抜け、Royal St George'sの直ぐ北に隣接し、訪英初日にプレイしたRoyal Cinque Portsも直ぐ南にある。The Openを1932年に開催している。優勝者はかの有名なGene Sarazenであった。その後は、予選会が行われる程度でThe Openは開催されていない。隣のRoyal St George'sがrotaに入っているにも拘らず。多分、ユーティリティが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/11 04:40
No.298 英国名門リンクス巡り(22)Hankley Common
 友人と別れて、Hankley Common Golf Clubへ向かう。Londonの南1時間ほどの田舎にある。Hankley Commonは英国Best50に入るコースである。ロンドン駐在の知人と再びご一緒する。地図で確認すると細い路地を何度も曲がるようで、どうも探しながら行くことになりそうだから、早い目に向かう。案の定、迷う。それでも鼻を利かせながらここぞと思しき場所を徘徊すること30分、何とか辿り着く。鬱蒼とした森の中の、脇道を入るのだが簡単には解らない。入り口の傍に立つバプをクラブハウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/10 08:01
No.297 英国名門リンクス巡り(21)Oxford、Windsor城
 West Lancashireでのプレイを終えて、宿泊地Bicesterへ移る。金曜日の夕方であるから、途中Birmingham周辺の大渋滞に巻き込まれる。英国大都市周辺での渋滞は依然として緩和されていない。が、道路インフラへの投資は日本の比ではない。到る所で拡幅、新設工事が行われていた。インフラ整備は国力そのものである。  今回は、道路の判断を間違うこと夥しかった。Liverpoolから高速M6を南下する。途中から、工事渋滞の警告が頻繁に表示される。Birmingham周辺での工事である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 06:25
No.296 英国名門リンクス巡り(20)West Lancashire 2
 Donald Steel著「Classic Golf Links」から West Lancashireの部分を意訳する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 05:28
No.295 英国名門リンクス巡り(19)West Lancashire Golf Club
 The West Lancashire Golf Clubへは、ホテルから約50分。Prestonからは高速を使い、Great Crosbyの街を通り過ぎて海側に直進した落ち着いた住宅街の外れにある。CrosbyはLiverpoolの北15マイルにある。  10時のスタート予約であるが8:50分ごろ着き早い目のスタートをお願いする。「メンバータイムだから10時までは駄目だ」と断られたが、強くお願いし最後には「Inからのスタートならすぐ出ていいよ」と妥協を得ることが出来た。ところが我々のネゴを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/07 07:18

トップへ | みんなの「スポーツ」ブログ

ゴルフ浪漫街道 スポーツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる