ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.3186)左手甲が凸になるようにコック

<<   作成日時 : 2018/07/07 05:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 名球会メンバーとのラウンドだ。昨日仲間から教わった「左手甲が凸になるようにコック」し、「左手甲が下を向いて降りてくる」ように振ってみた。捕まった球が出るから、飛距離も十分だ。しかし手首に集中し過ぎると、体の回転が疎かになる。基本は回転である。名球会メンバーから「フィニッシュで胸がターゲットを向くまで回せ」とのアドバイスを受けた。自覚している部分だから納得。

 PGAツアーはNPOで基本的に免税である。それは慈善事業を行っているからだ。しかしながら、一般に集めた金の65%は寄付されるのだが、2011年にツアーが慈善事業に寄付したのは、16%しかない。大部分は、賞金だとか運営のために使われている。慈善事業に回される金が少ないにも拘らず、その収益が無税とは、国民の税負担の観点からも可笑しいとの批判が絶えない。しかしツアー側は、過去10-20年間で免税で得をしたのは2億ドル程度しかなく、この間に寄付した額は、19億ドルにもなっている、と反論する。だが、慈善事業の売り上げの大部分が運営する側の収入と経費となるのはどう考えても理不尽である。
 PGAツアー機構の売り上げの内、税免除に関係するのは$973Millionだが、ゴルフコース運営等租税対象となる売り上げを含めると、20億ドルとも言われるが、払っている税金は僅か80万ドルである。20億ドルには、TV局に払うTV放映料とか経費、慈善金も含まれる。更にその財務内容には不透明さがあるとも言われる。プライスウォーターハウスが監査法人だが、同時に彼らはマーケティングのビジネスパートナーでもある。
 PGAツアーは$998Millionの投資をしているが、その内、$675Millionは選手の年金に関わるものだ。慈善の名のもとに組織が潤うとすれば、本末転倒だ。

 オーム真理教関係者の死刑執行がなされた。宗教を語るつもりは毛頭ないが、彼らが犯した地下鉄サリン事件だけは忘れられない記憶だ。日比谷線築地駅で多くの被害者に症状が出て緊急停車した。東銀座で仕事をしていたが、建物を出ると救急車がサイレンを鳴らしながら走り回る事態に緊張が走った。事件を知ったのは事務所に戻り、部下から情報を貰った時だったが、東銀座へ出掛ける時は地下鉄を利用することも多かったので、恐怖で身が震えた。約束の時間に余裕がない時は電車を使い、余裕がある時は車で移動していた。この時は部下と一緒に車を使った。
 個人的運不運を語るつもりはない。寧ろ、その後の自分の人生を思い起こすと、人は宿命の基に生きているのではないかと思う。何故この日車を使ったのか。前日二日酔いで電車が辛かったこともある。前日、大きな注文を貰い関係者と深酒をした。つまり優秀な部下を持ったから危険にさらされずに済んだ。
 とは言え、部下は最初から優秀だったわけではない。斯様に輪廻は回る。努力で道が変わるが、それも含めて神様は我々の道を決めているのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.3186)左手甲が凸になるようにコック ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる