ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.2846)胸を下向きに回転させる

<<   作成日時 : 2017/07/31 05:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 全英オープン2位に終わったマット・クーチャー。「説明するのは難しい。押しつぶされ傷ついた。が、興奮とスリルも。戦争であり、戦いだった。この位置に着くには厳しい練習があった。歴史を作り、そして全英に勝つチャンスに出会うことができるのはそう多くはない。そしてこうなり、5ホールを思い起こす。ここに座り話すのは辛い」。これほど喋らなかった準優勝者もいない。
 クーチャーは土曜日の夜寝る前に、米国コロラドにいる妻と子供に電話をした。そして打ちひしがれて18番グリーンを離れようとしたときに、ビッグ・サプライズがあった。なんと家族全員が来ていたのだ。「物事を共有できる者がいる。愛する人がいる。家族は素晴らしい。最高のサポートチームだ」と語る。
 スピースはクーチャーの後からスコアテントに向かっている時に、クーチャーの家族に気付いていた。長男が目に涙を浮かべていたのを見た。クーチャーは長男を宥めていた。スピースはマスターズ大崩壊の後父親から慰められた。クーチャーは何よりも父親だったのだ。
 クーチャーはスコアテントで非常にエモーショナルだった、とスピースはいう。

 何度目かの「開眼」を果たした。腕からの脱力、インパクトでスウェイしない、胸を回す、これらのポイントを実行できれば、ボールは暴れない。腕から脱力するのはそれ以外に表現のしようがない。だがインパクトでスウェイしない為にどうするかは、難解だ。この点で、ホンダメールの三觜喜一(ミツハシと読む)プロの「右膝が前に出てはいけない」とのインストラクションは、楽老のスウィングに革命を起こした。インパクトで右足体重であれ、と言われるが、「明治の大砲」はあってはならないモデルと教えられてきた我が古希の年代は、ダウンスウィングで左足へ体重移動を焦る。これは振り遅れを誘発する。だから出来るだけ早くヘッドを送ろうとして手打ちとなる。アドレスで意識してやや右足体重で構える。この重心位置(恐らく右膝にある)を変えずに、バックスウィング、そして切り返しに入る。
 問題はここからだ。胸が回らなければ、手は先行し引っ掛けとなるし、引っ掛けを恐れて、腕の返しを躊躇すれば右へのプッシュアウトとなる。
 ゴルフスウィングで右膝のコントロールが大切なことは分かった。アドレスで右膝を左へ絞り込まず、左右50/50で自然に立つ。そこから右足の真上に体重をどんと乗せる感じで、ほんの少しボールを右から見るように構える。ここから右膝をできるだけ動かさないように切り返す。問題はダウンスウィングで胸が軸回転せず、腹が上を向き起き上がることだ。これでは回転エネルギーは腹の上の方へ逸らされてしまう。インパクトからフォローに掛けて胸が常に下を向いて回転できれば良い。これに切り返しで腰が回転できれば鬼に金棒だ。
 腕から脱力できればこれらのことは上手くやれる。久しぶりの39,39だった。これが続けばバックティーから72も夢ではない。

 英国のことを”Britain”と呼ぶこともあるが、正式には”United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland”である。1922年アイルランドの独立以前は” United Kingdom of Great Britain and Ireland”であった。”Great Britain”とは、アイルランド島を除くブリテン島だが、地理的にはアイルランド島を含めることもある。ここら辺りが、アイルランド人から見れば違和感を持つところだ。
 英国は日本と同じで車は左側通行である。今では牧草地に全てが変わってしまったが、その昔は深い森林が全土を覆っていた。旅人を襲う強盗の類が屯している。だから旅人は剣・刀を携えて旅するから自然と左側を歩いた。右利きには右側にいる敵の方が切りやすいからだ。日本が右側通行になったのは、英国のルールを導入したからだが、武士は同様に左側を歩いたから馴染み深かったからでもあろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.2846)胸を下向きに回転させる ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる