ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.2813)ミケルソンとキャディ、25年間の関係を解消

<<   作成日時 : 2017/06/28 05:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 トマトをほゞ毎朝食べている。トマトは17世紀まで”Love-Apples”と呼ばれていた。催淫効果があると思われていたからだ。イタリア語で”Pomodoro”と呼ばれるが、語源は”Golden Apple”である。18世紀までは、毒性の強いイヌホウズキと同族だから毒性があると思われていた。トマトの茎、葉、花、未成熟果実には殺虫剤にも使われているトマチン(アルカロイド配糖体)が含まれているが、熟成果実には殆ど(0.4mg/Kg)含まれていないから健康に害を及ぼすことはない。
 南米原産のトマトは大航海時代にメキシコ・アステカから欧州に持ち込まれたが、毒性を心配して観賞用としてであった。日本へは江戸時代に持ち込まれたが勿論観賞用だった。
 イタリアン料理にはトマトは欠かせないが、当初は毒性を心配し食卓の飾りだった。メニューにトマトが現れたのは1692年と言われるからそれ以来300年少々で食文化に大胆に取り込んだのはイタリアの貧困層と言われる。トマト料理がイタリア南部に多い理由でもある。
  1887年米国裁判所は、植物学的にはトマトは果物だが課税対象として野菜に分類した。だからニュージャージー州では「州の野菜」で、オハイオ州では「州の果物」に指定されている。

 イップスとは、自分の意思に反し体が動かない状態である。アーニー・エルスが30センチのパットを何度も失敗したり、日本人プロでもこの病に苛まれた者は多い。テニスプレイヤーは、突然サーブ時にトスが挙げられなくなり、MBLカブスのジョン・レスターは一塁に牽制が投げられなくなった。(カブスは盗塁されるリスクを承知で打者への投球の素晴らしを評価し6年$155Millionで契約した)
 イップスは突然やってくる。私の場合は、1メートルが入らなくなった。技術的問題だとやり方を色々と試したが結果が出ない。その内、手首が意思に反し勝手に動くようになった。長い距離の場合は腕が動かなくなった。そしてやっとイップスだと悟った。その頃井戸木鴻樹が全米シニアに優勝、過去にイップスであったことを知る。彼はイップスとは技術が足りないからだと考え、技術で乗り切ったという。同様に私もボールが正しく転がる打ち方を会得しようとしているが、練習でできても実践ではイップスがでる。毎回必ずでるものでもなく、快調にパッティングできる時もあるのだが。メンタルとフィジカルのアンバランスから起こるのだろう。
 イップスは完治しないとも言われる。技術で解決しようとしても良い結果が得られないとも言われる。だが、イップスは度重なる失敗に演繹された心の委縮が引き金になっているのは間違いがない。失敗には原因がある。技術的にその原因を排除できれば結果が良化する。そうなればイップスは発病しない。これが楽老の結論だ。

 ミケルソンが25年間連れ添ったキャディを解雇した。25年を区切りとして二人は別々の道を歩むことに決めたという。”Amicable Termination”、友好的に解約したとの意。
 だが今年のPlayers Championshipが開催されたTPC Sawgrassの17番アイランドグリーンのショートホールで、二人が言い争っているのを観客は目撃した。キャディは9番アイアンを勧め、ミケルソンはピッチングウェッジで打ちたかった。「何をすべきかは分かっている。 今欲しいのは、何ヤードかだけだ」。二人は大声を出した訳ではなかったが厳しい言い争いをした。ミケルソンはピッチングウェッジを選び、キャディに妥協してフルショットをしたが大きすぎた。ボールはグリーンにワンバウンドした後池に消えた。
 この事件が引き金になったと思いたくはないが、キャディはミケルソンが欲しい情報以上のことに口を挟むようになっていた。ミケルソンは、残り少ない現役生活を違う役割を果たすキャディと過ごしたかったのだ。それが弟だった。
 それにしても、米国マスコミはミケルソンとキャディの公式発表しか報じていない。国民的英雄の裏舞台を書くのはタブーなのだろう。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.2813)ミケルソンとキャディ、25年間の関係を解消 ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる