ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.2803)パッティング・ラインの読み方

<<   作成日時 : 2017/06/18 05:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 仲間との例会。新しいヤマハインプレスUD+2を始めてホームコースで使う。昨年モデルとの差はホームコースで打ち比べるしかない。ドライバーは間違いなく10ヤードは伸びたし、フェアウェイウッドも10ヤード強飛んだ。問題はアイアン、1クラブ飛ぶとの謳い文句だが、ヘッドが小さくなり何か違和感が沸いてきて振り切れない。上手く打てたショットが殆どなかったから確たることはまだ言えない。ウッド系は間違いなく良いが、ユティリティは飛ぶには飛びそうだが、1クラブ上とも言い切れない。ウッド系には大満足、その他のクラブの評価はもう少し時間が掛かりそうだ。

 トランプ大統領が真夜中のツィターで”Covfefe”と書き込み、何のことじゃと大騒ぎした。トランプ大統領は3−4時間しか眠らないと豪語しているが、睡眠不足が認知障害を引き起こしている可能性を専門家は指摘する。睡眠不足が、意思決定、集中力の欠如を呼び、苛々、衝動的にさせることは知られている。これは、脳の掃除をする細胞’マイクロジル’が伝達細胞(シナプス)の一部を食べるからだ。
 トランプのツィターは主に真夜中に発信されるが、その殆どが彼が敵と見なす者への攻撃である。時にはスペルミスも起こす。選挙期間中に、クリントン候補の応援をしていたミス大学生を詰り、”check out sex tape and past”と彼の支持者に呼び掛けたこともある。これらは睡眠障害の典型的な症状を表している。
 Covfefeは、COVERAGEのミススペリングではないかという。キーボードでEとFは非常に近い斜めの位置にあるからだ。

 パッティングでラインを読む。右か左か、将又どれほどか。だが待て!殆どのケースで左右へのミスより、前後のミスの格差が遥かに大きいのだ。曲がる、曲がらない(Break)は、ボールの転がり(Pace)と密接に関係する。(1)ラインの横側からチェックせよ。横から見る方がグリーンの傾斜、形状を理解しやすいし、何よりも正確な距離感を得られる。(2)ボールの真後ろからラインをチェックするとボールの直ぐ先は視界から消えるので実際より距離が短く感じられる。ラインはカップの方から見なければならない。(3)PGAでも8メートルのパット成功率は10%である。87%は2パットだ。この距離になれば距離感に集中せよ。(4)傾斜の上から見るとグリーン傾斜はフラットに見えるし、下から見ると急に見える。低い側からラインを読むのが良い。(5)足の裏は繊細だ。足の裏から得られる情報を大切にせよ。

 ミネソタ大学の教授によると、長時間のランニングは決して肥満防止に役立たないという。運動量を単純にエネルギーに直すよりも、筋肉の燃焼を考慮すべきだとの指摘である。1時間スローなランイングで200カロリー消費するのは、食事で200カロリー摂取量を減らすのと同じだ。筋肉の燃焼量を増やすことが減量に繋がる。1時間のスローなランニングよりも5分のウェイト・トレーニングの方が遥かに効果がある。40-50分のランニングより、30秒のスプリントを4-6回やる方が遥かに効果的だ。成程!だがそれこそが難儀なのだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.2803)パッティング・ラインの読み方 ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる