ゴルフ浪漫街道

アクセスカウンタ

zoom RSS (No.2763)感激の優勝

<<   作成日時 : 2017/05/09 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 春冷えの一日、うっかり薄着で出掛けたので寒い。他の3人が飛ばし屋で、私が幾らナイスショットをしても見劣りがする。手応え十分だけに結果を見るとガッカリする。意識しているつもりはないのだが、その内力みだした。分相応の飛距離で我慢すべきだが、まだ若いと見えて向こうを張る。
 アプローチだけは練習の成果が出だした。ヘッドを上から落とすことができればボールをダイレクトに捉えることができる。直接打てればライが悪くても気にならない。

 ジョン・デイリー、全米プロを1991年に、そして全英オープンを1995年に獲った。全米プロはニック・プライスの奥さんが急に産気付き、彼は前日出場を取りやめた。デイリーの前に優先権のある8人は何れも会場に時間までに行くことができず、彼に枠が回ってきた。夜通し車を運転し到着、練習ラウンドもできず、ニックのキャディを借りてのプレイだったが、12アンダーで優勝した。
 その後、数々の逸話を残しているのは枚挙に暇がない。その彼がチャンピョンズツアーのInsperity Invitationalで初優勝をした。上がり3ホールで3連続ボギーを叩くも、2位のトミー・アーマーも連続ボギーで、1打差で逃げ切った。
 優勝を確信し、18番グリーンに近づくデイリー、アーノルド・パーマーのロゴが書かれてある芝生に跪きキスをした。短いボギーパットを沈めると仲間が駆け寄りシャンペンのシャワーを浴びせる。裁判になっている噂の女性も駆け寄りキス。弩派手な祝福だった。
 「勝利はやはり勝利だ。ありがとう、Insperity、そして素晴らしい皆さん。私に付いてきてくれた全ての方。(ここで声を詰まらせる)本当にクールだ」。暴れん坊将軍も優勝で泣くのか。だから人気が今尚衰えないのかもしれない。

 ベン・クレーンはスロープレイでトップを走るが成績は中堅クラスの選手だ。そのベン・クレーンが、$6000の賭けの負けを払えと仲間から訴えられた。ツィターで彼を批判したのは、Tom Gillisだが、賭け金を払ってもらえなかったのはDaniel Berger、練習グリーンでのパッティングの賭け金である。それにしても彼らは凄い金を掛けるものだ。
 すると直ぐにベンはダニエルに金を払った。SNSの威力は凄いとダニエルは感心する。

 メーデーはMay Dayだ。文字通り春を告げる日である。オックスフォード大学の学生は前夜からパーティで大騒ぎをし、路上で屯して、1日早朝6時にMagdalen College Tower前に集結する。”May Morning”と呼ばれる儀式に参加するためだ。その数は数万人。高速道路M40から市内に向かうと最初にあるカレッジがマグダレンである。歴史はタワーが建設された500年前に遡る。大学の聖歌隊が伝統に則り、聖歌を2曲、タワーの屋上で歌い、教会のベルが20分間鳴り響く。これを合図に群衆は”Morris Dance”を踊る。酔っ払った学生がカレッジ横を流れるCherwell River にMagdalen橋から飛び込む。2005年には40人が怪我をして、最近では警備が厳しくなっている。(道頓堀の戎橋から飛び込む阪神ファンみたいなものか)
 一方、スコットランドのセント・アンドリュース大学の学生は、この日に北海に飛び込む。寒中水泳にしては時期が異なるから、海開きなのだろうか。トップレスの学生もいる。
 若者の行動に格別の意味を見つけてもあまり意味がない。自分もそうだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(No.2763)感激の優勝 ゴルフ浪漫街道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる